ハイスクール・ミュージカル / サントラ 洋画オリジナル

ハイスクール・ミュージカル / サントラ 洋画オリジナル

全体の平均評価点(5点満点)

  • 1
  • CD
ジャンル : 
アーティスト : 
サントラ 洋画オリジナル

ハイスクール・ミュージカル / サントラ 洋画オリジナル

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
AVCX12509 2010年05月24日 8枚
1位登録者 : 2位登録者 :
1人 1人
曲目 :
  • 1. START OF SOMETHING NEW (3分16秒)
  • 2. GET'CHA HEAD IN THE GAME (2分26秒)
  • 3. WHAT I'VE BEEN LOOKING FOR (2分1秒)
  • 4. WHAT I'VE BEEN LOOKING FOR (REPRISE) (1分19秒)
  • 5. STICK TO THE STATUS QUO (4分27秒)
  • 6. WHEN THERE WAS ME AND YOU (3分)
  • 7. BOP TO THE TOP (1分46秒)
  • 8. BREAKING FREE (3分26秒)
  • 9. WE'RE ALL IN THIS TOGETHER (2分51秒)
  • 10. I CAN'T TAKE MY EYES OFF OF YOU (2分51秒)
  • 11. GET'CHA HEAD IN THE GAME (2分44秒)
  • 12. START OF SOMETHING NEW(KARAOKE INSTRUMENTAL) (3分30秒)
  • 13. BREAKING FREE(KARAOKE INSTRUMENTAL) (3分41秒)

関連作品

SLUMS OF BEVERLY H FIRST LOVE,LAST RI 猿の惑星/新 猿の惑星 EARTHA KITT/LIVE F
SLUMS OF BEVERLY H / サントラ 洋画オリジナル FIRST LOVE,LAST RI / サントラ 洋画オリジナル 猿の惑星/新 猿の惑星 / サントラ 洋画オリジナル EARTHA KITT/LIVE F / サントラ 洋画オリジナル

ユーザーレビュー:1件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

すべてはここから

投稿日:2013/02/10 レビュアー:Hoppy!

総評:
記念すべきディズニーチャンネルへの登竜門であった。
個人的には年始に聴きたくなるアルバム。やはり寒いスキー場からのシーンのスタートが冬っぽいのと、
1曲目のスタート。開始に相応しい1曲だし。

先に米国でHSMの祭っぷりに冷ややかな目で見ていたのだが、えっとw
たまたま新しいDVDを見よう会で、まさかのこの作品を観て、まぁまぁ面白かった。更にCDをお借りして。

ってここから怒涛のようにハイスクールミュージカルにはまったんだったw

というわけでリアルタイムから実に1年後にはまったんだけど、2007年にはHSM2もあって、この両作品の好みから3へと続き、今ではディズニーチャンネルよく知ってるわw

アルバム作品としても驚異の売上、シングル化にしてもホットチャート10位内に入れるなど、かなりの盛況ぶりであった。
この後にコンサートツアー、日本ではミュージカルが上演されたそうな。この流れはグリーが踏襲してるね。
かなりの長い間2006年3月から4月までずっとトップ1のチャートに君臨したのもうなずけるのは、コンポーザーのクレジットネーム。
手堅いなぁ、っていうプロデューサの名前を見て納得。POPの王道というかそりゃヒットするわ。しかも、アレンジがHip Hop色満載。
それでいてバラードもあり、ラテンもあり、とバラエティに富んだ曲の配置。
大ヒットならではのシングルカット多発。にもかかわらず、シングルも好評なランキング。

映像作品の前に、クランク調POPの楽しさを踏まえたら、そりゃもう映像作品はかなり面白く感じる事が出来る。
割と低予算なアレンジなのに、なんとも爽やかで青春ソングなこれらの曲はあっという間にアルバムのエンディングになる。

言うならば、もうちょっと音質を向上させてほしい。ちょっと音圧が低い。
ザックエフロンの影武者歌手はどんな気持ちだったのだろう〜?>Drew Seeleyよ。
2からは本人が歌ってる様子だが、ディズニーチャンネルの作品のアルバムにちらほら出てきた。
また、今作品のツアーではザックの部分を彼が歌ってる。ん?もとは彼が歌ってるのだから、元に戻っただけだけど。

特筆すべきはヴァネッサハジェンスの歌の美味さ。ヴァネッサ、アシュリー、コービンは後にソロアルバム発表。ルーカスはシングル発表、モニークはディズニーアルバム参加など。
なかなか皆健闘。曲の邦題タイトルもなかなか健闘の面白みはある。

すごく盛り上がったハイスクールミュージカル3に行くまでの始まりのアルバムである。

■ttp://idolhappiness.web.fc2.com/

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 1件 / 全1件

ハイスクール・ミュージカル