What's Cover? / オムニバス

What's Cover?/オムニバスの画像・ジャケット写真
What's Cover? / オムニバス

全体の平均評価点(5点満点)

  • 4
  • CD
  • 製作年 : 2002年
ジャンル : 
アーティスト : 
オムニバス

What's Cover? / オムニバス

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
MHCL133 2002年07月10日 3枚
1位登録者 : 2位登録者 :
0人 0人
曲目 :
  • 1. 悲しくてやりきれない (3分36秒)
  • 2. カッコマン・ブギ (2分37秒)
  • 3. 君といつまでも (3分25秒)
  • 4. 瑠璃色の地球 (4分45秒)
  • 5. にがい涙 (3分31秒)
  • 6. 風をあつめて (4分50秒)
  • 7. 秋の気配 (4分40秒)
  • 8. あの素晴らしい愛をもう一度 (3分46秒)
  • 9. ペパーミント・ブルー (5分39秒)
  • 10. あの鐘を鳴らすのはあなた (3分16秒)
  • 11. ウナ・セラ・ディ東京 (4分36秒)
  • 12. よろしく哀愁 (2分45秒)
  • 13. 君をのせて (4分38秒)
  • 14. A HAPPY NEW YEAR (3分13秒)

関連作品

BASS COMPILATION NOW BEST 輸〉Best Jukebox Album 輸〉Favorite Classics
BASS COMPILATION / オムニバス NOW BEST / オムニバス 輸〉Best Jukebox Album / オムニバス 輸〉Favorite Classics / オムニバス

ユーザーレビュー:4件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

さあ、誰が歌っているのでしょうか? わからない楽しいアルバム。

投稿日:2014/11/12 レビュアー:ちゅく

このカバー・アルバムは、私の信頼する「R・M」さんに紹介してもらいました。
このレビュアーさんとの出会いに感謝します。

14曲を、14名(グループ)が歌っていて、驚きがあり、格好いい1枚です。
コーラスもあるので、いったい、何人入っていることやら。

「R・M」さんに、コメントで教えてもらっているし、調べれば、誰が歌っているのか分かりますが……。
「これ、誰だい?」を「当て愛」しながら、聴くと盛り上がるでしょう。

1フレーズ、2フレーズすぐ分かるひとは、半分くらいでしょうか……。
声の似ているひとがいるんですね。
中島美嘉かな、奥田民生かな、吉田拓郎かな、鈴木聖美かな、矢野顕子? 宇多田ヒカル?
世良公則、コロッケ? 何人出てるんだ!
槙原敬之と鈴木聖美の声って、出だしの音、そっくりじゃないかと思ったり、じゃ、東京スカパラダイス(だと思うが)、もう一人は弟の鈴木雅之ではないので、誰だい?

「だれがカバやねんロックンロールショー」のボーカル?
三遊亭圓楽?

「よろしく哀愁」という郷ひろみの曲を、誰が歌っていると?
この曲が、いつものこの歌手に似合わない、リリカルな名演です。

このカバー・アルバムはこれから、クリスマス・パーティにぴったりの1枚ですね。

名前が分かっても、「知らない」ひとが、5人いました。(年ですね……)

だれでもわかるのは、石井竜也。
カールスモーキーは、ほんと、喉の奥の開いた、明るい、輝きのある声で、天才ですね。この曲にぴったりでした。

「R・M」さん、ありがとうございます。

これは、レンタルで圧倒感を確認できたので、買おうと思います。
いま、新品、売ってるかな?

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

『君といつまでも』の台詞にビックリ!!

投稿日:2014/11/28 レビュアー:kazupon

これは、カバー曲を集めたCDとしてはちょっと変り種だと思います。
カバーされている曲は、私の年代には懐かしい曲ばかりで、カバーしているアーティストの皆さんもかなり豪華です。
自分の持ち歌を上手く歌うのは当然のこと。
しかし、他人の曲をここまで自分流にアレンジ、オリジナルを凌ぐほどの出来栄えで披露しちゃうのは、素人の私でもスゴイ!と思ってしまいます。
変り種と言ったのは、そのアレンジのことなのですが、特に2曲目の『君といつまでも』
8曲目の『あの素晴らしい愛をもう一度』は、スゴイ!の一言です。
うまく説明できないので、まずは実際に聴いていただきたいと思います。

曲を聴いての感想と、カバーしている人、オリジナルを歌っている人については、コメント欄に。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

「瑠璃色の地球」に「風をあつめて」

投稿日:2016/12/29 レビュアー:ちゅく

「Whats Cover?」という、カバー・アルバム。

このレビュー広場で、「涼風マヨネーズ」さんから、教えていただいて、
以来、愛聴盤になっています。

2回目の投稿です。


1「悲しくてやりきれない」 奥田民生
2「カッコマン・ブギ」  PUFFY
3 「君といつまでも」 カールスモーキー石井
4 「瑠璃色の地球」  MIO
5 「にがい涙」  東京スカパラダイスオーケストラ
6 「風をあつめて」 玲葉奈
7 「秋の気配」  槇原敬之
8 「あの素晴らしい愛をもう一度」 なおと
9 「ペパーミント・ブルー」 堂島孝平
10「あの鐘を鳴らすのはあなた」  What's Love? 横山剣
11 「ウナ・セラ・ディ東京」 矢野顕子
12 「よろしく哀愁」 吉田拓郎
13 「君をのせて」  ASKA
14 「HAPPY NEW YEAR,A」 ゴスペラーズ

すべて、好きな曲で、ここ3年で、全部うたえるようになってきました。(baka!)

