スリラー(リニューアル盤) / マイケル・ジャクソン

スリラー(リニューアル盤)/マイケル・ジャクソンの画像・ジャケット写真
スリラー(リニューアル盤) / マイケル・ジャクソン

全体の平均評価点(5点満点)

  • 5
  • CD
ジャンル : 
アーティスト : 
マイケル・ジャクソン

いろんな意味で音楽シーンを変えてしまったアルバム。知らない人はいないでしょう。プロデュースはクインシー・ジョーンズ。ポール・マッカートニーとのデュエット曲、ヴァン・ヘイレンがギター・ソロを弾いたりと、顔ぶれも豪華。ここからのシングルはすべて大ヒットを記録。【グラミー賞 第26回(1983年度)最優秀レコード賞受賞作「今夜はビート・イット」収録】 JAN:4547366001242

スリラー(リニューアル盤) / マイケル・ジャクソン

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
EICP22 2001年10月31日 27枚
1位登録者 : 2位登録者 :
0人 1人
曲目 :
  • 1. スタート・サムシング (6分2秒)
  • 2. ベイビー・ビー・マイン (4分20秒)
  • 3. ガール・イズ・マイン (3分41秒)
  • 4. スリラー (5分57秒)
  • 5. 今夜はビート・イット (4分17秒)
  • 6. ビリー・ジーン (4分53秒)
  • 7. ヒューマン・ネイチャー (4分5秒)
  • 8. P.Y.T. (3分58秒)
  • 9. レディ・イン・マイ・ライフ (4分58秒)
  • 10. ナレーション 〜 クインシー・ジョーンズ・インタビューNO.1 (2分18秒)
  • 11. サムワン・イン・ザ・ダーク (4分48秒)
  • 12. ナレーション 〜 クインシー・ジョーンズ・インタビューNO.2 (2分4秒)
  • 13. ビリー・ジーン 〜 オリジナル・デモ (完全未発表) (2分20秒)
  • 14. クインシー・ジョーンズ・インタビューNO.3 (3分10秒)
  • 15. ナレーション 〜 ロッド・テンパートン・インタビューNO.1 (4分2秒)
  • 16. クインシー・ジョーンズ・インタビューNO.4 (1分32秒)
  • 17. ナレーション 〜 ヴィンセント・プライスによる 「スリラー」 完全未発表ナレーション (2分52秒)
  • 18. ナレーション 〜 ロッド・テンパートン・インタビューNO.2 (1分56秒)
  • 19. クインシー・ジョーンズ・インタビューNO.5 (2分1秒)
  • 20. メリーゴーランド (当時のアウトテイク/完全未発表) (1分49秒)
  • 21. ナレーション 〜 クインシー・ジョーンズ・インタビューNO.6 (1分18秒)

関連作品

DANGEROUS アンソロジー INVINCIBLE ヒストリー パスト、プレズント 1
DANGEROUS / マイケル・ジャクソン アンソロジー / マイケル・ジャクソン INVINCIBLE / マイケル・ジャクソン ヒストリー パスト、プレズント 1 / マイケル・ジャクソン

ユーザーレビュー:5件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全5件

マイケルの魅力満載

投稿日:2008/02/17 レビュアー:totoro

 曲を耳にする度にDVDで見た画面が浮かびます。
肌の黒かった頃のマイケルの方がマイケルらしくて好きです。
同じことをレビューで言ってた人が居ました。他の人も同じ意見だと思います。
肌の色なんて関係ないと思うのは、そんな肌の色に関係ない社会で生きてきた人の戯言かも知れません。
でも、躍動感バリバリはあの褐色の肌にあったような気がします。あのギラギラした瞳も今はサングラスに覆われ滅多に見る事ができないのがとても残念です。
以前のようにもっと活躍して眼を耳を楽しませて欲しいです。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

不滅の名アルバム!!

