The Best Penny Lane / 吉田拓郎

The Best Penny Lane/吉田拓郎の画像・ジャケット写真
The Best Penny Lane / 吉田拓郎

全体の平均評価点(5点満点)

  • 4
  • CD
  • 2枚組
ジャンル : 
アーティスト : 
吉田拓郎

日本の音楽シーンに巨大な影響を与え続けている吉田拓郎。今まで彼が在籍した全てのレーベルから楽曲を集めた、“吉田拓郎・通史”ともいうべきコンプリート・ベスト・アルバムが遂に発表される。 JAN:4988018311560

The Best Penny Lane / 吉田拓郎

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
FLCF3771 1999年11月03日 8枚
1位登録者 : 2位登録者 :
0人 1人
曲目 :
  • 1. 今日までそして明日から (3分)
  • 2. どうしてこんなに悲しいんだろう (4分)
  • 3. 旅の宿 (2分)
  • 4. 我が良き友よ (4分)
  • 5. 言葉 (4分)
  • 6. 元気です (5分)
  • 7. 人間なんて (2分)
  • 8. イメージの詩 (6分)
  • 9. 青春の詩 (6分)
  • 10. せんこう花火 (2分)
  • 11. マークII (3分)
  • 12. おきざりにした悲しみは (3分)
  • 13. ビートルズが教えてくれた (4分)
  • 14. 地下鉄にのって (4分)
  • 15. 春だったね (3分)
  • 16. 人生を語らず (4分)
  • 17. 外は白い雪の夜 (6分)
  • 18. ともだち (4分)
  • 19. あヽ青春 (3分)
  • 20. 明日に向って走れ (4分)
  • 21. 流星 (4分)
  • 22. 大阪行きは何番ホーム (4分)
  • 23. 全部だきしめて〜tropical〜 (4分)
  • 24. 吉田町の唄 (5分)
  • 25. 祭りのあと (4分)
  • 26. 結婚しようよ (2分)
  • 27. シンシア (4分)
  • 28. 襟裳岬 (4分)
  • 29. 落陽 (3分)
  • 30. 唇をかみしめて (4分)
  • 31. たどり着いたらいつも雨降り (2分)
  • 32. アジアの片隅で (12分)
  • 33. 心の破片 (3分)
  • 34. 永遠の嘘をついてくれ (5分)
  • 35. 僕の人生の今は何章目ぐらいだろう (4分)

関連作品

176.5 Premium 1971-1975【Disc.1&Disc.2】 吉田拓郎 LIVE2016 From T【Disc.1&Disc.2】
176.5 / 吉田拓郎 Premium 1971-1975【Disc.1&Disc.2】 / 吉田拓郎 吉田拓郎 LIVE2016 / 吉田拓郎 From T【Disc.1&Disc.2】 / 吉田拓郎

ユーザーレビュー:4件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

拓郎さんと呼ぶよりも 拓郎と呼びすてたい(愛をこめて!)

投稿日:2007/07/20 レビュアー:KUBOCHIN

 1970年代の僕はフォークで小遣いをつぎ込んでのめりこんだシンガーソングライターということでは井上陽水のファンだった。でも僕にフォークギターの弾き方を教えてくれた同級生が拓郎の大ファンで、彼の家に遊びに行くたびに拓郎のアルバムから曲を聴かせてくれた御蔭で拓郎の曲にも思い入れはあります。

 先日、家内が部屋を片付けている時、机に積み上げられていたCD群の一番上にこのCDが見えただけのきっかけですが、ふと懐かし思いで聴いてみました。

 このページの上に紹介されているのは Disc 1 の19曲だけなので、ついでに Disc 2 に収録されている16曲も紹介すると、

 1. 明日(あす)に向って走れ
 2. 流星
 3. 大阪行きは何番ホーム
 4. 全部だきしめて~tropical~
 5. 吉田町の唄
 6. 祭りのあと
 7. 結婚しようよ
 8. シンシア
 9. 襟裳岬
 10. 落陽
 11. 唇をかみしめて
 12. たどり着いたらいつも雨降り
 13. アジアの片隅で
 14. 心の破片(かけら)
 15. 永遠の嘘をついてくれ
 16. 僕の人生の今は何章目ぐらいだろう

という選曲になっているんですが、ここでコアな拓郎ファンでもない僕が気づくくらいだから皆さん「あれ?」と思われているでしょう。そう、収録されて無いんですよね、タイトルにからむ「ペニーレインでバーボンを」が。これ、今でも憶えてますが上記のクラスメイトの家で初めて聴かせてもらったアルバム「今はまだ人生を語らず」のしょっぱなの曲でした。僕中三でしたから1974年ですが、神田川が歌詞の中に一法人の商標名を使ってアウトだったように、ペニーレイン・・では不適切な用語が歌詞に存在した為に発売後アルバムそのものも規制をかけられ、時を経たこのベスト盤でも選曲されなかったようです。

 1999年までのほぼ30年に亘る拓郎の歴史、今、歌詞を味わうと「昔の歌詞はちょっと理屈っぽいかなぁ〜」なんて思う部分も多いですが、本筋のフォークは勿論、地下鉄にのって や たどり着いたらいつも雨降り のような昔のポップ・テイストの作品から 全部だきしめて のような最近の作品まで、拓郎節は今も昔も不変ですね。個人的には シンシア が好きな僕です、やっぱり南沙織世代ですからね(笑)。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

今日までそして明日から

投稿日:2007/02/06 レビュアー:頑固煎餅

クレヨンしんちゃんモーレツ大人帝国の逆襲という映画で、昭和の町並みを再現した町を尋ねるときに掛かっていた曲。
探しました。そして見つけました。おぉ!!
これですよーいいねーよしだたくろう・・
(こら!年寄りくさいとかいうな!)
いいもん、いいんだってーこれ。
後、CoCCoがNHKで前今日までそして明日からを歌ってたんだけど・・(あれシングル化してくれないかな)
CoCCoが歌うと、また違う感じで素敵なのよね。(感)量も豊富だから、よしだたくろうの中ではこれがおススメかな。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

THE BEST PENNY LANE

投稿日:2006/11/02 レビュアー:レビュアー名未設定

まさに拓郎さんの歴史です、もちろんこの二枚で語りつくせるものではありませんが。
「永遠の嘘をついてくれ」は中島みゆきさんの楽曲です。名曲だと思います。拓郎さんの男らしい声と合っていてカッコイイです。
もっともっと自分らしく、もっともっと心のままに、もっと自由であっていいんだ、やさしくありたい、、と。拓郎さんの曲には一貫したスピリットが息づいています。いつまでもブレない拓郎さんが心の支えになってします。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

まるでディラン!

投稿日:2018/02/25 レビュアー:ジョーンジェットの犬


僕が子供の頃には拓郎は既にオッサンで、特に興味もありませんでした。
何かのきっかけで「ビートルズが教えてくれた」を聴いて、
拓郎がビートルズ?と気になって、このアルバムを聴きました。
父親が聴いていたので、知っている曲もたくさんありましたが、
ちゃんと聴いてみると、僕にはボブディランのように思えて、
こんなカッコイイ人とは思っていませんでした。
良い曲も多いし、グっとくるものもあって、聴いて良かったっス。
カッコイイぜ、拓郎!

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 4件 / 全4件

The Best Penny Lane