男と女 -TWO HEARTS TWO VOICES- / 稲垣潤一

男と女 -TWO HEARTS TWO VOICES- / 稲垣潤一

全体の平均評価点(5点満点)

  • 6
  • CD
  • 製作年 : 2008年
ジャンル : 
アーティスト : 
稲垣潤一

実力派シンガー、稲垣潤一と女性アーティストたちとのデュエット・カヴァー・アルバム。中森明菜、大貫妙子、白鳥マイカ、松浦亜弥ら、ジャンルを超えたアーティストたちと日本の名曲を歌い上げている。
●ご注意●
本作品には以下タイトルは収録されておりません。
レンタル予約される際、ご注意ください。

【未収録タイトル】
12 Hello,my friend (オリジナル・カラオケ) 4分38秒
13 悲しみがとまらない (オリジナル・カラオケ) 4分48秒
14 あなたに逢いたくて〜Missing You〜 (オリジナル・カラオケ) 5分18秒
15 PIECE OF MY WISH (オリジナル・カラオケ) 5分33秒
16 セカンド・ラブ (オリジナル・カラオケ) 4分46秒
17 サイレント・イヴ (オリジナル・カラオケ) 4分42秒
18 あの日にかえりたい (オリジナル・カラオケ) 4分13秒
19 人生の扉 (オリジナル・カラオケ) 5分50秒
20 木綿のハンカチーフ (オリジナル・カラオケ) 4分58秒
21 秋の気配 (オリジナル・カラオケ) 4分3秒
22 ドラマティック・レイン (オリジナル・カラオケ) 4分30秒

男と女 -TWO HEARTS TWO VOICES- / 稲垣潤一

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
UICZ4187 2008年12月06日 27枚
1位登録者 : 2位登録者 :
0人 0人
曲目 :
  • 1. Hello,my friend (4分37秒)
  • 2. 悲しみがとまらない (4分48秒)
  • 3. あなたに逢いたくて 〜Missing You〜 (5分16秒)
  • 4. PIECE OF MY WISH (5分32秒)
  • 5. セカンド・ラブ (4分45秒)
  • 6. サイレント・イヴ (4分41秒)
  • 7. あの日にかえりたい (4分13秒)
  • 8. 人生の扉 (5分50秒)
  • 9. 木綿のハンカチーフ (4分56秒)
  • 10. 秋の気配 (4分2秒)
  • 11. ドラマティック・レイン (4分30秒)

関連作品

バラードベスト WILL ※10曲収録 FOR MY DEAREST ※9曲収録 スローソングス
バラードベスト / 稲垣潤一 WILL ※10曲収録 / 稲垣潤一 FOR MY DEAREST ※9曲収録 / 稲垣潤一 スローソングス / 稲垣潤一

ユーザーレビュー:6件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全6件

ル・コルビジェの椅子

投稿日:2012/07/03 レビュアー:ムーン

最近、中国製のリ・プロダクト製品に興味があり、オークションでル・コルビジェのグランコンフォートLC1を安く購入してみた。
映画の中では、よく悪者のお金持ちが住む高層ビルのロビーなどに置いてある、スチールパイプでかこってある真四角い形のソファーである。
運ばれてきたソファーはさすがに中国製らしく、パイプは緩く曲がり、革は合成、底にはベニヤ板が打ちつけてあって、解ってはいたが思わず笑ってしまった。
今度転勤した先のオフィスは、前よりも広いので(壁は薄くなって、ミニコンポは置けないが)、そこに運んで眺めていたのだが、この前、若手の女性職員をその椅子に座らせて驚いた。
その女性は、平均よりはかわいい感じくらいにしか思っていなかったのだが、その椅子に座ったとたん美しさが3割はアップした。
おおーっと、本当に声が出そうなくらいに驚いたのだが、成程、これが一流のデザインの力かと恐れ入った。
今でも全世界で売れる訳が解った気がした。

何の話かとお思いだろうが、このアルバムを聴いたとき、デュエットしている相手の女性を引き立たせている事の比喩として、最初、男物のワイシャツに例えようと考えたのだが、そうではなく、女性歌手の声や歌の個性を引き立たせるための、衣装が楽曲であり、稲垣潤一はコルビジェの椅子のような存在なのではないかと、このアルバムを聴きながら考えていた。
彼自身はいつもと変わらずそこに佇んでいるだけ。さまざまな女性ボーカリストが敢えて持ち歌でない曲(例外あり)を身にまとい、稲垣潤一という器の中で戯れている。もちろん稲垣潤一自身もそれによって引き立つという、大人の関係がここには成立している。

1曲目:高橋洋子とのデュエット。あの「エバンゲリオン」の「残酷な天使のテーゼ」の人。曲はユーミンの「Hello,my friend」。エバでも知っていたが伸びのある歌声は余裕があって聴きやすい。ちゃんと歌唱力のある人の歌は聴いていて気持ちがいい。

2曲目:軽くスピード感のあるイントロから、杏里の「悲しみがとまらない」が流れてきた。お相手は小柳ゆき。彼女自身もソロでこの曲をカバーしていますが、これも更に良い。小柳さん自身がラスベガスのようなゴージャス感のある方で、もちろん歌唱力は抜群。バスドラムが小気味よくサビへ向かって盛り上げていきます。ドラムはやっぱり稲垣さんでしょうか?ディスカスからライナノーツまでは借りなかったので解りません。

