ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」 / ケント・ナガノ

ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」/ケント・ナガノの画像・ジャケット写真
ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」 / ケント・ナガノ

全体の平均評価点(5点満点)

  • 1
  • CD
ジャンル : 
アーティスト : 
ケント・ナガノ

モントリオール響の新たな本拠地であるメゾン・サンフォニーク・ド・モントリオールのこけら落とし公演のライヴ録音である。前作同様、当盤でもベートーヴェンの交響曲を、現代の作家・学者によるテキストと組み合わせていくという試みが行なわれており、第9の演奏を挟み込むようにして、作家ヤン・マーテル本人による詩の朗読が、英語とフランス語で収録されている。オリジナル・アルバムのタイトルは“人類の悲哀と人間愛”であるが、ナガノのアプローチ自体には、あざとい主張や恣意的な誇張は皆無であり、速めのテンポをとりながら、ヴァイオリンを両翼に配して、弦のヴィブラートを抑えるなど、昨今のピリオド・アプローチの成果が取り込まれている。濁りのない響きで、細部まできっちりと整えられ、随所で木管が鮮やかな彩りを添えているのが印象的。独唱者や合唱も、不自然な力みとは無縁であり、全曲を通じてしなやかな美感に貫かれているのが好ましい。 (満津岡信育) JAN:4547366063677

ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」 / ケント・ナガノ

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
SICC1533 2013年02月06日 4枚
1位登録者 : 2位登録者 :
0人 0人
曲目 :
  • 1. イントロダクション[交響曲第9番「合唱」第4楽章より] (0分11秒)
  • 2. 朗読「どこに消えてしまったのだ、我が革命の友よ」 (英語) (1分34秒)
  • 3. 交響曲 第9番 ニ短調 作品125「合唱」 I.Allegro ma non troppo,un poco maestoso (14分50秒)
  • 4. 交響曲 第9番 ニ短調 作品125「合唱」 II.Molto vivace-Presto (13分1秒)
  • 5. 交響曲 第9番 ニ短調 作品125「合唱」 III.Adagio molto e cantabile-Andante moderato (13分20秒)
  • 6. 交響曲 第9番 ニ短調 作品125「合唱」 IV.Finale: Presto-Allegro ma non troppo-Tempo I-Poco adagio-Vivace-Tempo I- (22分14秒)
  • 7. 朗読「どこに消えてしまったのだ、我が革命の友よ」 (仏語) (1分46秒)

関連作品

死の舞踏〜魔物たちの真夜中のパーティ ベートーヴェン:交響曲第7番&第1番 ベートーヴェン:交響曲第2番&第4番 輸〉Stravinsky: The Ri
死の舞踏〜魔物たちの真夜中のパーティ / ケント・ナガノ ベートーヴェン:交響曲第7番&第1番 / ケント・ナガノ ベートーヴェン:交響曲第2番&第4番 / ケント・ナガノ 輸〉Stravinsky: The Ri / ケント・ナガノ

ユーザーレビュー:1件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

期待外れ

投稿日:2013/08/24 レビュアー:埼玉太子

新進気鋭の指揮者、オケもモントリオールということで期待して聴いたのであるが全くの期待外れ。これはベートーンの音楽ではない。録音も極めて悪い。変な詩の朗読が入っているがそんなことやる暇があったらもっと音楽をちゃんとやれと言いたい。アマチュア並みの全く2流の演奏。他の「英雄」や「田園」も同様。この指揮者の音楽観を疑う。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 1件 / 全1件

ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」