クレイジーケンバンド・ベスト 亀(通常盤) / クレイジーケンバンド

クレイジーケンバンド・ベスト 亀(通常盤) / クレイジーケンバンド

全体の平均評価点(5点満点)

  • 1
  • CD
  • 製作年 : 2010年
ジャンル : 
アーティスト : 
クレイジーケンバンド

横山剣・生誕50年を記念した(?)ベスト・アルバム“亀”(“鶴”と2枚同時リリース)。クレイジーケンバンドをブレイクに導くきっかけとなった「GT」、剣さん的「マイ・ウェイ」とも言える「男の滑走路」、そして、剣さん自身も“僕の中のスタンダード”と位置づける「発光!深夜族」など18曲を収録。 JAN:4995879551035

クレイジーケンバンド・ベスト 亀(通常盤) / クレイジーケンバンド

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
POCS22005 2010年03月13日 20枚
1位登録者 : 2位登録者 :
1人 0人
曲目 :
  • 1. GT (4分23秒)
  • 2. 男の滑走路 (6分13秒)
  • 3. てんやわんやですよ (4分25秒)
  • 4. ガールフレンド (4分17秒)
  • 5. 37℃ feat.Trio The Dog Horns (3分31秒)
  • 6. 秋になっちゃった (4分8秒)
  • 7. 中古車 (3分24秒)
  • 8. 太陽のモンテカルロ (6分31秒)
  • 9. 亀 (3分35秒)
  • 10. eyecatch 亀 <其の壱> (0分26秒)
  • 11. ハマのアンバサダー w/ FIRE BALL and PAPA B (5分55秒)
  • 12. 昭和レジデンス (5分44秒)
  • 13. 金龍酒家 (3分57秒)
  • 14. California Roll (4分1秒)
  • 15. 発光!深夜族 (4分57秒)
  • 16. 木彫りの龍 (3分25秒)
  • 17. eyecatch 亀 <其の貳> (0分28秒)
  • 18. クリスマスなんて大嫌い!!なんちゃって□ (4分23秒)

関連作品

FLYING SAUCER middle & mellow of CRAZY KEN BAND 【MAXI】不良倶楽部(マキシシングル) クレイジーケンバンドベスト〜OLDIES BUT GOODIES(通常盤)
FLYING SAUCER / クレイジーケンバンド middle & mellow of CRAZY KEN BAND / クレイジーケンバンド 【MAXI】不良倶楽部(マキシシングル) / クレイジーケンバンド クレイジーケンバンドベスト〜OLDIES BUT GOODIES(通常盤) / クレイジーケンバンド

ユーザーレビュー:1件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

変幻自在自由自在縦横無尽でおまけつき

投稿日:2010/04/21 レビュアー:ビンス

「GT」からスタートして、9曲目の「亀」で一つ目のクライマックス。
そのあと「eyecatch 亀」を挿んで後半戦スタート。
「ハマのアンバサダー w/ FIRE BALL and PAPA B」から始まる後半戦は16曲目の「木彫りの龍」でクライマックス。
そして最後におまけの「クリスマスなんて大嫌い!!なんちゃって」。
そんな構成のCKB2枚同時発売の「二度目のベストアルバム」。
モーレツなCKB電波をぎゅうぎゅうに閉じ込めた、テンコ盛り盛りの怒涛の入門編。
入門編でありながらも長年のファンを納得させるアルバムとなっております。
まあ、誰しも100%の満足を感じられるベストアルバムってのは難しいわけで。
それでも納得できる品揃えではないでしょうか。
だいいち剣さん自身も選曲に四苦八苦したらしいので。
「GT」から始まる前半戦は続く「男の滑走路」で再度の大爆発。
オープニングにさらに輪をかけて炸裂する完全無欠の男唄「男の滑走路」
シビれますねぇ。
続けざまに放たれる「てんやわんやですよ」「ガールフレンド」のシングル曲攻め。
キラーチューンの大盤振る舞い。
続く「37℃ feat.Trio The Dog Horns 」はアルバム収録は初。
アルバム「ソウルパンチ」に収録されている同曲にホーンをプラスした豪華版。
「秋になっちゃった」では去りゆく夏の匂いに後ろ髪を引かれ、続く「中古車」 では摩訶不思議ワールドを体感。
そんじょそこらの摩訶不思議ワールドじゃないぜ。
この振り幅がCKBの魅力。
そしてギラギラ哀愁の「太陽のモンテカルロ」から、このベストアルバムのファーストクライマックスに相応しすぎるくらい相応しい「亀」へ。
ここまででワンステージを体感したような高揚感を味わえます。
そしてインターミッションにもなるアイキャッチ。
今回はアルバム「ZERO」収録の「零」を基にしたベストヴァージョン使用。
さて後半戦。
まずは「ハマのアンバサダー w/ FIRE BALL and PAPA B」で華麗に大爆発。
そこからギアチェンジで「昭和レジデンス」
クセになったらやめられない止まらない、かっぱえびせんのような曲。
「ヒルトップ・マンション」と哀愁のステージへ。
そして近づくオーラスへ「金龍酒家」「California Roll」と続きます。
「発光!深夜族」からはライヴのアンコールのような気分。
そしてカラっと「木彫りの龍」でごきげんよう。

今回の二つのベスト「鶴」「亀」で、一度目のベストアルバムからの被りは6曲。
「香港グランプリ」
「せぷてんばぁ」
「GT」
「タイガー&ドラゴン」
「発光!深夜族」
「あ、やるときゃやらなきゃダメなのよ。」

個人的オススメ曲(ほんとはどれもオススメだけど♪)
「男の滑走路」
「ガールフレンド」
「太陽のモンテカルロ」
「California Roll」
「昭和レジデンス」
「ハマのアンバサダー w/ FIRE BALL and PAPA B」

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 1件 / 全1件

クレイジーケンバンド・ベスト 亀(通常盤)