ザ・ビートルズ 1967年〜1970年(青盤) / ザ・ビートルズ

ザ・ビートルズ 1967年〜1970年(青盤) / ザ・ビートルズ

全体の平均評価点(5点満点)

  • 7
  • CD
  • 2枚組
ジャンル : 
アーティスト : 
ザ・ビートルズ

解散から3年後の1973年にリリースし世界中で大ヒットを記録したベスト・アルバム。
●ご注意ください●
トラックリストに「2009 Digital Remaster」と記載がありますが、本作品は「2009 Digital Remaster」盤ではありません。

ザ・ビートルズ 1967年〜1970年(青盤) / ザ・ビートルズ

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
TOCP51129 1998年03月11日 25枚
1位登録者 : 2位登録者 :
3人 0人
曲目 :
  • 1. ストロベリー・フィールズ・フォーエバー (4分8秒)
  • 2. ペニー・レイン (3分2秒)
  • 3. サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド (2分1秒)
  • 4. ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ (2分44秒)
  • 5. ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンド (3分28秒)
  • 6. ア・デイ・イン・ザ・ライフ (5分6秒)
  • 7. 愛こそはすべて (3分49秒)
  • 8. アイ・アム・ザ・ウォルラス (4分35秒)
  • 9. ハロー・グッドバイ (3分29秒)
  • 10. ザ・フール・オン・ザ・ヒル (3分)
  • 11. マジカル・ミステリー・ツアー (2分49秒)
  • 12. レディ・マドンナ (2分19秒)
  • 13. ヘイ・ジュード (7分8秒)
  • 14. レボリューション (3分24秒)
  • 15. バック・イン・ザ・U.S.S.R. (2分46秒)
  • 16. ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス (4分47秒)
  • 17. オブ・ラ・ディ,オブ・ラ・ダ (3分11秒)
  • 18. ゲット・バック (3分13秒)
  • 19. ドント・レット・ミー・ダウン (3分35秒)
  • 20. ジョンとヨーコのバラード (2分59秒)
  • 21. オールド・ブラウン・シュー (3分21秒)
  • 22. ヒア・カムズ・ザ・サン (3分7秒)
  • 23. カム・トゥゲザー (4分19秒)
  • 24. サムシング (3分2秒)
  • 25. オクトパス・ガーデン (2分53秒)
  • 26. レット・イット・ビー (3分52秒)
  • 27. アクロス・ザ・ユニヴァース (3分47秒)
  • 28. ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード (3分38秒)

関連作品

ホワイト・デイ・ボックス ミート・ザ・ビートルズ<JAPAN BOX>【Disc.1&Disc.2】 輸〉TALK DOWNUNDER / A サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(通常盤)(2CD)
ホワイト・デイ・ボックス / ザ・ビートルズ ミート・ザ・ビートルズ<JAPAN BOX>【Disc.1&Disc.2】 / ザ・ビートルズ 輸〉TALK DOWNUNDER / A / ザ・ビートルズ サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(通常盤)(2CD) / ザ・ビートルズ

ユーザーレビュー:7件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全7件

青盤は全28曲

投稿日:2006/07/31 レビュアー:横浜のタマ

赤盤に収められている曲はつい歌詞が口をついて出てきて歌ってしまうのですが(記憶力が最高によい年頃でした)青盤になると聞き入ってしまうのは記憶力のせいばかりではなく思索的要素が濃くなっているからでしょう。
ジャケットに写っている4人も青盤になるとポールを除くと修験者みたいな風貌になってます。
もうもう名曲ばっかりなのですが『HERE COMES THE SUN』が穏やかに心安らぎます。ジョージが親友エリック・クラプトンの家の庭での開放感をそのまま表現したということですが、一人の女性を巡る有名なごたごたの前のお話なんでしょう。
この曲はかの『LET IT BE』の前触れのようでもあり不思議な力強さがあります。
アルバム『ABBEY ROAD』がやっぱり最高!

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

久々に聞きました

投稿日:2008/10/29 レビュアー:チャチャ

昔のことですが、レコードは数枚もっていました。プレーヤーも無くなり、聞くことも無くなりました。たまたまFM放送で曲がかかり、懐かしく全曲が聴きたくなりました。今回青版を借りましたが、次回赤版も借りようと思っています。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

さすが!ビートルズ

投稿日:2007/10/19 レビュアー:なっちゃん

よく知ってる曲ばかりで感激でした。
赤盤の方も聞きたくなった!

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

青版最高です。

投稿日:2017/05/17 レビュアー:AraTcchan

やっぱり、いいですね。赤版よりも洗練されたベスト盤の青版。最高です。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

時代の流れと進歩を感じる

投稿日:2010/09/19 レビュアー:mdsn.ave-727

若かりし頃、赤盤の方ばかり聴いていた。
作品自体もビートルズが若くて全盛期の頃、ロックとして勢いがある。

こちらのほうはしっとりとした作品が多く、色々な経験をして歳を重ねなければ重みが分からなかった。


DISC 1 9曲目「HELLO,GOODBYE」 11曲目「MAGICAL MYSTERY TOUR」 14曲目「REVOLUTION」

DISC 2 6曲目「THE BALLAD OF JOHN AND YOKO 」12曲目「LET IT BE」 13曲目 「ACROSS THE UNIVERSE」

この辺は色々経験して歳をかさねないと重みが分からなかった。
この辺の和訳読みながら聴いてソロの「Imagin」聴くと泣けてきます。

いつの時代もこの繰り返しなのだなと思えた。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全7件

ザ・ビートルズ 1967年〜1970年(青盤)