アンコール2 / 柏原芳恵

アンコール2 / 柏原芳恵

全体の平均評価点(5点満点)

  • 1
  • CD
  • 製作年 : 2010年
ジャンル : 
アーティスト : 
柏原芳恵

コンセプトによるカヴァー・アルバムが多いが、これは男性アーティストが歌った名曲カヴァーの第2弾。前作はニューミュージックだったが、今回はなんと演歌! 元アイドルとは思えぬ艶っぽさで歌う。男性が女心を歌った歌を、女性である柏原芳恵が歌うという逆パラドックスが面白い! JAN:4544708002233

アンコール2 / 柏原芳恵

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
FBCX1041 2010年06月12日 4枚
1位登録者 : 2位登録者 :
0人 0人
曲目 :
  • 1. prologue (1分33秒)
  • 2. 北の螢 (4分8秒)
  • 3. 夢芝居 (3分30秒)
  • 4. カサブランカ・グッバイ (4分4秒)
  • 5. 愛がほしい (4分7秒)
  • 6. 女ひとり (3分36秒)
  • 7. 雪國 (5分15秒)
  • 8. みちのくひとり旅 (3分29秒)
  • 9. 恋唄綴り (3分58秒)
  • 10. おまえに (3分53秒)
  • 11. ブランデー・グラス (3分38秒)
  • 12. 大阪で生まれた女 (5分4秒)
  • 13. 時には娼婦のように (3分29秒)
  • 14. epilogue (0分35秒)
  • 15. 契り (4分56秒)

関連作品

芳恵 詩集 NEW BEST 「ハロー・グッバイ」+「春なのに」 ゴールデン☆ベスト 柏原芳恵
芳恵 詩集 / 柏原芳恵 NEW BEST / 柏原芳恵 「ハロー・グッバイ」+「春なのに」 / 柏原芳恵 ゴールデン☆ベスト 柏原芳恵 / 柏原芳恵

ユーザーレビュー:1件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

歌は素晴らしいのですが!!ネタバレ

投稿日:2010/07/25 レビュアー:たか

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

評価:☆3つ

このCD、芸能ニュースで話題になったので、借りようと
したのですが、近くのTSUTAYAのお店には登録がないし、
DISCASには、在庫数が少ないので、中々借りる事が出来
ませんんでした。もう少し在庫を増やしてもらいたいですね。

柏原芳恵といえば、「春なのに」が有名で、卒業式によく
唄われ(今はあまり唄われないか!)、今でも唄い継がれる名曲
の一つとなっています。一時はグラビアに登場したり、話題を
さらいましたが、最近はあまり彼女の名前を聞いた事はあり
ませんでした。
そこでこのCD、男性の演歌のカバーアルバム。
元々歌のうまい彼女、中々いいですよ。

演歌のカバーアルバムと言えば、中森明菜の「艶華 -Enka-」
が有名ですが、中森明菜の場合には、歌は聴けたものではあり
ませんでした。中森明菜には演歌は合わないというのが、
率直な感想。しかし、バックのアレンジは、日本の楽器の
使い方が素晴らしく、伴奏に魅せられました。

それに引き換え、柏原芳恵のカバーアルバムは、歌は素晴らしい
のですが、「北の蛍」から「みちのくひとり旅」までの演奏が、
DTM(Desktop Music)、つまりパソコンで作られた電子音楽が
大変安っぽく、彼女の歌を台無しにしていると思いました。

DISCASさんにお願いがあります。
今回のアルバムとは別にフォークミュージックの曲をカバー
した、「アンコール」も発売されているのですが、残念ながら
登録がありません。ぜひ登録していただきたいと思います。

又、上記のイントロダクションのなかで、「コンセプト」
「パラドックス」なんて言う英語が出てきますが、
難しくてさっぱり意味がわかりません。
もう少し、誰でもわかるような言葉で書いていただけると
有り難いのですが。m(_ _)m

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 1件 / 全1件

アンコール2