カム・テイスト・ザ・バンド / ディープ・パープル

カム・テイスト・ザ・バンド / ディープ・パープル

全体の平均評価点(5点満点)

  • 1
  • CD
  • 製作年 : 1989年
ジャンル : 
アーティスト : 
ディープ・パープル

盤面の記番は20P22610です。

カム・テイスト・ザ・バンド / ディープ・パープル

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
WPCR75040 2005年06月22日 0枚
1位登録者 : 2位登録者 :
0人 0人
曲目 :
  • 1. カミン・ホーム (3分51秒)
  • 2. レイディ・ラック (2分45秒)
  • 3. ゲッティン・タイター (3分34秒)
  • 4. ディーラー (3分48秒)
  • 5. アイ・ニード・ラヴ (4分20秒)
  • 6. ドリフター (4分)
  • 7. ラヴ・チャイルド (3分4秒)
  • 8. ジス・タイム・アラウンド/オウド・トゥ・‘G' (6分7秒)
  • 9. キープ・オン・ムーヴィング (5分19秒)

関連作品

紫の証 ファイアボール ライヴ・紫の閃光〜リッチー・ブラックモア・ラスト・パフォーマンス・イン・ディープ ライヴ・イン・ジャパン
紫の証 / ディープ・パープル ファイアボール / ディープ・パープル ライヴ・紫の閃光〜リッチー・ブラックモア・ラスト・パフォーマンス・イン・ディープ / ディープ・パープル ライヴ・イン・ジャパン / ディープ・パープル

ユーザーレビュー:1件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

Come Taste The Band / Deep Purple (75)

投稿日:2008/03/20 レビュアー:アトム手塚

ディープ・パープルの代名詞的存在であり続けたリッチー・ブラックモアが脱退、新たなギタリストとしてトミー・ボーリンが加入します。
遂にデヴィッドとグレンが完全に主導権を握ったわけで、当然ファンキー路線が踏襲されていますが、開放感のあるアメリカン・ロック的要素の導入により、前2作とはまた違った味わいを持つ名盤に仕上がっています。
音の粒がクリアに聞こえるトミーのギターも非常に格好良く、夭折が惜しまれます。
この後バンドは解散。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 1件 / 全1件

カム・テイスト・ザ・バンド