オルヴィエート / チック・コリア&ステファノ・ボラーニ

オルヴィエート / チック・コリア&ステファノ・ボラーニ

全体の平均評価点(5点満点)

  • 0
  • CD
ジャンル : 
アーティスト : 
チック・コリア&ステファノ・ボラーニ

過去にも、チック・コリアは、好んでデュオの機会を設けている。たとえば、同じピアニストとの共演では、ハービー・ハンコック、フリードリヒ・グルダ、上原ひろみ等々…。本作はイタリアでの公演の模様を収めたライブ盤で、今回のお相手は、同国の注目の俊英ステファノ・ボラーニである。ここでの演奏は「選んだ曲をリハーサルもせず、自然発生的に進んでいった」とコリアが語っているが、彼らの対話は驚くほど親密だ。まるで、子供時分に嬉々として連弾する、その記憶が甦ったかのように、共演する喜びがあふれる演奏もある。また、どちらも希代のテクニシャンであり、二人で同じ方向に向かってグイグイと進んでいくときの推進力の凄みには息を飲むばかり。そして、丁々発止の音のやりとりの中で、相手の弾いたフレーズに反応し、瞬時にひらめきを奏でる、そのフレーズの鮮烈な音楽の輝きにはスリリングな高揚感を覚える。デュオの醍醐味、楽しさが満喫できるCDだ。 (上村敏晃) JAN:4988005685612

オルヴィエート / チック・コリア&ステファノ・ボラーニ

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
UCCE1128 2012年10月03日 4枚
1位登録者 : 2位登録者 :
0人 0人
曲目 :
  • 1. オルヴィエート・インプロヴィゼーション NO.1 <パート 1> (4分12秒)
  • 2. 白と黒のポートレイト <パート 1> (6分17秒)
  • 3. イフ・アイ・シュッド・ルーズ・ユー <パート 1> (4分24秒)
  • 4. ドラリセ <パート 1> (5分42秒)
  • 5. ジターバグ・ワルツ <パート 1> (7分30秒)
  • 6. ア・ヴァルサ・ダ・パウラ <パート 1> (6分6秒)
  • 7. オルヴィエート・インプロヴィゼーション NO.2|ナーディス <パート 2> (8分45秒)
  • 8. まなざし <パート 2> (5分44秒)
  • 9. ダーン・ザット・ドリーム <パート 2> (7分11秒)
  • 10. ティリティトラン <パート 2> (6分51秒)
  • 11. アルマンドのルンバ <パート 2> (6分5秒)
  • 12. Fのブルース <パート 2> (6分5秒)

ユーザーレビュー:0件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

オルヴィエート