1. CDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. ロック&ポップスのCDレンタル
  4. ロック&ポップスのCDレンタル
  5. ソウ・ディライト(紙ジャケット仕様) / カン

ソウ・ディライト(紙ジャケット仕様) / カン

ソウ・ディライト(紙ジャケット仕様) / カン

ソウ・ディライト(紙ジャケット仕様) / カン

レンタル開始日:2010年04月04日

収録時間:


全体の平均評価点:

全体の平均評価点(5点満点)

1


全体の平均評価点:

CD 旧作

ジャンル:

アーティスト : カン

1977年のアルバム。リーボップ・クワク・バーとトラフィックのロスコー・ジーを新メンバーに迎え、アフロ・パーカッションとドラムスの壮大な絡みなども披露して清々しさを感じさせる。 JAN:4995879222102

ジャンル

アーティスト

カン

CD

ソウ・ディライト(紙ジャケット仕様) / カン

記番 :

レンタル開始日 :

在庫枚数 :

PCD22210 2010年04月04日 5枚

1位登録者 :

2位登録者 :

0人 0人

曲目 :

  • 1. Don't Say No (6分34秒)
  • 2. Sunshine Day and Night (5分49秒)
  • 3. Call Me (5分50秒)
  • 4. Animal Waves (15分28秒)
  • 5. Fly By Night (4分8秒)

記番

PCD22210

レンタル開始日

2010年04月04日

在庫枚数

5枚

1位登録者

0人

2位登録者

0人

曲目 :

1. Don't Say No (6分34秒)
2. Sunshine Day and Night (5分49秒)
3. Call Me (5分50秒)
4. Animal Waves (15分28秒)
5. Fly By Night (4分8秒)

ユーザーレビュー

1

「脱西欧」の先駆作。

MIGHTY MOE AND JOE

これは気持ちいい!
ヘビーな実験的ジャーマン・ロックからスタートした彼らが、
いよいよエスニックなグルーブと軽みの境地に
達したことが窺える、これまた名盤です。

トーキング・ヘッズの「リメイン・イン・ライト」が
発表された時、批評家筋からは絶賛の一方で
「西欧白人による第三世界音楽の帝国主義的搾取」云々が
議論されたものですが、
民族音楽への接近・取り込みという点では、
カンやエンブリオらのドイツほかヨーロッパ勢の方が
アメリカよりも先んじてたんですよね。
60〜70年代の、ありふれた「東洋志向」ではなく、
80年代以降、一般にも広がる
ワールドミュージック/民族音楽ブームを
ロックの文脈から逸早く予見していたかのよう。
イーノもこの作品なんかを耳にして、
デビッド・バーンと手を組んだんじゃないのかな。

それはともかく、トラフィックにも参加してたという
ガーナ人パーカッショニストのリーバップを迎え、
アフリカから南米、中東まで視野に入れた
脱西欧的音絵巻は圧巻。
ホルガー・シューカイはベースを手放し
音響工作に専念してるようですが、キレッキレです。
そんな躍動感溢れる音世界の中でも、ブレることなく
爛れたプレイを聴かせるミヒャエル・カローリ、
いいギタリストです。

1〜 1件 / 全1件

アンソロジー スーン・オーヴァー・ババルーマ スーン・オーヴァー・ババルーマ(紙ジャケット仕様) フューチャー・デイズ(紙ジャケット仕様)
/ / / /

ユーザーレビュー:1件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

「脱西欧」の先駆作。

投稿日:2018/09/02 レビュアー: MIGHTY MOE AND JOE

これは気持ちいい!
ヘビーな実験的ジャーマン・ロックからスタートした彼らが、
いよいよエスニックなグルーブと軽みの境地に
達したことが窺える、これまた名盤です。

トーキング・ヘッズの「リメイン・イン・ライト」が
発表された時、批評家筋からは絶賛の一方で
「西欧白人による第三世界音楽の帝国主義的搾取」云々が
議論されたものですが、
民族音楽への接近・取り込みという点では、
カンやエンブリオらのドイツほかヨーロッパ勢の方が
アメリカよりも先んじてたんですよね。
60〜70年代の、ありふれた「東洋志向」ではなく、
80年代以降、一般にも広がる
ワールドミュージック/民族音楽ブームを
ロックの文脈から逸早く予見していたかのよう。
イーノもこの作品なんかを耳にして、
デビッド・バーンと手を組んだんじゃないのかな。

それはともかく、トラフィックにも参加してたという
ガーナ人パーカッショニストのリーバップを迎え、
アフリカから南米、中東まで視野に入れた
脱西欧的音絵巻は圧巻。
ホルガー・シューカイはベースを手放し
音響工作に専念してるようですが、キレッキレです。
そんな躍動感溢れる音世界の中でも、ブレることなく
爛れたプレイを聴かせるミヒャエル・カローリ、
いいギタリストです。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 1件 / 全1件

ソウ・ディライト(紙ジャケット仕様)