プロレスQ / プロレス

プロレスQ / プロレス

全体の平均評価点(5点満点)

  • 1
  • CD
  • 2枚組
  • 製作年 : 0年
ジャンル : 
アーティスト : 
プロレス

プロレスQ / プロレス

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
KICS2282 2011年10月30日 2枚
1位登録者 : 2位登録者 :
5人 2人
曲目 :
  • 1. 阿修羅 (3分57秒)
  • 2. Freddy Krugger (2分40秒)
  • 3. 刺客のうた (4分1秒)
  • 4. Fight For Your Life (6分36秒)
  • 5. War Game (4分32秒)
  • 6. Beautiful Challengers (3分35秒)
  • 7. ウェスタン ラリアート (3分33秒)
  • 8. パワー ホール (3分4秒)
  • 9. ビューティフル フライト (2分36秒)
  • 10. Leather Face (4分15秒)
  • 11. One Way To The World (4分6秒)
  • 12. バックランド ストレート (3分9秒)
  • 13. Muta (3分38秒)
  • 14. The Red Spectacles (2分23秒)
  • 15. Lost And Found (5分31秒)
  • 16. First Attack (3分59秒)
  • 17. Danger Zone (3分45秒)
  • 18. Separados (3分35秒)
  • 19. Sharp Dressed Man (4分18秒)
  • 20. Black Soldier (2分54秒)
  • 21. ストロング ハッグ (3分39秒)
  • 22. サーベル タイガー (3分20秒)
  • 23. アメリカン ドリーム (3分27秒)
  • 24. Uwfプロレス メインテーマ (2分38秒)
  • 25. ジャイアント プレス (3分23秒)
  • 26. ドラゴン スープレックス (2分50秒)
  • 27. みちのくプロレスのテーマ (4分7秒)
  • 28. チャイニーズ カンフー (3分30秒)
  • 29. ストロング マシーン We Are No.1 (5分48秒)
  • 30. 地獄へ堕ちろ! (3分42秒)

関連作品

DRAGON GATE OFFICIAL SOUND TRACK OPEN THE MUSIC GATE 2014【Disc.3】 輸〉Look Up Sing Out.. 輸〉Jazz Chillout [Blu 輸〉Best of Lollipop R
DRAGON GATE OFFICIAL SOUND TRACK OPEN THE MUSIC GATE 2014【Disc.3】 / プロレス 輸〉Look Up Sing Out.. / プロレス 輸〉Jazz Chillout [Blu / プロレス 輸〉Best of Lollipop R / プロレス

ユーザーレビュー:1件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

昭和の香りが。。。

投稿日:2012/10/03 レビュアー:ミツゴン

「懐かしい」の一言です。1980年代の黄金期を思い出させてくれる曲が満載です。
1年かかり、ようやくレンタルできました。記憶に残っていることを記します。30年以上も前のことです、間違っていたらすみません。

○ウエスタン・ラリアート・・・言わずと知れた「ブレーキの壊れたダンプカー」ことスタン・ハンセン。
しかし、全日時代の「サンライズ」のほうがピッタシですね。

○パワーホール・・・「革命戦士」こと長州力。今も現役で頑張ってます。

○ビューティフル・フライト・・・レッグラリアートの木村健吾(当時はこの表記だと思います)のテーマ曲。

○バックランド・ストレート・・・WWWFヘビー級チャンピオンのボブ・バックランド。この頃はWWWFかWWFか記憶が定かではありません。

○MUTA・・・グレート・カブキの息子ことグレート・ムタ(ギミックです。本当の親子ではありません)

○THE RED SPECTACLES・・・ソ連軍団。猪木の格闘技路線がネタ切れとなり、迷走しだしました。

○デンジャー・ゾーン・・・G.馬場の直弟子の「フッチー」こと渕正信。現在もボディ・スラムで会場を沸かしてくれます。
オリジナル曲は「フット・ルース」で聴くことができます。

○ストロング・ハッグ・・・元国際プロレスのエース ストロング小林(のちにストロング金剛)。風雲たけし城ではプロレス以上に活躍?

○サーベル・タイガー・・・インドの狂虎タイガー・ジェット・シン。リング上で田中リング・アナがサーベルで襲われるシーンがよぎりました。
全日時代のテーマ「吹けよ風、呼べよ嵐」はやっぱりA.T.ブッチャーの曲です。シンにはこのテーマ曲が似合っています。

○アメリカン・ドリーム・・・アメリカでは超人気のダスティ・ローデス。当時猪木が嫌っていた典型的アメリカンスタイルの選手でした。

○ジャイアント・プレス・・・「一人民族の大移動、動く人間山脈」ことアンドレ・ザ・ジャイアント。田コロでのハンセン戦はプロレスの真髄でした。

○ドラゴン・スープレックス・・・藤波辰巳(現・藤波辰爾)の若かりし頃のテーマ曲。でも現在使用中。

○チャイニーズ・カンフー・・・「全日本の若大将」ことジャンボ鶴田。青と赤のツートンのパンツ&白抜きの☆マークを思い出します。
田コロのマスカラス戦の入場は当時としては派手でした。なお、オリジナルは「ソウルトレイン天国」で聴くことができます。スカイハイも。

この頃の入場テーマ曲は聞くだけで選手の名前が思い浮かんできます。
最後に、プロレスQのシリーズ(西では在庫切れ)を西日本地区でも早くレンタル開始してください。東日本地区を優先しないで下さい。 

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 1件 / 全1件

プロレスQ