Koizumi Chansonnier / 小泉今日子

Koizumi Chansonnier/小泉今日子の画像・ジャケット写真
Koizumi Chansonnier / 小泉今日子

全体の平均評価点(5点満点)

  • 1
  • CD
  • 2枚組
ジャンル : 
アーティスト : 
小泉今日子

自分語りのように歌う、あるいは、歌うように自分を語る。フランス語としての“シャンソン”は単に”歌”という一般名詞でしかないはずなのに、その世界観には虚実ないまぜの歌のなかに、その人がどう生きてきたかを意識させるものが宿っている。
小泉今日子デビュー30周年を記念しての新作が素晴らしい。タイトルは『Koizumi Chansonnier』。小泉今日子のためのシャンソンを作ってください。それは彼女のために上手な嘘をついてください、という意味でもある。その意義ある発注に奮い立った作家たちの顔ぶれはおそろしく多彩だ。SOIL & “PIMP” SESSIONS、さかいゆう、鈴木正人、菊地成孔、Curly Giraffe、小西康陽、浜崎貴司、ブラックベルベッツ、いとうせいこう、川辺ヒロシ、二階堂和美、梅林太郎などがいて、さらに初回限定盤では田中知之監修のリミックスも加わる。彼女自身の作詞曲にも味わい深いものがあるし、アルバムのラストには「ボクがシャンソン唄いだすまで もうじきなんだ」という高田渡の歌詞に早川義夫が曲をつけた名曲(11)のカヴァーが待ち構えている。菊地成孔の(3)、二階堂和美の(7)(8)など異色と思える起用も、彼ららしいアプローチで彼女の引き出しを開けたものになった。だが、本作の白眉は小西康陽が詞曲ともに提供した(9)だ。アイドル時代の名曲「艶姿ナミダ娘」(83年)の歌詞を引用しながら振り返る過ぎ去りし日々。彼女をイメージしたフィクションにすぎないはずなのに、上手な嘘から本当の彼女がにじみだすように思えて、どうしようもなく胸をかきむしられた。考えてみれば彼女の生きてきた歌手人生は、他人に与えられたはずの歌を歌いながら、どうしようもなく“私”がにじむものであった。それは初めからとっくにシャンソンだったのかもしれない。フランスからかたちだけ借りたものではない、小泉今日子だから歌える今を生きるシャンソンを僕は確かに聴いた。 (松永良平) JAN:4988002630561

Koizumi Chansonnier / 小泉今日子

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
VIZL499 2012年11月10日 24枚
1位登録者 : 2位登録者 :
1人 0人
曲目 :
  • 1. Sweet & Spicy (3分42秒)
  • 2. 100% (4分58秒)
  • 3. 大人の唄/Une chanson pour les grands (5分33秒)
  • 4. プライヴェート (4分37秒)
  • 5. わが麗しき恋物語/Ma plus belle histoire d'amour (4分43秒)
  • 6. 写真 (4分20秒)
  • 7. カントリー・リビング (5分17秒)
  • 8. ごめんね (4分46秒)
  • 9. わたしのゆく道 (2分59秒)
  • 10. 面白おかしく生きてきたけれど (4分41秒)
  • 11. 小雨の記 (4分48秒)
  • 12. シャンソン (2分22秒)
  • 13. Kyon30 SINGLE MEGA MIX (15分55秒)
  • 14. 夜明けのMEW (i-dep BON Remix) (4分48秒)
  • 15. 私の16才 (DJ OMKT remix) (5分55秒)
  • 16. 艷姿ナミダ娘 (tofubeats BXVTS remix) (5分12秒)
  • 17. ヤマトナデシコ七変化 (okadada remix) (4分36秒)
  • 18. あなたに会えてよかった (Booty Bronx Remix) (5分34秒)
  • 19. なんてったってアイドル (Norihito Ogawa Remix) (5分33秒)
  • 20. 迷宮のアンドローラ (Hoshina Anniversary Remix) (4分49秒)
  • 21. 優しい雨 (SixMAN Remix) (3分51秒)
  • 22. Fade Out (music note Remix) (6分9秒)

関連作品

ファンタァジェン Best of Kyong King ※12曲収録 IN THE HOUSE Beat POP
ファンタァジェン / 小泉今日子 Best of Kyong King ※12曲収録 / 小泉今日子 IN THE HOUSE / 小泉今日子 Beat POP / 小泉今日子

ユーザーレビュー:1件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

お耳に心にこれからに

投稿日:2012/11/08 レビュアー:ビンス

今のキョンキョンが唄うからこそ。
そしてこれからのキョンキョンが唄っていくからこそ輝く歌。
そんな歌が詰まっているアルバムです。
そんな中でもピカイチのキラボシが「100%」。
今、この曲をこれほどキュートに唄える歌手はキョンキョン以外有り得ません。
この曲の中で、キョンキョンは、

「斜め後ろからあなたを思う だから私のことも思え」

と唄います。

「わがままを受け入れて」

「10年後も許してね」

「カワイイ私でいさせてね」

「あなたがいれば100%のシチュエーション」

と唄います。

そして、

「50年後もキスをして」

「とびきりカワイイおばあちゃんに絶対なるから」

と唄うのです。

どうですか?
かわいすぎて死にそうじゃないですか?
初めて聴いたとき。
かわいすぎて、そしてステキすぎて、泣いてしまいました。
グッときまくりました。
こんな女性を愛したいと思いました。
でも、キョンキョンも言っているように。
この歌詞は、世代を問わず女性が共感できるものなのではないでしょうか。
ならば、女性を愛するってことは、ステキすぎることですねぇ。

とにかくステキな歌です。
是非一度、お耳に、心に、これからに。


最後に。
さかいゆう、グッジョブ♪

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 1件 / 全1件

Koizumi Chansonnier