男と女2 / 稲垣潤一

男と女2 / 稲垣潤一

全体の平均評価点(5点満点)

  • 4
  • CD
ジャンル : 
アーティスト : 
稲垣潤一

豪華女性アーティスト陣とのデュエットによる、J−POPのカヴァー・アルバム第2弾。数ある名曲の中から、森高千里との「雨」や“冬の女王”広瀬香美との「クリスマスキャロルの頃には」などを収録した充実の一枚だ。
●ご注意●
本作品には以下タイトルは収録されておりません。
レンタル予約される際、ご注意ください。
【未収録タイトル】
12 雨 (オリジナル・カラオケ) 4分36秒
13 悲しみは雪のように (オリジナル・カラオケ) 5分21秒
14 世界中の誰よりきっと (オリジナル・カラオケ) 4分21秒
15 真夏の夜の夢 (オリジナル・カラオケ) 5分3秒
16 夢の途中 (オリジナル・カラオケ) 5分26秒
17 けんかをやめて (オリジナル・カラオケ) 4分25秒
18 Yes‐No (オリジナル・カラオケ) 4分26秒
19 フレンズ (オリジナル・カラオケ) 4分58秒
20 PRIDE (オリジナル・カラオケ) 5分39秒
21 恋におちて-Fall in love- (オリジナル・カラオケ) 5分20秒
22 クリスマスキャロルの頃には (オリジナル・カラオケ) 4分30秒

男と女2 / 稲垣潤一

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
UICZ4214 2009年11月14日 39枚
1位登録者 : 2位登録者 :
0人 1人
曲目 :
  • 1. 雨 (4分35秒)
  • 2. 悲しみは雪のように (5分20秒)
  • 3. 世界中の誰よりきっと (4分18秒)
  • 4. 真夏の夜の夢 (5分2秒)
  • 5. 夢の途中 (5分25秒)
  • 6. けんかをやめて (4分23秒)
  • 7. Yes‐No (4分25秒)
  • 8. フレンズ (4分56秒)
  • 9. PRIDE (5分39秒)
  • 10. 恋におちて-Fall in love- (5分20秒)
  • 11. クリスマスキャロルの頃には (4分31秒)

関連作品

MY ONE Mind Note ※9曲収録 TRANSIT Signs of Trust ※11曲収録
MY ONE / 稲垣潤一 Mind Note ※9曲収録 / 稲垣潤一 TRANSIT / 稲垣潤一 Signs of Trust ※11曲収録 / 稲垣潤一

ユーザーレビュー:4件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

変わらない「男」と、慎み深い「女」たち。

投稿日:2009/11/21 レビュアー:ぴよさん


稲垣潤一のボーカルは、デビュー当初から見事なまでに揺るがない。
「男」が揺るがない、となればこの企画の成否は「女」の個性と「編曲」に
かかってくる。彼の声は女声寄りと言えるから、そもそも融合しやすいはず。

しかし思った以上に、稲垣の声が際立っている。大橋純子などの個性の強い
ボーカルが目立たなくなるほど。本人「最近は無理に高いキーでは歌わない」
と言っていたが、パートが切り替わる時に微妙に転調する事が多いのは
しようがないか。それも含めて編曲は正直、平均点に思える。もっと
冒険してもよかったと思うが、聴き心地良さ重視というところか。

『悲しみは雪のように』中村あゆみとは声の感触が近くて、親和性が高い。
(しかし本来、稲垣と最も声が近い女性ボーカルは、ユーミンじゃないか)
『真夏の夜の夢』では、時に岡本真夜とユーミンのデュエットに聴こえる
瞬間があるほど。

何といってもこの季節にぴったりの『雨』 交互にパートを歌い合い
時に絡む、可愛いらしい構成のデュエットになっている。

個人的には『クリスマスキャロルの頃には』くらい女性ボーカルが
元気な方が、聴いていて楽しかったなぁ。


1.雨(森高千里) with 森高千里
2.悲しみは雪のように(浜田省吾) with 中村あゆみ
3.世界中の誰よりきっと(中山美穂 & WANDS) with 寺田恵子
4.真夏の夜の夢 (松任谷由美) with 岡本真夜
5.夢の途中(来生たかお)  with 沢田知可子
6.けんかをやめて(竹内まりや) with 小林明子
7.Yes-No(オフコース)  with 藤田恵美
8.フレンズ(レベッカ)  with 遊佐未森
9.PRIDE(今井美樹)   with 大橋純子
10.恋におちて(小林明子)  with 尾崎亜美
11.クリスマスキャロルの頃には(稲垣潤一) with 広瀬香美
       ( )内はオリジナル歌手



このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

上出来 さわやかなハーモニー

投稿日:2012/07/04 レビュアー:ムーン

前回のアルバムがレコード大賞の企画賞を受賞。当然、柳の下のどぜうを狙っての2作目です。
坂本冬美さんのようにならなければいいなと心配でしたが杞憂でした。

特に女性ボーカリストとのハーモニーが全ての曲で破たんなくまとまっていて、
二人のオクターブの違いから転調する曲も多いのですが、それも曲調に合った味になっています。