今年のクリスマスには、「瑠璃色の地球」を聴いていました。
これは、女房も好きな曲です。

来年、バンドに復帰して、歌いたいのは、1曲目、12曲目、10曲目ですが、自分の勝手で決められません。
ヴォーカルが、ごり押し(ごね得)をすることも必要かと思っています。

最近、太田和彦さんの「ふらり旅 いい酒いい肴」(TV東京系)が好きで、そのテーマ曲が
はっぴいえんど(細野晴臣、大瀧詠一、松本隆、鈴木茂)の「風をあつめて」。
この原曲を、「玲葉奈/Leyona」(1977年生)が歌っています。

松本隆さんの詩は、次のようにはじまります。

======================

街のはずれの
背のびした路次を 散歩してたら
汚点(しみ)だらけの 靄(もや)ごしに
起きぬけの路面電車が
海を渡るのが 見えたんです

======================

太田さんは、この路次を、ふらり、歩いていきます。
結構、いい加減な親爺なのですが、愛されるべき人。
謙虚で、礼儀を知る、彼のような人だけに、翼ををとめる小さな椅子がある。

今、 ゴスペラーズ の「HAPPY NEW YEAR,A」を聴いている。
この男声コーラスは、どこまで、無伴奏で、迫れるか。
奥田民生の「悲しくてやりきれない」は、彼に合っている。とても。

松田聖子の歌「瑠璃色の地球」を、MIOが歌っている。これは、このアルバムの中で、今、最も好きです。

松本隆さんの詩は、次のようにはじまります。

=======================

夜明けの来ない夜はないさ
あなたがポツリ言う
燈台の立つ岬で
暗い海を見ていた

悩んだ日もある哀しみに
くじけそうな時も
あなたがそこにいたから
生きて来られた

=======================

ということは、風をあつめなければいけません。

ゆっくりと。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

「風をあつめて」 のんびりいこうよ

投稿日:2016/10/21 レビュアー:ちゅく

曲は、80年代を中心にしていますが、60年代、70年代のものも含まれています。

「What's Cover?」 (2002)

歌っているのは、原曲とは異なる人です。
リスペクトしているので、なかなかの名演揃いです。カバーは、原典を越えようとしています。

このCDのレビューを書くのは、二度目です。


1 .悲しくてやりきれない:奥田民生
2 .カッコマン・ブギ:PUFFY
3 .君といつまでも:カールスモーキー石井
4 .瑠璃色の地球:MIO
5 .にがい涙:東京スカパラダイスオーケストラ
6 .風をあつめて:玲葉奈
7 .秋の気配:槇原敬之
8 .あの素晴らしい愛をもう一度:なおと(インティライミ)
9 .ペパーミント・ブルー:堂島孝平
10 .あの鐘を鳴らすのはあなた:What's Love? (横山剣)
11 .ウナ・セラ・ディ東京:矢野顕子
12 .よろしく哀愁:吉田拓郎
13 .君をのせて:ASKA
14 .A HAPPY NEW YEAR:ゴスペラーズ


やはり、このアルバム、素敵です。

来年、バンドで歌うことができるならば、第10曲、第12曲です。

最近、太田和彦さんの居酒屋探訪「ふらり旅 いい酒いい肴」(BS11)が、地上波で、私の住むローカルでみられるようになりました。
1回目:倉敷、2回目:尾道、3回目:伊勢で、来週は、小田原です。
この番組、とても好きなのですが、最初に流れるのが、6曲目「風をあつめて」です。
原曲は、「はっぴいえんど」(1969〜1972)の演奏です。
細野晴臣、大瀧詠一、松本隆、鈴木茂。

実にゆったりしていている。カバーしている玲葉奈も、空気をとらえています。

松田聖子の「瑠璃色の地球」は、今更ながら名曲と気づきます。作詞:松本隆、作曲:平井夏美(川原伸司/羽佐間健二/Paul Wilson)。

民生の1曲目も、すこし泣けそうな、しかし前をまっすぐ見ようと思う、男らしい名唱です。

前記の曲目を半分くらい知っている人は、たぶん昭和30年代生まれの人だと思いますが、気分転換に最適のアルバムです。

「のんびりいこうよ」は、入っていません。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 4件 / 全4件

What's Cover?