ベスト・オブ・フィル・コリンズ / フィル・コリンズ

ベスト・オブ・フィル・コリンズ / フィル・コリンズ

全体の平均評価点(5点満点)

  • 4
  • CD
  • 製作年 : 1998年
ジャンル : 
アーティスト : 
フィル・コリンズ

(1)アナザー・デイ・イン・パラダイス(2)トゥルー・カラーズ(3)イージー・ラヴァー(フィリップ・ベイリー・ウィズ・フィル・コリンズ)(4)恋はあせらず(5)ツー・ハーツ(6)雨にお願い(7)見つめて欲しい(8)ウェイ・トゥ・ヘヴン(9)セパレート・ライヴス(フィル・コリンズ・アンド・マリリン・マーチン)(10)ボース・サイズ・オブ・ザ・ストーリー(11)ワン・モア・ナイト(12)ススーディオ(13)ダンス・イントゥ・ザ・ライト(14)恋はごきげん(15)夜の囁き(16)テイク・ミー・ホーム (品番:WPCR2222の収録内容) JAN:4943674222223

ベスト・オブ・フィル・コリンズ / フィル・コリンズ

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
WPCR2222 1998年10月05日 8枚
1位登録者 : 2位登録者 :
1人 1人
曲目 :
  • 1. アナザー・デイ・イン・パラダイス (5分22秒)
  • 2. トゥルー・カラーズ (4分34秒)
  • 3. イージー・ラヴァー (5分3秒)
  • 4. 恋はあせらず (2分53秒)
  • 5. ツー・ハーツ (3分24秒)
  • 6. 雨にお願い (5分29秒)
  • 7. 見つめて欲しい (3分25秒)
  • 8. ウェイ・トゥ・ヘヴン (4分51秒)
  • 9. セパレート・ライヴス (4分7秒)
  • 10. ボース・サイズ・オブ・ザ・ストーリー (6分37秒)
  • 11. ワン・モア・ナイト (4分46秒)
  • 12. ススーディオ (4分22秒)
  • 13. ダンス・イントゥ・ザ・ライト (4分23秒)
  • 14. 恋はごきげん (3分30秒)
  • 15. 夜の囁き (5分30秒)
  • 16. テイク・ミー・ホーム (5分53秒)

関連作品

バット・シリアスリー 2CDデラックス・エディション フィル・コリンズ 3(ノー・ジャケット・リクワイアド) バット・シリアスリー ボース・サイズ 2CDデラックス・エディション
バット・シリアスリー 2CDデラックス・エディション / フィル・コリンズ フィル・コリンズ 3(ノー・ジャケット・リクワイアド) / フィル・コリンズ バット・シリアスリー / フィル・コリンズ ボース・サイズ 2CDデラックス・エディション / フィル・コリンズ

ユーザーレビュー:4件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

ベストヒット

投稿日:2006/07/26 レビュアー:ワンダーキティ

ベストだからいい曲ばっかり入ってるんですけど
特に3曲目のイージー・ラヴァーが大好き
イントロがなったらキャ〜っていう感じで踊りだしたくなります
以前この曲のプロモーションビデオみたら
フィリップ・ベイリーとフィル・コリンズ
がおちゃめでかわいいんです。
見る機会があったらプロモーションビデオもおすすめです。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

フィルおぢさんはいかがですか?

投稿日:2010/05/14 レビュアー:TOMY

フィル・コリンズは、おもに80年代〜90年代に活躍してたイギリスのミュージシャン。
ジェネシスではドラマーとして入ったけれど、ピーター・ガブリエル脱退後はボーカルも担当。
確か「バリライト」(コンサートでぐるぐる回る照明)も発明したんだか何だかで、確か権利も持っていたと思う(雑ですみません)…何でもできるマルチな人なイメージ。
軽やかな曲、クリアな声が、聴いていて本当に気持ちいい。
バラードも胸に響いて、いいんですよ。
もし知らないかたでも、ジェネシスの「インビジブル・タッチ」は今、朝のフジテレビの番組のオープニングに使われてるから、聞いたことのあるかたも多いはず。
ディズニー映画「ターザン」でも音楽を担当し、私はそれ目当てに観に行ったっけ。
映画も意外に良かったのだけど、テーマ曲の「You'll be in my Heart」が大好きで、サントラも所持してます。
その曲の前に発売されたアルバムなのでその曲は入ってないけど、
シュープリームス「恋はあせらず」、シンディ・ローパーの「True colors」のカヴァー(ベイビー・フェイスのプロデュース)、フィリップ・ベイリーとのデュエット「Easy Lover」もあり、「Two Heart」、「A Groovy Kind of Love」、「Take me Home」などなど、すべてが大ヒットの16曲。
かっちょい〜い!
98年発売のこのアルバム、「ワーナー・スーパー・ベスト40(初回生産限定) !」
というシリーズで最近、1500円で再販されてます。
私もそ〜んなには洋楽に詳しくはないけど、80年代〜にちょっとでも洋楽を聴いていたかたに、これは是非!

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

楽しめる一枚

投稿日:2006/06/20 レビュアー:レビュアー名未設定

ジェネシスのドラマー兼ボーカルとしても大活躍した彼ですが、ソロ活動でのヒット曲の方が一般的には印象深いと思います。
このアルバムの半分は全米でNO.1になった曲だと聞いています。
MTVで見た「恋はあせらず」ではシュープリームスを意識したような三役で歌うのフィル・コリンズの映像が最高です。事情が許すならエド・サリバン・ショーなどでシュープリームスがこの曲を歌った時の映像も比較してご覧頂きたいかも。)
シンディ・ローパーの歌った「トゥールー・カラー」も彼が歌うと違った魅力を持って聞こえます。
尚、ご存知の方は多いとは思いますが「イージー・ラヴァー」で共演のフィリップ・ベイリーはアース・ウィンド・アンド・ファイアーのボーカリストです。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

蘇るベストヒットUSA

投稿日:2006/03/29 レビュアー:aiai

ベストヒットUSAというテレビ番組を筆頭に、各局こぞって洋楽ベストテンをやってた時期があった。懐かしい。

そんな頃、常にヒットチャートのトップにいたのがフィルコリンズ
彼の歌声はなんていうか、BZのボーカルに近いようなとがった高音で独特ですね。

“見つめて欲しい”は映画のサントラ(映画はいまいちだった)で大ヒットしました。ビデオクリップは三色のカクテルグラスみたいな映像で印象に残ってる。名曲です。他にも名曲たくさんあって、このアルバムはおいしいかも。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 4件 / 全4件

ベスト・オブ・フィル・コリンズ