1曲目:「雨」森高千里さんの持ち歌で、自分のオリジナルでデュエットしているのは太田裕美さんとこの方くらい。
    森高さんも、自身で歌う時よりもゆっくりと丁寧に歌っている感じで、静かな雨の雰囲気を出しています。

2曲目:かなりロック調のイントロ。右チャンネルからずっとパーカッションのリズムが刻まれてロックコンサートのようです。
お相手は中村あゆみさん。シャウト系の声が浜崎省吾さんの「悲しみは雪のように」をリズミカルに乗れる歌として聞かせます。
ツインギターもカッコイイ。

3曲目:軽いパーカスとシンセのイントロからズンズンとしたバスドラムが効いてきます。そこにストリングスと軽めのリードギター。
    曲は「世界中の誰よりきっと」中山美穂さんがWANDSと組んだヒット曲。SHOW−YAの寺田惠子さんとのデュエット。
    お互いに張り合わないのが大人です。

4曲目:更に更にラテン系のパーカスで追い打ちがかかります。そこにエレキでテケテケテケテと寺内タケシかベンチャーズの様。
    曲はユーミンの「真夏の夜の夢」。確か「冬彦さん」のドラマのテーマ曲だった。
    情熱的なサウンドに岡本真夜さんのへろへろと息の抜けたビブラートが丁度いいバランスです。
    選曲は名前つながりでしょうか。間奏のギターソロもカッコイイ。コンサートでこれをやられたら総立ちです。

5曲目:ドラムとシンセサイザーの典型的稲垣サウンド。曲は来生たかおさんの「夢の途中」。
    映画「セーラー服と機関銃」のテーマソングで薬師丸ひろ子さんがその映画のタイトルで歌っていた。
    都会的なサウンドに沢田知可子さんの消えていかない、哀愁を含んだ声が嘆き過ぎないで、抑えた感じが大人。
    サックスのソロも都会的、プレーヤーは誰か名のある人ではないだろうか。

6曲目:カーペンターズの「クロス・オブ・ユー」のようなイントロから、竹内まりやさんの「けんかをやめて」。
これはまたお洒落な雑貨屋さんの様で、10代の自分で可愛いことを知っているような、ちょっと小憎い女の子の様子がおっとりと歌われています。
    お相手は「恋におちて」の小林明子さん。

7曲目:オフコースの「YES−NO」。かなり原曲のアレンジに近い。
相手の藤田惠子さんを知りませんでしたが、ウィキで調べてみたら「Le Couple」の方でした。
声がかすかに鼻声系。まだ初心な恋人同士の歌に似合っています。

8曲目:「フレンズ」。オリジナルのレベッカのNOKKOさんも声に特徴がありますが、この女性ボーカリストの声もかなり鼻声系で、
少し舌足らずっぽくて、何とも頼りなさげな感じに甘い哀愁があっていいです。
遊佐未森さんという方も馴染みがなく、やはりウィキしたら仙台出身の方でした。もうかなりキャリアのある方です。

9曲目:今井美紀さんの曲はこれで2回目。「PRIDE」。やはり布袋さんが提供した曲です。
あまりアレンジをいじくらず、シンプルにまとめている印象です。お相手は歌唱力に定評がある大橋純子さん。
あえて張り上げ系でない曲を選択するところが大人です。

10曲目:尾崎亜美さんとのデュエットのためか、イントロ部分が「マイ・ピュア・レディ」に似ていなくもない。
    原曲の「恋におちては」小林明子さんの持ち歌。作詞は湯川れい子氏。
    確か不倫ドラマのテーマソングだったと思いますが、尾崎さんと歌うと、まるでニューヨークを舞台にした恋愛映画み  
たいにお洒落に聞こえるから不思議です。

11曲目:やはり出ました。稲垣さんの代表的ヒット曲。いきなり「冬の女王」広瀬香美さんの伸びのあるクリスタルボイス。
最高に似合っています。まるで広瀬さんの持ち歌の様です。サウンドはオーソドックスな稲垣調。
最後にいいとこ持ってきますね。

今回の2枚目のデュエットアルバムは、どの曲もハーモニーに破調がなく、さわやかさが印象に残る良いアルバムでした。
人選と選曲の妙です。いいぞプロデューサー。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

稲垣節

投稿日:2013/10/13 レビュアー:ぷうさん

選曲もいいし、稲垣の歌もいい。
オリジナルとは違う良さがあると思う。でも稲垣節すぎて…少しくどく思えた。
ドラマチックレインや、一ダース言い訳の頃の稲垣潤一メチャ好きやったんやけど。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

選曲に迷ったか?

投稿日:2012/06/10 レビュアー:motown

男と女の最初の作品に比べて、選曲がちょっとライトで、往年の男女が歌い上げるという重厚さにちょっと欠ける気がします。
稲垣潤一の声質と明らかに合わないものもあり、最初に聴いたときは???という感じでした。
でも3作品そろえて好きな曲をチョイスしながら聴くのがいいと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 4件 / 全4件

男と女2