On-U Sound Crash Slash And Mix-Adrian Sherwood / エイドリアン・シャーウッド

On-U Sound Crash Slash And Mix-Adrian Sherwood/エイドリアン・シャーウッドの画像・ジャケット写真
On-U Sound Crash Slash And Mix-Adrian Sherwood / エイドリアン・シャーウッド

全体の平均評価点(5点満点)

  • 1
  • CD
  • 製作年 : 2005年
ジャンル : 
アーティスト : 
エイドリアン・シャーウッド

On-U Sound Crash Slash And Mix-Adrian Sherwood / エイドリアン・シャーウッド

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
BRC125 2007年09月01日 9枚
1位登録者 : 2位登録者 :
0人 0人

関連作品

オーディオ・アクティヴ〜サウンド・クラッシュ/エイドリアン・シャーウッド リカバリー・タイム サバイバル&レジスタンス ビカミング・ア・クリシェ(通常盤)
オーディオ・アクティヴ〜サウンド・クラッシュ/エイドリアン・シャーウッド / エイドリアン・シャーウッド リカバリー・タイム / エイドリアン・シャーウッド サバイバル&レジスタンス / エイドリアン・シャーウッド ビカミング・ア・クリシェ(通常盤) / エイドリアン・シャーウッド

ユーザーレビュー:1件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

オンーユウ サウンド

投稿日:2007/09/30 レビュアー:裸足のラヴァース

3枚目は レゲエ・ダブ・サウンドの立役者 エイドリアン・シャーウッドのソロ・アルバム 80年代のポスト・パンク・ムーヴメントのなかで レゲエと その独特の音響処理で一世を風靡したダブの果たした役割は限りなく大きなものがあったの

このエイドリアンもデヴューしたときは確か 18歳くらい またたく間にプロジューサとエンジニアーとして 頭角を表すことになり 有名なON-Uサウンド と言うレーベルの看板になる

その後を追ってないので このソロを聴いても今ひとつ 彼の音楽世界も ダブもどう変わってきたのかがわからないな 強烈な音響の異化作用のようなものは ここに見出せない それは退化なのか洗練なのかこちらに 判断基準がないのね ダブでもテクノ・ポップのピコピコサウンドも 嫌う人が多いけど その時代その場だけの 技術的限界から生まれたこれらサウンドの旬な味わいと 即物的な実験性は断固として擁護したいのね それは新しいものなんですよ

でもそういったサウンドは今では シンセやらその他の機械で簡単に模倣が効くもの いまさらノイジーなギター・サウンドやらダブを形だけ でっちあげても意味はないと思うのね その辺の事情はわからない エイドリアンの新作でした

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 1件 / 全1件

On-U Sound Crash Slash And Mix-Adrian Sherwood