パヴァロッティ・フォーエヴァー / パヴァロッティ(ルチアーノ)

パヴァロッティ・フォーエヴァー / パヴァロッティ(ルチアーノ)

全体の平均評価点(5点満点)

  • 4
  • CD
  • 2枚組
  • 製作年 : 1968年
ジャンル : 
アーティスト : 
パヴァロッティ(ルチアーノ)

パヴァロッティ・フォーエヴァー / パヴァロッティ(ルチアーノ)

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
UCCD1201 2007年10月13日 10枚
1位登録者 : 2位登録者 :
0人 0人
曲目 :
  • 1. 誰も寝てはならぬ (歌劇≪トゥーランドット≫より) (3分1秒)
  • 2. 冷たい手を (歌劇≪ボエーム≫より) (4分41秒)
  • 3. 乾杯の歌:友よ、さあ飲みあかそう (歌劇≪椿姫≫より) (2分52秒)
  • 4. 清きアイーダ (歌劇≪アイーダ≫より) (4分9秒)
  • 5. 人知れぬ涙 (歌劇≪愛の妙薬≫より) (4分50秒)
  • 6. あれか、これか (歌劇≪リゴレット≫より) (1分40秒)
  • 7. 夢のように (歌劇≪マルタ≫より) (3分30秒)
  • 8. 星は光りぬ (歌劇≪トスカ≫より) (3分14秒)
  • 9. 愛さずにはいられぬこの思い (歌劇≪フェドーラ≫より) (1分47秒)
  • 10. 衣裳をつけろ (歌劇≪道化師≫より) (4分8秒)
  • 11. 何とすばらしい美人 (歌劇≪マノン・レスコー≫より) (2分5秒)
  • 12. 女心の歌:風の中の羽のように (歌劇≪リゴレット≫より) (2分24秒)
  • 13. おお、パラダイス (歌劇≪アフリカの女≫より) (3分32秒)
  • 14. 春風よ、なぜ私をめざめさせるのか (歌劇≪ウェルテル≫より (3分7秒)
  • 15. 花の歌:お前が投げたこの花は (歌劇≪カルメン≫より) (4分29秒)
  • 16. 美しい人たちの中で (歌劇≪マノン・レスコー≫より) (1分14秒)
  • 17. 空と海 (歌劇≪ジョコンダ≫より) (5分8秒)
  • 18. 妙なる調和 (歌劇≪トスカ≫より) (3分)
  • 19. 優しい魂よ (歌劇≪ファヴォリータ≫より) (4分12秒)
  • 20. 見よ、恐ろしい火を (歌劇≪トロヴァトーレ≫より) (3分21秒)
  • 21. さくらんぼの二重唱 (歌劇≪友人フリッツ≫より) (7分51秒)
  • 22. オ・ソレ・ミオ (3分25秒)
  • 23. 帰れソレントへ (4分25秒)
  • 24. カタリ・カタリ (4分57秒)
  • 25. フニクリ・フニクラ (2分43秒)
  • 26. ノッテ・エ・ペスカトーレ (5分7秒)
  • 27. オ・ホーリー・ナイト (4分15秒)
  • 28. 天使の糧 (4分3秒)
  • 29. アヴェ・マリア (4分50秒)
  • 30. マティナータ (2分1秒)
  • 31. 踊り (3分9秒)
  • 32. カロ・ミオ・ベン (3分6秒)
  • 33. カルーソー (5分22秒)
  • 34. マイ・ウェイ (3分34秒)
  • 35. サンタ・ルチア (1分31秒)
  • 36. 君はわが心の全て (喜歌劇≪微笑みの国≫より) (3分39秒)
  • 37. マンマ (3分35秒)
  • 38. 風に託そう私の歌 (3分5秒)
  • 39. ヴォラーレ (4分35秒)
  • 40. 情熱 (3分47秒)
  • 41. グラナダ (3分8秒)

関連作品

輸〉PAVAROTTI RARE GEM 輸〉FAVORITE ARIAS BRAVISIMO グレイテスト・ヒッツ
輸〉PAVAROTTI RARE GEM / パヴァロッティ(ルチアーノ) 輸〉FAVORITE ARIAS / パヴァロッティ(ルチアーノ) BRAVISIMO / パヴァロッティ(ルチアーノ) グレイテスト・ヒッツ / パヴァロッティ(ルチアーノ)

ユーザーレビュー:4件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

素晴らしきかなオペラネタバレ

投稿日:2010/07/08 レビュアー:shizu-chan

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

幼い頃、耳にした歌。

それに会えたのが先日マイスペースフレンドさんのブログでした。動画入りの感動作です。何度も何度もその動画を再生して聞きました。
そして購入。本日届き早速試聴。

2枚組で、この値段は安い。伸びやかで聴きとり易い歌い方。しかも感情がこもっているので高揚の場では自分の気持ちも一緒に高ぶる。

オペラ曲はいいです。あのマリア・カラスも持っていますが、いいな〜と時々聞いています。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

本当のイタリアのテナーは、彼で、終わったかもしれない。

投稿日:2014/12/03 レビュアー:ちゅく


イタリア人のテノールで、最後の大歌手かもしれません。

好きな歌がたくさん収められているアルバムなのですが、

★冷たい手を」 (プッチーニの歌劇「ボエーム」より)

○このアリアは名曲で、最近亡くなった、カルロ・ベルゴンツィの歌が最も好きです。
ベルゴンツィの理性的な発声は、バリトンから徐々に高音をあげて、テナーになっていたことに起因します。声で苦労した「それでこそ」の、「冷たい手を」です。

○パヴァロッティは、天才でした。天性のテナーです。
「la dolce speranza」の最後の単語の「RA」の「A」の高音は、この歌手ならではの
高音がすかっとぬける(昇天できる)
音程が正確で
ということに、尽きます。
この歌手は、天性をもっているので、歌はけっこう雑でも、声の魅力で、聴き手をもっていってしまうのです。

テナーは、表現力よりも、声の魅力が第一だと思います。

その意味では、次の各曲も、おすすめです。

○ルッキーの声の魅力を感じられる曲

★「あれか、これか」 (ヴェルディの歌劇「リゴレット」より)

★「夢のように」 (フロトーの歌劇「マルタ」より)

★「何とすばらしい美人」 (プッチーニの歌劇「マノン・レスコー」より)

★「 女心の歌 」(ベルディの歌劇「リゴレット」より)

★「春風よ、なぜ私をめざめさせるのか」 (マスネ―の歌劇「ウェルテル」より)

★「カロ・ミオ・ベン」 (ジョルダーによる、イタリア古典歌曲)

ショート・コンサートでは、こんなプログラムもいいのか、と思いました。
最後は、アンコールです。
故人ですので、自分で家庭用につくっていますが……。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

誰も寝てはならぬが最高!!

投稿日:2014/03/11 レビュアー:ruty

パヴァロッティの『誰も寝てはならぬ』を聞きたくてかりました。
2枚目の歌曲集も耳馴染みの曲が多くて満足でした!

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

録音よし・中味よし

投稿日:2014/03/01 レビュアー:長尾

イタリアオペラの胆がすべて聞ける。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 4件 / 全4件

パヴァロッティ・フォーエヴァー