投稿日:2006/07/28 レビュアー:琴線

 なんとあの「スリラー」、「ビート・イット」、「ビリージーン」、の3曲が続くだけでなく、2曲づつ前後に4曲、傑作が流れ、息もつかせぬ出来栄えのこのアルバム。何の説明もないでしょう。(ジャケットもいいよね)

マイケルの高音ののび、つや、パワー、何をとっても彼自身の他のアルバムとは比較にはなりません。あの「ビート・イット」という歌詞はほんとに凄い。「強いか、マッチョなんてどうでもいいことさ。争いから逃げるんだ」と言ってるのに、どういうわけか、「ぶん殴れ!」という誤訳もあったりして、憤概したものです。

私自身は「ヒューマン・ネイチャ-」「ザ・レディ・インマイ・ライフ」にも感激し、「君はおばあさんになっても僕のレディさ」という歌詞にますますむせび泣くこのごろです。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

釘付けマイ・アイズ

投稿日:2008/11/18 レビュアー:ビンス

キング・オブ・ポップ・・・だった頃のマイコーのモンスターアルバム。幼い頃から、マイコーの曲だと認識していなくてもテレビなどで曲が使われていて、あとで知ると「これもマイコーだったの!」ってことがたくさんありました。このアルバムには収録されていませんが「BAD」とかもそうですね。「志村けんのだいじょうぶだぁ」のコーナーに使われてました。ビートルズやマイコークラスになると好きじゃなくとも曲はなんらかの形で知っているものですね。「今夜はビ-ト・イット」「ビリ-・ジ-ン」なんて誰でも知ってるんじゃないでしょうか?
そしてその最たるもんが「スリラー」ではないでしょうか?
この曲との出会いは衝撃的でした。
小学生の頃だったと思いますが、市のお祭りを観るために出かけ、アーケード下に陣取り、山車が通るのを眺めていました。
ちょうど後ろがレコード店だったので、店の外にあるテレビからプロモーションビデオが流れていました。
山車が気になりながらも、そっちも気になるという状態・・・出会いは訪れます。なにやら妖しげでホラーテイストなものが映し出され、その時点でバケモノ好きのボクの好奇心はプロモに集中。
ストーリーにどんどん惹きこまれていきます。
女の子とデートしていたマイコーが突然バケモノになり、唄い、踊り、追いかけてくる・・・こちらの興奮はマックス。バケモノの見てくれに興味をそそられながらも、マイコーとゾンビたちの華麗なるダンスに目が、心が釘付け。
小屋に逃げ隠れる女の子、迫るゾンビ・・・絶体絶命のそのとき助けてくれたのはバケモノに変身したはずのマイコー・・・安堵する女の子、しかしその時マイコーの瞳がバケモノとしての光を放ちます・・・。
ダンス、曲、歌、ストーリー、エンディングどれをとっても傑作のこのプロモ・・・このあとエンドレスで流れ続けたので
ボクは祭そっちのけでずーっとプロモを観続けてました。

「ガ-ル・イズ・マイン」
ある友達二人の会話・・・
A「ガール・イズ・マインって曲知ってる?」
B「知らない」
A「マイコーとポールがデュエットしてる曲なんだけど」
B「ポール?・・・ポールってビートルズの?」
A「そう、元ビートルズのポール」
B「ビッグ・ネームどうしじゃん!どんな曲?」
A「どんな曲?・・・・まあお互いが「彼女は俺のもの」って延々言い  あってるだけの曲なんだけどね・・・・・・・」

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ちょい期待はずれ?

投稿日:2006/12/13 レビュアー:レビュアー名未設定

マイケルの唄は、とても良かったのだけど、インタビューのトラックが4つか5つ入っていたのだけど、残念ながらテレビと違い
コメントの字幕が無いので、さっぱり解らずで、仕方ないから
アルバムから削除しました。採点としては、ちょい辛い目の30点ってところかな?ん。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

あっぱれクインシー

投稿日:2006/08/08 レビュアー:レビュアー名未設定

売れまくるのも納得。オリジナルの9曲は、どれも捨て曲がなくて、よく覚えていないが、大半がシングルカットされて、それぞれ、シングルチャートもにぎわしたようなような記憶があります。

PマッカートニーとかEバンヘイレンあたりの参加は有名ですが、個人的には、ヒューマンネイチャーにおけるスティーブポーカロあたりに凄みを感じたりも。

マイケルが自分の世界に引きこもる前、クインシーの魅力もたっぷりと感じさせてくれる、歴史上の名作

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全5件

スリラー(リニューアル盤)