パブロ・ハニー / レディオヘッド

パブロ・ハニー / レディオヘッド

全体の平均評価点(5点満点)

  • 6
  • CD
ジャンル : 
アーティスト : 
レディオヘッド

●ご注意●
本作品の収録曲は以下の通りです。
レンタル予約される際、ご注意ください。

【収録曲】
1: ユー
2: クリープ
3: ハウ・ドゥ・ユー?
4: ストップ・ウィスパリング
5: 君への想い
6: エニイワン・キャン・プレイ・ギター
7: リップコード
8: ヴェジタブル
9: プルーヴ・ユアセルフ
10: アイ・キャント
11: ラーギー
12: ブロウ・アウト
13: ポップ・イズ・デッド
14: インサイド・マイ・ヘッド
15: ミリオンダラー・クエスション
16: クリープ(ライヴ)
17: リップコード(ライブ)

パブロ・ハニー / レディオヘッド

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
TOCP50605 2007年03月04日 48枚
1位登録者 : 2位登録者 :
0人 2人
曲目 :
  • 1. ユー (3分28秒)
  • 2. クリープ (3分56秒)
  • 3. ハウ・ドゥ・ユー (2分12秒)
  • 4. ストップ・ウィスパリング (5分26秒)
  • 5. 君への想い (2分41秒)
  • 6. エニイワン・キャン・プレイ・ギター (3分38秒)
  • 7. リップコード (3分10秒)
  • 8. ヴェジタブル (3分12秒)
  • 9. プルーヴ・ユアセルフ (2分26秒)
  • 10. アイ・キャント (4分13秒)
  • 11. ラーギー (3分8秒)
  • 12. ブロウ・アウト (4分40秒)
  • 13. ポップ・イズ・デッド (2分13秒)
  • 14. インサイド・マイ・ヘッド (3分12秒)
  • 15. ミリオン・ダラー・クエスション (3分18秒)
  • 16. クリープ(ライヴ) (4分5秒)
  • 17. リップコード(ライヴ) (3分13秒)

関連作品

ザ・ベスト・オブ OKコンピューター(期間限定プライス盤) ザ・ベンズ コム・ラグ:2+2=5
ザ・ベスト・オブ / レディオヘッド OKコンピューター(期間限定プライス盤) / レディオヘッド ザ・ベンズ / レディオヘッド コム・ラグ:2+2=5 / レディオヘッド

ユーザーレビュー:6件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全6件

なにがなんでもラジオ頭派。

投稿日:2007/08/19 レビュアー:

お小遣いには制限がある。自然、CDを買う枚数が制限され、優先順位をつけることになる。わたしの場合。買わなくてもラジオや街で流れる曲、10年後にも簡単に手に入ると思われるもの、は後回しになり、逆に今買っとかなきゃ廃盤になりそうなもの、手に入れるのが困難になりそうなもの、買わないと聞けないものを優先する。で、1993年、周囲から、絶対お前はこいつら好きやで、と言われて頭に自然刻まれたバンド名だけれど、購入リストの優先順位はすごく低い位置にあった。

だから、購入は2000年を超えていたと思う。

ザ・スミス→エコー&ザ・バニーメン(ピートの死後は除く)→マイ・ブラッデイ・バレンタイン→ニルヴァーナが常にわたしの中心で鳴り響いていたところの延長にレディオ・ヘッドが付け加えられることになる。

CDを購入前は、マルタン・マルジェラの紺のジャケットをかっこよくスリムに着た神経質そうな男、それがトム・ヨークであり、わたしの中のレディへだった。
曲を聞く前に、ライブに行った。ちょうど今頃で、野外だった。土手に座りながら、聞くトム・ヨークの声に、すごくこころやきもちや、なんだか分からないからだの中じゅうをかき乱されたことだけはしっかり覚えている。ギターの音も、自分の血の中に入ってくるくらい、親密で個人的な感情が入ってきた。

