あらゆるものの真ん中で / 森山直太朗

あらゆるものの真ん中で / 森山直太朗

全体の平均評価点(5点満点)

  • 0
  • CD
  • 製作年 : 2010年
ジャンル : 
アーティスト : 
森山直太朗

年を重ね、森山直太朗の世界は、ますます澄んで、深くなってきているようだ。前作『諸君!!』から2年3ヵ月ぶりとなる通算4作目。日常のさりげない出来事を、ときに慈しみ、ときにユーモアを交えて語る。サウンド・プロデューサーに石川鷹彦を迎え、派手さはないがやわらかなアコースティック・サウンドを作り出している。以前見られたナイフのような鋭利さはないが、その時代を経験した先の“達観”がある。だから、どの曲も心に染みるのだ。印象的なジャケットは人気絵本作家、荒井良二の手によるもの。 (石塚 隆) JAN:4988005613332

あらゆるものの真ん中で / 森山直太朗

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
UPCH20199 2010年06月26日 18枚
1位登録者 : 2位登録者 :
0人 1人
曲目 :
  • 1. 何処かで誰かが (3分48秒)
  • 2. ラクダのラッパ (5分24秒)
  • 3. 花鳥風月 (4分35秒)
  • 4. 昨日の君と今日の僕 (3分21秒)
  • 5. 雨だけど雨だから (2分38秒)
  • 6. グングルパーニャ (4分47秒)
  • 7. 優しさ (4分11秒)
  • 8. 四月になれば (4分35秒)
  • 9. 夜の公園で渡すつもりのない手紙を書いている (5分39秒)
  • 10. 人のことなんて (1分15秒)
  • 11. アメリカにいるみたい (4分28秒)
  • 12. トルコの人形 (4分3秒)
  • 13. 知らないことが多すぎる (3分47秒)
  • 14. 生きてることが辛いなら <Bonus Track> (4分36秒)
  • 15. 涙 <Bonus Track> (6分41秒)

関連作品

【MAXI】生きる(って言い切る)(マキシシングル) いくつもの川を越えて生まれた言葉たち(通常盤) 乾いた唄は魚の餌にちょうどいい 大傑作撰
【MAXI】生きる(って言い切る)(マキシシングル) / 森山直太朗 いくつもの川を越えて生まれた言葉たち(通常盤) / 森山直太朗 乾いた唄は魚の餌にちょうどいい / 森山直太朗 大傑作撰 / 森山直太朗

ユーザーレビュー:0件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

あらゆるものの真ん中で