ベスト・オブ・マディ・ウォーターズ / マディ・ウォーターズ

ベスト・オブ・マディ・ウォーターズ / マディ・ウォーターズ

ベスト・オブ・マディ・ウォーターズ / マディ・ウォーターズ

レンタル開始日:2006年05月04日

収録時間:


全体の平均評価点:

全体の平均評価点(5点満点)

4


全体の平均評価点:

CD

ベスト・オブ・マディ・ウォーターズ / マディ・ウォーターズ

旧作

記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
UICY3199 2006年05月04日 6枚
1位登録者 : 2位登録者 :
0人 0人
曲目 :
  • 1. アイ・ジャスト・ウォント・トゥ・メイク・ラヴ・トゥ・ユー (2分52秒)
  • 2. ロング・ディスタンス・コール (2分42秒)
  • 3. ルイジアナ・ブルース (2分51秒)
  • 4. ハニー・ビー (3分23秒)
  • 5. ローリン・ストーン (3分8秒)
  • 6. アイム・レディ (3分5秒)
  • 7. フーチー・クーチー・マン (2分52秒)
  • 8. シー・ムーヴス・ミー (2分57秒)
  • 9. アイ・ウォント・ユー・トゥ・ラヴ・ミー (3分4秒)
  • 10. スタンディング・アラウンド・クライング (3分23秒)
  • 11. スティル・ア・フール (3分16秒)
  • 12. アイ・キャント・ビー・サティスファイド (2分44秒)
  • 13. ローリン・ストーン (別テイク) (3分1秒)
  • 14. フーチー・クーチー・マン (別テイク) (2分47秒)
  • 15. ローリン・アンド・タンブリン (パート1) (日本盤のみのボース・トラック) (3分)
  • 16. ローリン・アンド・タンブリン (パート2) (日本盤のみのボース・トラック) (2分34秒)
  • 17. ベイビー・プリーズ・ドント・ゴー (日本盤のみのボーナス・トラック) (3分18秒)
  • 18. マニッシュ・ボーイ (日本盤のみのボーナス・トラック) (2分58秒)
  • 19. ルック・ホワット・ユーヴ・ダン (日本盤のみのボース・トラック) (2分25秒)
  • 20. ガット・マイ・モジョー・ワーキン (パート2) (日本盤のみのボーナス・トラック) (5分9秒)

記番

UICY3199

レンタル開始日

2006年05月04日

在庫枚数

6枚

1位登録者

0人

2位登録者

0人

曲目 :

1. アイ・ジャスト・ウォント・トゥ・メイク・ラヴ・トゥ・ユー (2分52秒)
2. ロング・ディスタンス・コール (2分42秒)
3. ルイジアナ・ブルース (2分51秒)
4. ハニー・ビー (3分23秒)
5. ローリン・ストーン (3分8秒)
6. アイム・レディ (3分5秒)
7. フーチー・クーチー・マン (2分52秒)
8. シー・ムーヴス・ミー (2分57秒)
9. アイ・ウォント・ユー・トゥ・ラヴ・ミー (3分4秒)
10. スタンディング・アラウンド・クライング (3分23秒)
11. スティル・ア・フール (3分16秒)
12. アイ・キャント・ビー・サティスファイド (2分44秒)
13. ローリン・ストーン (別テイク) (3分1秒)
14. フーチー・クーチー・マン (別テイク) (2分47秒)
15. ローリン・アンド・タンブリン (パート1) (日本盤のみのボース・トラック) (3分)
16. ローリン・アンド・タンブリン (パート2) (日本盤のみのボース・トラック) (2分34秒)
17. ベイビー・プリーズ・ドント・ゴー (日本盤のみのボーナス・トラック) (3分18秒)
18. マニッシュ・ボーイ (日本盤のみのボーナス・トラック) (2分58秒)
19. ルック・ホワット・ユーヴ・ダン (日本盤のみのボース・トラック) (2分25秒)
20. ガット・マイ・モジョー・ワーキン (パート2) (日本盤のみのボーナス・トラック) (5分9秒)

ユーザーレビュー

4

キレました

よう

1位登録してから数ヶ月。
未だに借りられません。
これはTSUTAYAへの批判ですが、待たせすぎです。

在庫管理、及び顧客ニーズを判断するレベルが昭和並。
これが業界大手とは思えませんし、笑ってしまいます。

こいつも在庫数2枚か!

しびれるおっさんとはマディのことだ。

いやああああ、かっこいい。しびれちゃう。これ、ぜんぶわたしが生まれる前だもんね。すごいねえ。ほんとに、この劇渋いおっちゃんがいなければ、生まれてない曲やバンド、いっぱいあるもんね。お好み焼きのどろソースみたいな、もう、濃厚うまみ成分たっぷりつまったどろりとした味。おいしいんだな、これが。

↓参考になりました。

シカゴブルースの父

立川おもちゃ神田ホイ

マディ(上原じゃないよ)が55年に発表した歴史的ベスト盤。48年から54年の音源が収録されている。クラプトン、チャック・ベリー、ポール・ロジャース等への影響力は絶大で、ストーンズの「サティスファクション」などは「I CAN'T BE SATISFACTION」がなければ存在しなかった筈。あとルースターズの「恋をしようよ」も「I JUST WANT〜」がなければ・・以下同様。日本盤のみ「フーチー・クーチー」他のボーナストラック6曲収録。

ブルースの優等生?