3曲目:おおー! あの松田聖子さんの「あなたに逢いたくて」。難しいバラードです。歌うのは松浦亜弥さん。いいですねー。私的には聖子さんよりこちらの方がベタついてなく、自然に可愛くて買いです。稲垣さんがメインのパートの時のバックのコーラスもバランスいいです。ミキサーのアレンジが上手いのでしょう。最後に亜弥さんに華をもたせているのも大人です。

4曲目:レゲエ調の裏打ちのビートから何が始まるかと思えば、今井美紀さんの「PIECE OF MY WISH」ですか。今の旦那の布袋さんが結婚前の時代に今井さんに書き下ろした曲です。原曲のスローバラード調とはかけ離れた、ずいぶんと思いきったアレンジです。これが意外にすっきりしていて聴きやすい。お相手は辛島美登里さん。彼女のキャラクターに合っています。

5曲目:「セカンド・ラブ」。中森明菜さんの初期のヒット曲。まだ10代の女性の心境ですから、今の中森明菜さんよりTRFのYU-KIさんに譲って正解です。YU-KIさんのスローバラードも珍しいのではないでしょうか。声も合っています。当たり前ですが上手いです。

6曲目:「サイレント・イヴ」大貫妙子さんとのデュエット。この方の霧の中に消えていくような声と、ラ行をフランス語のように少し巻き舌ぎみに発音する特徴のある歌唱は未だ健在です。稲垣さんもやや遠慮がちなのも大人です。

7曲目:「あの日にかえりかたい」ああーホントに帰りたい。いやいや。歌の相手は露崎春女。この方を知りませんでしたが。知る人ぞ知る実力シンガーなのですね。和声マライヤキャリーといわれているそうで。この曲は軽く流した感じでしょうか。これもユーミンの曲です。懐かしい。

8曲目:「トワ・エ・モア」といってすぐに解る人は札幌冬季オリンピックも知っているでしょうね。この曲「人生の扉」は竹内まりやさんが作った曲です。白鳥さんは親子で共演。ただどこでパートが分かれているのか私には解りません。

9曲目:太田裕美さんの「木綿のハンカチーフ」彼女の持ち歌です。歌詞の構成が男と女の掛け持ちになっていますが、それとは関係なく1番、2番と片方が全部歌っています。
イントロが「米米クラブ」の「夜間飛行」みたいで都会的。一体そこ以上の都会ってどこなんだと突っ込みたくなりました。

【以下、コメント欄に続く】

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

女性アーティストが いいっすよ (^^)/

投稿日:2009/04/14 レビュアー:けんパパ

稲垣潤一の甘い歌声と
豪華な女性アーティストに惚れ惚れしました。

個人的には、太田裕美の木綿のハンカチーフってすごい!
そして、明菜とのドラマティック・レイン。
ほかにもというより、全部よかった。

そういえば、2008年12月のSONGS(NHK)で、
秋元康と彼運転するカイエンに同乗して
ドラマティック・レインの話などをしてたけど、
ちょうどレインボーブリッジ渡って、台場ICを降りたところで
我が奥様が運転席と助手席を明るくして撮影しながらドライブするのを見つけたと言ってました。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

3拍子揃ったアルバム

投稿日:2013/05/13 レビュアー:たか

評価 : ☆4つ

相変わらずカバー・アルバムに凝っています。
今度は稲垣潤一で、12人の女性アーティストとのデュエットによるカバー・アルバム。
内容については、他の方がレビューを書いているのでそちらをご覧になってください。
ちょっとびっくりしたのは、あの何か悩ましいジャケット。
いったいどんなアルバム何だろうと色々と想像を掻き立たせてくれます。

3拍子揃ったというのは、まず、選曲が素晴らしい。そして、魅力ある12人の女性アーティスト。
3つ目はアレンジが素晴らしい。
どの曲も素晴らしいのですが、最後の中森明菜とのデュエット「ドラマチック・レイン」は圧巻。
オリジナルは、当然稲垣潤一ですが、より曲の素晴らしさが感じられました。
大人の為の大人のデュエットアルバムという感じです。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

稲垣テイスト満載!

投稿日:2010/05/31 レビュアー:月夜の晩

タイトルとジャケットの写真からから、ドロドロの内容かな〜と期待していましたが、さすが稲垣潤一、すべてポップに仕上げています。ということで、好き嫌いが分かれるアルバムだと思います。
いろんなジャンルの女性陣とのコラボという試み、とても面白いのですが、オリジナルを超える作品はなく、アレンジによっては、オリジナルの良さを損ねるのもあり、個人的には残念な内容でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

これは必聴!

投稿日:2009/04/25 レビュアー:ユソレ

1番のお気に入りは、ドラマチックレインwith中森明菜。
中森明菜が超〜マッチング。
2番目は、悲しみがとまらないwith小柳ゆき。
小柳ゆきの意外な味を発見!。
他にもセカンドラブや木綿のハンカチーフなどなど、
レンタル代がもったいないなんて事は無いす!

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全6件

男と女 -TWO HEARTS TWO VOICES-