バルネ / バルネ・ウィラン

バルネ/バルネ・ウィランの画像・ジャケット写真
バルネ / バルネ・ウィラン

全体の平均評価点(5点満点)

  • 1
  • CD
  • 製作年 : 1959年
ジャンル : 
アーティスト : 
バルネ・ウィラン

バルネ・ウィランは『死刑台のエレベーター』の音楽に参加して有名になったサックス奏者で、96年5月に死去。このアルバムは97年5月に発売された幻の名盤『バルネ』の続編にあたる。 JAN:4547366210767

バルネ / バルネ・ウィラン

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
SICP3978 2014年02月26日 4枚
1位登録者 : 2位登録者 :
0人 0人
曲目 :
  • 1. ベサメ・ムーチョ (MONO) (12分49秒)
  • 2. ステイブルメイツ (MONO) (5分37秒)
  • 3. ジョードゥ (MONO) (9分5秒)
  • 4. レディ・バード (MONO) (11分29秒)
  • 5. ロータス・ブロッサム (PREVIOUSLY UNRELEASED) (MONO) (8分28秒)
  • 6. エヴリシング・ハプンズ・トゥ・ミー (PREVIOUSLY UNRELEASED) (MONO) (6分52秒)
  • 7. 四月の想い出 (PREVIOUSLY UNRELEASED) (MONO) (7分57秒)
  • 8. 彼奴を殺せ (PREVIOUSLY UNRELEASED) (MONO) (10分16秒)

関連作品

モア・フロム・バルネ ティルト +6 【SACDプレイヤー再生専用】ニューヨーク・ロマンス モシ
モア・フロム・バルネ / バルネ・ウィラン ティルト +6 / バルネ・ウィラン 【SACDプレイヤー再生専用】ニューヨーク・ロマンス / バルネ・ウィラン モシ / バルネ・ウィラン

ユーザーレビュー:1件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

ドーハムがいい!

投稿日:2014/03/24 レビュアー:MIGHTY MOE AND JOE

「ディア・プロフェッサー・リアリー」や「モシ」といったキワモノは聴いていたものの、
バルネのオーソドックスなフォーマットでの演奏を聴くのは初めて。
シックで洒落たジャケットが人気のライブ盤ですが、やはり内容も良いですね。

主役のバルネのサックス・プレイには強い個性こそ感じられないものの、
とてもスムーズで安定していると思います。
トランペットのケニー・ドーハムも持ち前のくすんだ音色と「切れの鈍さ」で熱いプレイを展開。
デューク・ジョーダンのピアノもよく弾んでいい感じです。

米仏混成のクインテットですが、若干硬さの感じられるアンサンブルが、
逆にフランスに降り立ったアメリカのジャズメンの初々しさと気概を感じさせ、
ハードバップの楽しさとパリのジャズ・クラブの雰囲気を満喫させてくれます。

そういえば、ズート・シムズのパリでのライブ音源もすごく良かったなぁ。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 1件 / 全1件

バルネ