お金に余裕のある今は、病気でライブこそ行けなくなったものの、かわりに全てのアルバムを手に入れることができた。学生の時の予想通り、レディへは簡単に手に入れられる状態にある。すばらしいバンドはいつまでも残る。パブロ・ハニーはデビューアルバムにもかかわらず、すでに貫禄さえある。もう、ほんとに何度聞いてもたまらない、クリープもここにある。ライナーの田中さんの解説で気づいたのだけど、クリープはなんとあんなドラマチックな展開なのに、4つしかコードを使っていない。これは言われて気づいて、ほんとに驚いた。その4つのコードのうち1つは前のコードのセブンスかなんかちょっと1音ずらしただけのもので、3つと半といってもいい。すげー。才能なんだろうな。ユーやシンキン・アバウト・ユーのようなロマンチックなものもすきだけど、リップコードのさびの不安定な落下のしていき方もめまいがしてすき。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

 ラ? リ? ル?  “レ”ディオヘッド!

投稿日:2009/08/14 レビュアー:(` ♭゜ ´)y⌒・

 初めて彼らを見たのは深夜の音楽番組。
その時歌っていたのが『クリープ』 やわらかなメロディに、突然鳴り響くギター音。
 翌日、私はあの破けたギター音が耳から離れず近所のレコードショップを覘いた。

「ラジオ・ヘッドのCD置いてませんか?」
「……?」
首をかしげる店員

(・・・どうやらレア物なのか?)

 そう感じた私は休日を掛けて新宿・渋谷のレコードショップを巡り
ようやく何件目かで、嬉しくも恥ずかしいヒントを貰う。

「ラジオ・ヘッドのCD置いてませんか?」
「ラジオ…? あ! レディオヘッドね^ ^」

(・・・青ざめる私V V;)

「まだ出ていませんねー」
と即答する束ねた黒髪が素敵なお兄さん^ ^

(お兄さんもファン? ・・・なぬ! まだ出てない・・・
という事は新人バンド? ^ ^黄金発掘?!)

 という事で、私の黄金発掘の旅は始まるのだが
ひと月、ふた月、掘っても見つからず。三月、四月・・・
と諦めかけた頃、近所のレコードショップにそれはあった。

 それは、まさしく黄金!

 黄色の花≠フジャケット。顔を覗かせるモノクロのかわいい赤ちゃん。
そして、斬新なロゴ・・・

 『 r a d i o h e a d 』
 ラ x x 、、 “レ”ディオヘッド!! ^ ^;


 ブルース、フォーク、カントリー、パンク、サイケ
そして、私の嫌いなはずのプログレまでも上手く取り入れた感じのこのアルバム。

 デビューアルバムにして、これだけのアンサンブルと
アコギ一本でも通用するトムの表現力・・・
 一体どれだけの可能性を彼らは秘めているのだろう。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

RADIOHEADストーリーの始まり

投稿日:2007/03/05 レビュアー:わんわん

□発売年:1993年発売
□アルバム:1stアルバム
□聞いた方が良い度:★★★☆☆

ここ数年からRADIOHEADを聴き始めた人は意外に思うんではないだろうか。

初期レディオヘッドは現在にも通じるメランコリックな部分を持ち合わせつつも、ガレージ・ロックの様な荒削りな面も持ち合わせていた。

2曲目の「Creep」は今や伝説的な曲といっても過言ではない。
単純なコード進行ながら、トム・ヨークの歌声とギターの繊細で荒い音が混じり合い、まさに名曲である。

現在のRADIOHEADとは違う、「ROCK」な部分を多聞に持ち合わせた本アルバムはまさに彼らのスタートラインを表現したものである。

彼らを語る上でこのアルバムは絶対に外せない1枚である。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

いまだに

投稿日:2009/10/22 レビュアー:かなえ

わたしのなかではいまでもCreepが名曲です。すごく好き!

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

泣き出しそうなあたたかい声

投稿日:2008/03/17 レビュアー:改め音女(おとめ)

creep涙が出ちゃうよね。
声がきれい。
音がきれい。
詩がきれい。

Radioheadってすっごく変わってるよね、人として。考えが。
守りに入らないというか、きれい好きというか、
弱いというか、強いというか。

最近の彼らとはまた違う、
陽だまりのような子ウサギのような、
春っぽい感じが、好きです。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全6件

パブロ・ハニー