LONDON CALLING / ザ・クラッシュ

LONDON CALLING / ザ・クラッシュ

全体の平均評価点(5点満点)

  • 1
  • CD
ジャンル : 
アーティスト : 
ザ・クラッシュ

(1)ロンドン・コーリング(2)新型キャディラック(3)ジミー・ジャズ(4)ヘイトフル(5)しくじるなよ,ルーディ(6)スペイン戦争(7)ニューヨーク42番街(8)ロスト・イン・ザ・スーパーマーケット(9)クランプダウン(10)ブリクストンの銃(11)ロンゲム・ボヨ(12)死か栄光か(13)コカ・コーラ(14)いかさまカード師(15)ラヴァーズ・ロック(16)四人の騎士(17)アイム・ノット・ダウン(18)リヴォリューション・ロック(19)トレイン・イン・ベイン (品番:ESCA7811の収録内容) JAN:0074646388525

LONDON CALLING / ザ・クラッシュ

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
SNY63885 2011年10月14日 1枚
1位登録者 : 2位登録者 :
0人 0人

関連作品

エッセンシャル・クラッシュ ロンドン・コーリング ライヴ・クラッシュ スーパー・ブラック・マーケット・クラッシュ
エッセンシャル・クラッシュ / ザ・クラッシュ ロンドン・コーリング / ザ・クラッシュ ライヴ・クラッシュ / ザ・クラッシュ スーパー・ブラック・マーケット・クラッシュ / ザ・クラッシュ

ユーザーレビュー:1件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

可能性

投稿日:2012/08/05 レビュアー:Ta9

79年発表のロック名盤の1枚
代表的なロンドンパンクだったクラッシュがレゲエやロカビリーなど
もはやジャンル不明なくらい何でもありで制作した意欲的な作品
当時から現在でも賛否両論であるが、アルバムを通して聴けば
そこにあるのは、やっぱりロックンロール!

ある意味、従来の常識を打ち壊して先への可能性を広げた1枚だと思う。

現代では当たり前となっているオルタナティブという
ある意味ジャンル不明、カテゴリー別けできない音楽が一般に
普及した中で改めて聞くと79年と言う時代に現代では
当たり前になっている事を賛否両論になりながらも
どうどうと発表できるクラッシュは、バンドとしての神髄が
ロックでありパンクなんだと思い知らされる。
このアルバムは、パンクではないと評価される事もあるが
常識や先入観を打ち壊し疾走するサウンドの神髄は
間違いなくパンクだ

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 1件 / 全1件

LONDON CALLING