Mood Swings(HYB) / akiko

Mood Swings(HYB) / akiko

全体の平均評価点(5点満点)

  • 1
  • CD
ジャンル : 
アーティスト : 
akiko

akiko8ヶ月ぶり、4枚目となるアルバムをリリース!本作のプロデュースは、DJ須永辰緒。akikoの特長であるブルース感覚と、彼のハイセンスなプロデュース・ワークが見事に融合し、とびきりクールでお洒落なジャズに仕上がった1枚。 JAN:4988005346148

Mood Swings(HYB) / akiko

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
UCGJ7001 2007年03月04日 6枚
1位登録者 : 2位登録者 :
0人 0人
曲目 :
  • 1. オールド・デヴィル・ムーン (4分40秒)
  • 2. ムード・スウィングス (6分5秒)
  • 3. オーヴァーステイ (4分44秒)
  • 4. フットプリンツ・オン・ザ・ムーン (5分57秒)
  • 5. ビフォー・ドーン (6分)
  • 6. ザ・ギフト (4分56秒)
  • 7. ベオグラード (1分12秒)
  • 8. オールド・フィッシャーマンズ・ドーター (7分31秒)
  • 9. ソフィスティケイテッド・レディ (6分20秒)

関連作品

Elemental Harmony【Disc.3&Disc.4】 ガール・トーク コラージュ 〜ベスト・セレクション VIDA
Elemental Harmony【Disc.3&Disc.4】 / akiko ガール・トーク / akiko コラージュ 〜ベスト・セレクション / akiko VIDA / akiko

ユーザーレビュー:1件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

Cutting Edge Jazzならぬ記号満載のPhony Jazz

投稿日:2010/10/23 レビュアー:trane37

音楽は現在では消費される商品であるから、あらゆる記号を駆使して、「買いたい」という欲望をかき立てるものに仕立て上げなければならない。というのは不可避な運命なので嘆いてもはじまらない。が、ささやき、つぶやき、スタイリッシュなナレーションなどは、聴衆の欲望を操作する作り手の策略であり、音楽それ自体とは何の関係もない、ということには自覚的であるべきだ。この人の存在それ自体がこうした虚構の集積であり、「雰囲気」ばかりで実がない典型である。英語の発音がとにかくフニャフニャして気持ち悪い。破裂音の子音が弱いので単語が聞き取れないのは困る。1曲目の自画自賛のナレーションなど噴飯もの。アレンジやバックの演奏、とくにドラムスはドライブ感があってとても良いのだが。

ちなみに山下洋輔も”ソフィスティケイテッド・レディ”でピアノ伴奏を受け持っている。が、浅川マキの”奇妙な果実”の伴奏で受けた戦慄は、ここにはもうない。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 1件 / 全1件

Mood Swings(HYB)