アラジン・セイン / デビッド・ボウイ

アラジン・セイン / デビッド・ボウイ

全体の平均評価点(5点満点)

  • 1
  • CD
ジャンル : 
アーティスト : 
デビッド・ボウイ

ジギー・スターダストUSツアーの最中に作曲され、翌73年の来日中にリリースされた作品。シュールでドラマティックな内容の傑作。ストーンズの「夜をぶっとばせ」の高速回転カヴァーやイギー・ポップのことを歌った「ジーン・ジニー」など代表曲も多数収録。 JAN:4988006775107

アラジン・セイン / デビッド・ボウイ

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
TOCP65309 2010年03月29日 10枚
1位登録者 : 2位登録者 :
0人 0人

関連作品

ラヴィング・ジ・エイリアン [1983-1988] ザ・ベスト・オブ・デビッド・ボウイ 74〜79 デヴィッド・ボウイ・ライヴ  2005 ミックス ロジャー
ラヴィング・ジ・エイリアン [1983-1988] / デビッド・ボウイ ザ・ベスト・オブ・デビッド・ボウイ 74〜79 / デビッド・ボウイ デヴィッド・ボウイ・ライヴ 2005 ミックス / デビッド・ボウイ ロジャー / デビッド・ボウイ

ユーザーレビュー:1件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

シンプルに良いです。

投稿日:2014/06/22 レビュアー:MIGHTY MOE AND JOE

イーノやフリップと組んだ、後のアートなボウイもいいけど、
グラム時代の相棒ミック・ロンソンの高音圧なギターを聴いた途端、
やっぱりこっちかな、と。笑

飛び抜けたテクニシャンでも知的な革新者でもない代わりに、
イントロの一音だけで、この音楽はロック以外の何物でもないと
聴く者を納得させてしまう彼の天性のギタリストぶりを
改めて認識しました。

ゲストのマイク・ガーソンもスパイス的ないい仕事してますね。

ロック勢とジャズ・ピアニストの共演というと、
キング・クリムゾンとキース・ティペット、
エンブリヨとマル・ウォルドロンの関係なんかが思い出されますが、
ここでのガーソンも、前衛的なプレイで
アルバムに一辺倒にならない知的な趣を添えています。

「ジギー・スターダスト」のような一部の隙もない大名盤とは違うけど、
その分、手元に置いていつでも楽しめるバランスの良い愛聴盤向き。
「クラックド・アクター」や「ジーン・ジニー」といった曲の
何てこと無さが、実にいいんですよね。








このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 1件 / 全1件

アラジン・セイン