案山子 / 清水靖晃

案山子 / 清水靖晃

全体の平均評価点(5点満点)

  • 1
  • CD
ジャンル : 
アーティスト : 
清水靖晃

70年代からマライアやKYLYNバンドで活躍していたサックス奏者が82年に発表したソロ作。ミニマル、ダブ、ジャズなどの要素を含む音楽は陰影に富んでいる。テクノロジーなしには成立しないサウンドなのにノスタルジーを覚える「案山子」、緊張感と穏やかさが同居する「セミ取りの日」など、粒揃い。 JAN:4988001771432

案山子 / 清水靖晃

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
COCB54148 2015年03月21日 3枚
1位登録者 : 2位登録者 :
4人 0人
曲目 :
  • 1. 睡蓮 (4分34秒)
  • 2. 案山子 (4分44秒)
  • 3. このように詠めり (その1) (2分58秒)
  • 4. セミ取りの日 (4分41秒)
  • 5. このように詠めり (その2) (2分15秒)
  • 6. 夢では (4分48秒)
  • 7. 海の上から (8分24秒)
  • 8. 美しき天然 (4分36秒)

関連作品

IQ-179 愛究壹百七拾九
IQ-179 愛究壹百七拾九 / 清水靖晃
     
     

ユーザーレビュー:1件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

あの頃らしい無国籍性。

投稿日:2018/06/24 レビュアー:MIGHTY MOE AND JOE

最近、海外のレーベルからも再発されたりして
再評価著しい作品。
昨今「レフトフィールド」と総称されてるような音楽の
先駆的な位置付けなんですかね。

基本的にはマライア「うたかたの日々」以降の
流れにある作風ですが、より趣味性が強いというか、
マルク・オランデルやエクトール・ザズーが絡んだ
クラムド・ディスク周辺作の
雰囲気にも通じるものを感じます。

アンビエントやダブの要素を先進的に取り入れた
ニューウェーブ・ジャズに、うっすらと乗っかる
この時代らしい東洋/ワールド的なテイスト。
日本語のナレーションとかチンドンとか、
確かに海外でウケそうです。
A-MUSIKやパンゴ〜篠田昌已さんらの
「政治性」やアングラ感に抵抗がある方も、
本作なら感覚的に楽しめるでしょうね。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 1件 / 全1件

案山子