プレイス・トゥ・ビー(通常盤) / 上原ひろみ

プレイス・トゥ・ビー(通常盤) / 上原ひろみ

全体の平均評価点(5点満点)

  • 1
  • CD
  • 製作年 : 2009年
ジャンル : 
アーティスト : 
上原ひろみ

プレイス・トゥ・ビー(通常盤) / 上原ひろみ

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
UCCT1218 2010年09月11日 52枚
1位登録者 : 2位登録者 :
0人 1人
曲目 :
  • 1. BQE (5分57秒)
  • 2. シュー・ア・ラ・クレーム (5分29秒)
  • 3. シシリアン・ブルー (8分27秒)
  • 4. ベルン、ベイビー、ベルン (3分)
  • 5. サムウェア (5分38秒)
  • 6. ケープコッド・チップス (5分42秒)
  • 7. アイランド・アゾレス (4分31秒)
  • 8. パッヘルベルのカノン (5分27秒)
  • 9. ショー・シティー、ショー・ガール (ビバ!ベガス) (3分56秒)
  • 10. デイタイム・イン・ラスベガス (ビバ!ベガス) (4分30秒)
  • 11. ザ・ギャンブラー (ビバ!ベガス) (5分42秒)
  • 12. プレイス・トゥ・ビー (6分42秒)
  • 13. グリーン・ティー・ファーム (日本盤ボーナス・トラック) (4分8秒)

関連作品

SPIRAL(HYB) SPARK(通常盤) ブレイン ALIVE(通常盤)
SPIRAL(HYB) / 上原ひろみ SPARK(通常盤) / 上原ひろみ ブレイン / 上原ひろみ ALIVE(通常盤) / 上原ひろみ

ユーザーレビュー:1件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

アコーステッィク!

投稿日:2010/09/28 レビュアー:trane37

前作のSonicbloomによるスタンダードのフュージョン的脱構築とはうって変わって、落ち着いたアコースティック・ピアノ・ソロ集。最後の1曲Green Tea Farmは矢野顕子のボーカル入り。ラグタイム、ストライドピアノ寄りのアプローチをみせる曲もあるが、スタッカートで鍵盤を駆け上がる得意のHIROMI節が顕れる。ビートがややゴツゴツして伸縮するのは、時間的推進力を得るためのリズム的ケーデンスなのか、東洋人独自のリズム感覚なのか。才気と演奏技術は尋常のものではない。ということはもうわかっているから、じっくりとHiromiにしかできない新しい音楽創りを志向してほしいものだ。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 1件 / 全1件

プレイス・トゥ・ビー(通常盤)