ロメオの心臓 / BLANKEY JET CITY

ロメオの心臓 / BLANKEY JET CITY

全体の平均評価点(5点満点)

  • 4
  • CD
ジャンル : 
アーティスト : 
BLANKEY JET CITY

(1)パイナップルサンド(2)ぼくはヤンキー(3)VIOLET FIZZ(4)彼女は死んだ(5)君の手のひらに(6)スクラッチ(7)赤いタンバリン(8)ロメオ(9)HAPPY SUNDAY MORNING(10)古い灯台(11)幸せな人(12)ドブネズミ(13)小さな恋のメロディ(14)ハツカネズミ JAN:4988005217066

ロメオの心臓 / BLANKEY JET CITY

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
POCH1708 1998年06月24日 13枚
1位登録者 : 2位登録者 :
0人 0人
曲目 :
  • 1. パイナップルサンド (4分49秒)
  • 2. ぼくはヤンキー (1分44秒)
  • 3. VIOLET FIZZ (4分15秒)
  • 4. 彼女は死んだ (5分48秒)
  • 5. 君の手のひらに (4分55秒)
  • 6. スクラッチ (4分3秒)
  • 7. 赤いタンバリン (3分50秒)
  • 8. ロメオ (3分9秒)
  • 9. HAPPY SUNDAY MORNING (2分50秒)
  • 10. 古い灯台 (2分22秒)
  • 11. 幸せな人 (6分13秒)
  • 12. ドブネズミ (5分40秒)
  • 13. 小さな恋のメロディ (4分33秒)
  • 14. ハツカネズミ (5分1秒)

関連作品

Red Guitar and The Truth 幸せの鐘が鳴り響き 僕はただ悲しいふりをする HARLEM JETS BLANKEY JET CITY 1997-2000
Red Guitar and The Truth / BLANKEY JET CITY 幸せの鐘が鳴り響き 僕はただ悲しいふりをする / BLANKEY JET CITY HARLEM JETS / BLANKEY JET CITY BLANKEY JET CITY 1997-2000 / BLANKEY JET CITY

ユーザーレビュー:4件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

わたしも。

投稿日:2007/10/07 レビュアー:

赤いタンバリンがすき。ベンジーの声がすき。

そしてわたしは、黒いタンバリンを買って、玄関のところにひっかけている。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

このアルバム全体じゃないけれど

投稿日:2007/10/06 レビュアー:アンブロシア

私の彼が聴いていて好きになった曲。
”僕が君を好きなのは、君が赤いタンバリンを上手に打つから”
という歌詞を、

「このタンバリンは僕の心臓、恋心ってことなんだよ。僕をどきどきさせるから君が好き、ってことなんだ」
と解釈し、得意げに教えてくれた。

僕が君を好きなのは理由なんかなくて、ただ僕が好きだから。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

PEACE MARKを送る。

投稿日:2007/06/25 レビュアー:tomio

ブランキーといえば、中学から好きになり
高校では授業中も聞いていた。
ラストダンスに行った。
もちろん解散した今でも大好き。
シャーベッツもベンジー個人も好き。
ベンジーをこよなく愛す椎名林檎のアルバム
『無罪モラトリアム』も名盤。

私のブランキーのお気に入り。『ロメオ』『赤いタンバリン』『悪いひとたち』『水色』『SWEET DAYS』『クリスマスと黒いブーツ』『Bang!』『ICE CANDY』『SKUNK』『風になるまで』

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

世間に届く味付け

投稿日:2008/10/30 レビュアー:ビンス

初回盤がとっても収納し辛い大きさを誇るアルバムです。・・・というのはレビューとまったく関係ない情報ですね。

打ち込みを取り入れたことによってベンジーと達っつあんの間で意見が対立したアルバム。
結果的にはブランキー史上一番売れました。

「パイナップルサンド」
うねるドラムのビートから始まるこの曲。
それだけで既にアドレナリン分泌量はかなりのものになりますが、ベンジーのギターのリフもカッコイイ!
階段の手すりで額を切ったお話の歌。

「ぼくはヤンキ-」
凄く短い曲。
ライヴでの照井さんの絶叫が堪りません!
これは断然ライヴがいい。

「彼女は死んだ」
照井さんのベースとベンジーのギターが炸裂するロカビリーっぽい?曲。一度も海を見ることなく死んだ女性のお話の歌。

「赤いタンバリン」
「ポップジャム」のオープニングだかエンディングに使用されていた。浅井嫌いなボクの妻が唯一「これは聴ける」という一曲。

「ロメオ」
ただただカッコイイ。
やはりこの3人が作り出すグルーヴは他にナシ!

などなど他にもステキでゴキゲンな曲が詰まった、ブランキーの中では聴き易いほうのアルバムだと思います。
そのためお互いを削り合いながらも、一つの奇跡の結晶を生むような本来の雰囲気が少し薄いですね。
だからこそ、いつもより万人受けしたのでしょうかね。

アルバムの写真で野球やってますね。
確かミスチルとも野球やったりするという話をどっかで聴いたような・・・。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 4件 / 全4件

ロメオの心臓