You're Dead! / フライング・ロータス

You're Dead! / フライング・ロータス

全体の平均評価点(5点満点)

  • 0
  • CD
ジャンル : 
アーティスト : 
フライング・ロータス

驚異的な傑作である。フライング・ロータスことスティーヴン・エリスンの2年ぶり5作目は、彼が培ってきたエレクトロニカ / アブストラクト・ヒップホップ / ビート・ミュージックの手法でもって、彼のルーツでもあるエレクトリック・マイルス以降のジャズのサウンドと概念を解体・再構築した作品である。ジャズへの傾倒は、もちろんジョン・コルトレーンを叔父に持つという出自も関係している。ハービー・ハンコック、ケンドリック・ラマー、スヌープ・ドッグをはじめとする多士済々のゲスト陣が参加したその内容は、カラフルにしてサイケデリック、ポリリズミックでフィジカルなグルーヴとドラッギーな陶酔感が同居するフライング・ロータスにしかできない世界。エリスンの内面に深く入り込むようなめくるめく世界は、サン・ラーやファラオ・サンダース、ジョン・マクラフリンといった1960〜70年代のスピリチュアルなジャズの影響下にあるようだが、それはサウンドの形式というよりは、精神としてのジャズへの共感だ。商業化され形骸化したスノッブな嗜好品としての“ジャズ”に反旗を翻し、“反抗精神、実験精神としてのジャズ”を提示する。全編を貫くテーマは“死”だが、それはエモーショナルなものというより、もっと観念的で抽象的な概念に昇華している。そして本作の驚異は、一聴してグルーヴィで躍動するバンド・サウンドが展開されているものの、実は参加ミュージシャンたちの演奏をひとりひとり別個に録って、それをエリスンがエディット / ミックスしたという事実だ。肉体的実存的に生演奏されたパーツを、彼がたったひとりで組み立てていく。その転倒した構図の奥から、彼の度し難い狂気が浮かびあがってくる。恐るべき情報量と密度の濃さ。どこからでも入ってどこからでも出られる。音楽にとって自由な表現とは何か、という命題さえも突きつけてくる。間違いなく今年度最大の問題作にして傑作だ。 (小野島 大) JAN:4523132116389

You're Dead! / フライング・ロータス

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
BRC438 2015年03月11日 25枚
1位登録者 : 2位登録者 :
0人 1人

関連作品

コズモグランマ(通常盤) ロス・アンジェルス アンティル・ザ・クワイエット・カムス L.A.EP CD
コズモグランマ(通常盤) / フライング・ロータス ロス・アンジェルス / フライング・ロータス アンティル・ザ・クワイエット・カムス / フライング・ロータス L.A.EP CD / フライング・ロータス

ユーザーレビュー:0件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

You're Dead!