Charge Up / 清塚信也

Charge Up / 清塚信也

Charge Up / 清塚信也

レンタル開始日:2012年08月11日

収録時間:


全体の平均評価点:

全体の平均評価点(5点満点)

1


全体の平均評価点:

CD

ジャンル:

アーティスト : 清塚信也

クラシックの王道プログラムも上質なピアニズムで弾くが、時代に敏感な感性は、さまざまな方向へと活動を展開させる。これは、そのひとつの結晶だ。自作を含めたユニークで多彩な選曲。それぞれが響き合い、トータルで聴くことで完結するコンセプチュアルな一枚。 JAN:4943674119103

ジャンル

アーティスト

清塚信也

CD

Charge Up / 清塚信也

旧作

記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
WPCS12528 2012年08月11日 3枚
1位登録者 : 2位登録者 :
0人 0人
曲目 :
  • 1. Summer 〜映画『菊次郎の夏』 (2分29秒)
  • 2. あの夏へ 〜映画『千と千尋の神隠し』 (4分59秒)
  • 3. プレリュード 第1番 〜3つの前奏曲 (1分38秒)
  • 4. プレリュード 第2番 〜3つの前奏曲 (2分55秒)
  • 5. プレリュード 第3番 〜3つの前奏曲 (1分24秒)
  • 6. サムワン・トゥ・ウォッチ・オーヴァー・ミー (3分1秒)
  • 7. ガーシュウィン・メドレー (10分53秒)
  • 8. エアリスのテーマ 〜ゲームソフト『ファイナルファンタジーVII』 (5分29秒)
  • 9. 闘う者達 〜ゲームソフト『ファイナルファンタジーVII』 (3分14秒)
  • 10. con fouco (1分32秒)
  • 11. プレリュード Op.40-1 〜8つの演奏会用エチュード (2分2秒)
  • 12. エナジー・フロー (4分58秒)
  • 13. メリー・クリスマス・Mr.ローレンス 〜映画『戦場のメリー・クリスマス』 (5分4秒)
  • 14. 悲しきワルツ (3分37秒)
  • 15. 祈り (4分8秒)
  • 16. Fortuna 〜フォルトゥーナ〜 (7分34秒)

記番

WPCS12528

レンタル開始日

2012年08月11日

在庫枚数

3枚

1位登録者

0人

2位登録者

0人

曲目 :

1. Summer 〜映画『菊次郎の夏』 (2分29秒)
2. あの夏へ 〜映画『千と千尋の神隠し』 (4分59秒)
3. プレリュード 第1番 〜3つの前奏曲 (1分38秒)
4. プレリュード 第2番 〜3つの前奏曲 (2分55秒)
5. プレリュード 第3番 〜3つの前奏曲 (1分24秒)
6. サムワン・トゥ・ウォッチ・オーヴァー・ミー (3分1秒)
7. ガーシュウィン・メドレー (10分53秒)
8. エアリスのテーマ 〜ゲームソフト『ファイナルファンタジーVII』 (5分29秒)
9. 闘う者達 〜ゲームソフト『ファイナルファンタジーVII』 (3分14秒)
10. con fouco (1分32秒)
11. プレリュード Op.40-1 〜8つの演奏会用エチュード (2分2秒)
12. エナジー・フロー (4分58秒)
13. メリー・クリスマス・Mr.ローレンス 〜映画『戦場のメリー・クリスマス』 (5分4秒)
14. 悲しきワルツ (3分37秒)
15. 祈り (4分8秒)
16. Fortuna 〜フォルトゥーナ〜 (7分34秒)

ユーザーレビュー

1

ひどいなー

anna

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

カプースチンの曲目当てで聴いてみたのですが、聴くに堪えませんでした。まず、そのカプースチンのナンバーでは、自慢するかのごとく速弾きをしていますが、所々音が抜けており、かつただ力が入っているだけに聴こえます。また、大げさ過ぎるデクレッシェンド。歌心があるんだ、とでもいいたいんでしょうか。しかし、そこで不自然にリズムが途切れています。ガーシュインはさらに酷い。スイングっぽくうねうねすればジャズになると思ってるんですかね。そもそもガーシュインはジャズではないですし、スイングもしていません。表現としてすることはできるかもしれない。でも、彼の演奏では裏を感じません。 他の曲は知りませんが、少なくともこうしたジャズテイストのクラシックの曲を聴く限り、彼の音楽に対するいい加減さ(ある意味の傲慢さ・・・傲慢になるほどの腕か?)は明らかです。

1〜 1件 / 全1件

SEEDING connect 夜ノショパン BE BRAVE(通常盤)
SEEDING / 清塚信也 connect / 清塚信也 夜ノショパン / 清塚信也 BE BRAVE(通常盤) / 清塚信也

ユーザーレビュー:1件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

ひどいなー ネタバレ

投稿日:2014/03/01 レビュアー: anna

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

カプースチンの曲目当てで聴いてみたのですが、聴くに堪えませんでした。まず、そのカプースチンのナンバーでは、自慢するかのごとく速弾きをしていますが、所々音が抜けており、かつただ力が入っているだけに聴こえます。また、大げさ過ぎるデクレッシェンド。歌心があるんだ、とでもいいたいんでしょうか。しかし、そこで不自然にリズムが途切れています。ガーシュインはさらに酷い。スイングっぽくうねうねすればジャズになると思ってるんですかね。そもそもガーシュインはジャズではないですし、スイングもしていません。表現としてすることはできるかもしれない。でも、彼の演奏では裏を感じません。 他の曲は知りませんが、少なくともこうしたジャズテイストのクラシックの曲を聴く限り、彼の音楽に対するいい加減さ(ある意味の傲慢さ・・・傲慢になるほどの腕か?)は明らかです。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 1件 / 全1件

Charge Up