ロイヤル・ストレート・フラッシュ / 沢田研二

ロイヤル・ストレート・フラッシュ / 沢田研二

ロイヤル・ストレート・フラッシュ / 沢田研二

レンタル開始日:2010年07月11日

収録時間:


全体の平均評価点:

全体の平均評価点(5点満点)

3


全体の平均評価点:

CD

製作年 : 1979年

ジャンル:

アーティスト : 沢田研二

ジャンル

アーティスト

沢田研二

CD

ロイヤル・ストレート・フラッシュ / 沢田研二

旧作

記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
UPCY6091 2010年07月11日 9枚
1位登録者 : 2位登録者 :
1人 0人
曲目 :
  • 1. カサブランカ・ダンディ (4分27秒)
  • 2. ダーリング (3分53秒)
  • 3. サムライ (5分8秒)
  • 4. 憎みきれないろくでなし (3分39秒)
  • 5. 勝手にしやがれ (3分27秒)
  • 6. ヤマトより愛をこめて (4分28秒)
  • 7. 時の過ぎゆくままに (3分19秒)
  • 8. 危険なふたり (3分20秒)
  • 9. 追憶 (4分44秒)
  • 10. 許されない愛 (3分52秒)
  • 11. あなたに今夜はワインをふりかけ (4分53秒)
  • 12. LOVE (抱きしめたい) (5分13秒)

記番

UPCY6091

レンタル開始日

2010年07月11日

在庫枚数

9枚

1位登録者

1人

2位登録者

0人

曲目 :

1. カサブランカ・ダンディ (4分27秒)
2. ダーリング (3分53秒)
3. サムライ (5分8秒)
4. 憎みきれないろくでなし (3分39秒)
5. 勝手にしやがれ (3分27秒)
6. ヤマトより愛をこめて (4分28秒)
7. 時の過ぎゆくままに (3分19秒)
8. 危険なふたり (3分20秒)
9. 追憶 (4分44秒)
10. 許されない愛 (3分52秒)
11. あなたに今夜はワインをふりかけ (4分53秒)
12. LOVE (抱きしめたい) (5分13秒)

ユーザーレビュー

3

今、映画を観る気力が御座いません

ギャンブラー

体調悪くて一日中寝てました。
でも、寝ながら音楽は聞けますと言うか、慰めになります。
パソコンの前に座ってるのも長い間はきついです。

これは、沢田研二(通称ジュリー)のオリジナル版です。
殆どヒット曲ばかり。
確認してませんが、作詞は“安井かずみ”一番多かった様な気がします。
その次は“阿久悠”かな。

当時のジュリーは派手な衣装が有名で、プロの歌手仲間達も、次は
どんな衣装で現れるのかと楽しみにしていた時代がありました。

この中でお気に入りの曲は1曲目の“阿久悠”作詞の『カサブランカ・ダンディー』です。
これは映画『カサブランカ』とそこで主演の“ハンフリー・ボガード”(通称ボギー)をモチーフにしたものと思われます。
この歌の中でとても好きな1節があります。
「ボギー、ボギー、あんたの時代は良かった、男がピカピカのキザでいられた〜」と言う所です。
そんなの、甘いと思われるかもしれないけど、私はこう言うのがエンターテインメントだと思います。

ついでに、アルバムから離れますが、ボギーが亡くなる時の最後の一言は
「good by kids」と言ったそうです。
これも、ハンフリー・ボガードの名を聞くたびに、いつも思い出します。

やはり、私の世代は“ボギー”に痺れます。

シンガーとしての個性が光ります

せるじおH

昨今は自分たちで曲と詩を書いて唄うというスタイルが主流で、個性派といっても自分達で作っているのである意味当たり前ですよね。しかし、この人は職業としてシンガーという形で他人の曲を歌いながらも類まれなキャラクターを示すのがスゴイですね。今後なかなかこんな感じの強烈なプロ意識を持った人はでてこないかも、と思います。カラオケでも重宝します

毎日聴いてます

ムーンライト

ジュリー世代でない私でもほとんどの曲を知っています。
どこかで耳にしたり目にしたり。
衣装やメイクもキレイだったし、何より”セクシー”でした。

今聴いても全てイイ曲ばかりです!
先日、山下智久がTVで大好きな曲として「勝手にしやがれ」を歌っていました。
微セクシーで山Pも好きだけど、高温から低音まで音域が広いのはジュリーですね。
山Pまだまだ。がんばれ!

1〜 3件 / 全3件

Royal Straight Flush 1980-1996 愛の逃亡者/THE FUGITIVE 単純な永遠 A WONDERFUL TIME
Royal Straight Flush 1980-1996 / 沢田研二 愛の逃亡者/THE FUGITIVE / 沢田研二 単純な永遠 / 沢田研二 A WONDERFUL TIME / 沢田研二

ユーザーレビュー:3件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

今、映画を観る気力が御座いません

投稿日:2011/12/27 レビュアー: ギャンブラー

体調悪くて一日中寝てました。
でも、寝ながら音楽は聞けますと言うか、慰めになります。
パソコンの前に座ってるのも長い間はきついです。

これは、沢田研二(通称ジュリー)のオリジナル版です。
殆どヒット曲ばかり。
確認してませんが、作詞は“安井かずみ”一番多かった様な気がします。
その次は“阿久悠”かな。

当時のジュリーは派手な衣装が有名で、プロの歌手仲間達も、次は
どんな衣装で現れるのかと楽しみにしていた時代がありました。

この中でお気に入りの曲は1曲目の“阿久悠”作詞の『カサブランカ・ダンディー』です。
これは映画『カサブランカ』とそこで主演の“ハンフリー・ボガード”(通称ボギー)をモチーフにしたものと思われます。
この歌の中でとても好きな1節があります。
「ボギー、ボギー、あんたの時代は良かった、男がピカピカのキザでいられた〜」と言う所です。
そんなの、甘いと思われるかもしれないけど、私はこう言うのがエンターテインメントだと思います。

ついでに、アルバムから離れますが、ボギーが亡くなる時の最後の一言は
「good by kids」と言ったそうです。
これも、ハンフリー・ボガードの名を聞くたびに、いつも思い出します。

やはり、私の世代は“ボギー”に痺れます。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

シンガーとしての個性が光ります

投稿日:2016/11/25 レビュアー: せるじおH

昨今は自分たちで曲と詩を書いて唄うというスタイルが主流で、個性派といっても自分達で作っているのである意味当たり前ですよね。しかし、この人は職業としてシンガーという形で他人の曲を歌いながらも類まれなキャラクターを示すのがスゴイですね。今後なかなかこんな感じの強烈なプロ意識を持った人はでてこないかも、と思います。カラオケでも重宝します

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

毎日聴いてます

投稿日:2012/03/06 レビュアー: ムーンライト

ジュリー世代でない私でもほとんどの曲を知っています。
どこかで耳にしたり目にしたり。
衣装やメイクもキレイだったし、何より”セクシー”でした。

今聴いても全てイイ曲ばかりです!
先日、山下智久がTVで大好きな曲として「勝手にしやがれ」を歌っていました。
微セクシーで山Pも好きだけど、高温から低音まで音域が広いのはジュリーですね。
山Pまだまだ。がんばれ!

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 3件 / 全3件

ロイヤル・ストレート・フラッシュ