究極のベスト! 憂歌団 / 憂歌団

究極のベスト! 憂歌団 / 憂歌団

全体の平均評価点(5点満点)

  • 1
  • CD
  • 製作年 : 2005年
ジャンル : 
アーティスト : 
憂歌団

究極のベスト! 憂歌団 / 憂歌団

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
WPCL70508 2007年03月04日 4枚
1位登録者 : 2位登録者 :
0人 0人
曲目 :
  • 1. おそうじオバちゃん (3分15秒)
  • 2. パチンコ 〜 ランランブルース (Live) (3分34秒)
  • 3. 嫌んなった (2分52秒)
  • 4. 純愛だけど朝帰り (4分38秒)
  • 5. 君といつまでも (4分30秒)
  • 6. ゲゲゲの鬼太郎 (2分47秒)
  • 7. ファンキーモンキーベイビー (3分1秒)
  • 8. 風を追いかけて 〜CHASIN' THE WIND〜 (4分59秒)
  • 9. HAPPY GO LUCKY (3分36秒)

関連作品

リラックス・デラックス プレミアム・ベスト 憂歌団 アコースティック・セレクション/憂歌団       Complete Best 1974-1997+LIVE アナログ
リラックス・デラックス / 憂歌団 プレミアム・ベスト 憂歌団 / 憂歌団 アコースティック・セレクション/憂歌団 / 憂歌団 Complete Best 1974-1997+LIVE アナログ / 憂歌団

ユーザーレビュー:1件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

君といつまでも

投稿日:2014/10/31 レビュアー:ちゅく

この曲の、木村秀勝(ヒデカツ)は、歌の手を知りつくした魂であった。

どんな曲も、ブルースにしてしまう。

この曲は、皮肉が利いていて、ブラック・ユーモアそのものであるが、次の展開を聞き手が待っている。

木村秀勝の歌には、びっくりしていた。
歌をやるなら、「このように」やりたいと思って、やっているが、真似は、できない。

引用します。

「ふたりを夕やみが つつむこの窓辺に
あしたもすばらしい しあわせがくるだろう
君のひとみは 星とかがやき
恋する この胸は 炎と 燃えている」

作詞:弾厚作(加山雄三)、作曲:岩谷時子。

この名曲が、また、ブルースの名曲に生まれ変わった。

これは、パロディではない。
れっきとした、再生なのだ。


「ファンキーモンキーベイビー」
栄ちゃんのロックも、秀勝が歌うと、ブルースですわ。

負で勝つ。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 1件 / 全1件

究極のベスト! 憂歌団