MIGHTY MOE AND JOE

リズムが重いです。音がデカいという物理的な重さとは違う重さです。
歪んだようなハープも良いです。

ブルースにはあまり詳しくありませんが、
以前聴いたマジック・サムやハウリン・ウルフ、バディ・ガイが比較的ロックに近い感覚で聴けるのに対し、
この人はロバート・ジョンソンなどの戦前ブルースのスタイルを踏襲しているように聴こえました。

ただ、個人的にはあまりにも王道すぎて、いま一つ面白みに欠ける感じがしました。
ブルースと聞いて誰もが思い浮かべる最大公約数的な音なのでしょうが、
上記のモダン・ブルース三者のように、どこか突出したところや逸脱したところがあると、
もっと好きになれたと思います(同じ理由で、僕はR&Bではオーティス・レディングに魅力を感じません)。

何せ聴き込みが浅いし、聴いた時の自分の精神状態にもよるし、
10年後くらいに聴き直したら「やっぱこれだな」なんて思うかもしれませんけどね。
ブルースに精通された方にとっては、やはり
「これに一発でシビれない奴はブルースを語る資格なし」という「踏絵」的な作品なんでしょうか。


1〜 4件 / 全4件

リアル・フォーク・ブルース 輸〉Journeyman Blues ウッドストック・アルバム+1 マッド・イン・ユア・イア
リアル・フォーク・ブルース / マディ・ウォーターズ 輸〉Journeyman Blues / マディ・ウォーターズ ウッドストック・アルバム+1 / マディ・ウォーターズ マッド・イン・ユア・イア / マディ・ウォーターズ

ユーザーレビュー:4件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

キレました

投稿日:2008/04/11 レビュアー: よう

1位登録してから数ヶ月。
未だに借りられません。
これはTSUTAYAへの批判ですが、待たせすぎです。

在庫管理、及び顧客ニーズを判断するレベルが昭和並。
これが業界大手とは思えませんし、笑ってしまいます。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

こいつも在庫数2枚か!

投稿日:2007/12/11 レビュアー:

しびれるおっさんとはマディのことだ。

いやああああ、かっこいい。しびれちゃう。これ、ぜんぶわたしが生まれる前だもんね。すごいねえ。ほんとに、この劇渋いおっちゃんがいなければ、生まれてない曲やバンド、いっぱいあるもんね。お好み焼きのどろソースみたいな、もう、濃厚うまみ成分たっぷりつまったどろりとした味。おいしいんだな、これが。

↓参考になりました。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

シカゴブルースの父

投稿日:2007/07/25 レビュアー: 立川おもちゃ神田ホイ

マディ(上原じゃないよ)が55年に発表した歴史的ベスト盤。48年から54年の音源が収録されている。クラプトン、チャック・ベリー、ポール・ロジャース等への影響力は絶大で、ストーンズの「サティスファクション」などは「I CAN'T BE SATISFACTION」がなければ存在しなかった筈。あとルースターズの「恋をしようよ」も「I JUST WANT〜」がなければ・・以下同様。日本盤のみ「フーチー・クーチー」他のボーナストラック6曲収録。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

ブルースの優等生?

投稿日:2014/03/23 レビュアー: MIGHTY MOE AND JOE

リズムが重いです。音がデカいという物理的な重さとは違う重さです。
歪んだようなハープも良いです。

ブルースにはあまり詳しくありませんが、
以前聴いたマジック・サムやハウリン・ウルフ、バディ・ガイが比較的ロックに近い感覚で聴けるのに対し、
この人はロバート・ジョンソンなどの戦前ブルースのスタイルを踏襲しているように聴こえました。

ただ、個人的にはあまりにも王道すぎて、いま一つ面白みに欠ける感じがしました。
ブルースと聞いて誰もが思い浮かべる最大公約数的な音なのでしょうが、
上記のモダン・ブルース三者のように、どこか突出したところや逸脱したところがあると、
もっと好きになれたと思います(同じ理由で、僕はR&Bではオーティス・レディングに魅力を感じません)。

何せ聴き込みが浅いし、聴いた時の自分の精神状態にもよるし、
10年後くらいに聴き直したら「やっぱこれだな」なんて思うかもしれませんけどね。
ブルースに精通された方にとっては、やはり
「これに一発でシビれない奴はブルースを語る資格なし」という「踏絵」的な作品なんでしょうか。


このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 4件 / 全4件

ベスト・オブ・マディ・ウォーターズ