ソウルトレーン / ジョン・コルトレーン

ソウルトレーン / ジョン・コルトレーン

全体の平均評価点(5点満点)

  • 1
  • CD
ジャンル : 
アーティスト : 
ジョン・コルトレーン

コルトレーンの自信に満ちた姿が見出せるプレスティッジ時代の最高傑作。愛奏曲となった「アイ・ウォント〜」は特に素晴らしく、コルトレーンが傑出したバラード奏者であることを示している。 JAN:4988005844644

ソウルトレーン / ジョン・コルトレーン

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
UCCO99021 2014年10月08日 4枚
1位登録者 : 2位登録者 :
0人 0人
曲目 :
  • 1. グッド・ベイト (MONO) (12分5秒)
  • 2. アイ・ウォント・トゥ・トーク・アバウト・ユー (MONO) (10分52秒)
  • 3. ユー・セイ・ユー・ケア (MONO) (6分14秒)
  • 4. テーマ・フォー・アーニー (MONO) (4分56秒)
  • 5. ロシアの子守唄 (MONO) (5分30秒)

関連作品

JAZZ BEST ジョン・コルトレーン ザ・ジェントル・サイド・オブ・ジョン・コルトレーン リヴィング・スペース コルトレーン・プレイズ・ブルース
JAZZ BEST ジョン・コルトレーン / ジョン・コルトレーン ザ・ジェントル・サイド・オブ・ジョン・コルトレーン / ジョン・コルトレーン リヴィング・スペース / ジョン・コルトレーン コルトレーン・プレイズ・ブルース / ジョン・コルトレーン

ユーザーレビュー:1件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

コルトレーンの傑作と言えるでしょう。

投稿日:2017/03/26 レビュアー:琵琶湖のJAZZファン

マイルス・デイヴィスのグループを離れたコルトレーンが、自分好みのメンバーを集め、リー・モーガンやカーティス・フラーらと組んだグループの演奏で、冒頭の「ブルー・トレイン」から聞き入ることができます。スイング・ジャーナル誌の読者100選の第11位にランキングされるだけのことはあるお薦めのアルバムです。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 1件 / 全1件

ソウルトレーン