コーダ / 坂本龍一

コーダ/坂本龍一の画像・ジャケット写真
コーダ / 坂本龍一

全体の平均評価点(5点満点)

  • 3
  • CD
ジャンル : 
アーティスト : 
坂本龍一

コーダ / 坂本龍一

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
MDCL1242 1993年09月21日 2枚
1位登録者 : 2位登録者 :
0人 0人
曲目 :
  • 1. メリークリスマス・ミスターローレンス
  • 2. バタヴィア
  • 3. 発芽
  • 4. 腹いっぱいの朝食
  • 5. 闘いの前
  • 6. 種子と種を蒔く人
  • 7. 短い出会い
  • 8. ライド・ライド・ライド
  • 9. ザ・ファイト
  • 10. 出て行け|集合
  • 11. 理性を超えて
  • 12. 種を蒔く
  • 13. 最後の後悔
  • 14. ザ・シード
  • 15. ジャパン
  • 16. 終章 (5分28秒)

関連作品

US(Ultimate Solo) async 坂本龍一 Complete gut BOX【Disc.1&Disc.2】 SMOOCHY
US(Ultimate Solo) / 坂本龍一 async / 坂本龍一 坂本龍一 Complete gut BOX【Disc.1&Disc.2】 / 坂本龍一 SMOOCHY / 坂本龍一

ユーザーレビュー:3件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

坂本龍一という名のブランド。ビンス弟お勧め。ネタバレ

投稿日:2009/04/09 レビュアー:pokorou

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

坂本龍一・・・日本が誇れるトップアーティストである。

ビンス弟のレビューを見て、これは借りなけりゃ!

昨夜流しっぱなしで寝ました。かなり良いです。

沢山の曲が入ってますが、収録時間は30分と少し短め。

かなり聴きやすく、曲のみなので、落ち着きます。

1曲目の、メリークリスマス、Mrローレンス
言うまでも無く、名曲です。「戦場のメリークリスマス」をご覧になられた方なら、思わず涙してしまうんでは無いでしょうか?

私個人としてのお気に入りは、
【Japan】 【Coda】 です。
【Japan】には、日本人である事の誇りを感じられます。
【Coda】には、力強さが感じられ、一度聞いただけで惚れました。

今や、世界の「Ryuichi Sakamoto」


これ気に入った。ビンス弟ありがとう。 (*⌒ー⌒*)ニコッ♪



                   pokorou♪

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

教授の贅沢な使い方

投稿日:2008/11/19 レビュアー:ビンス

なんといっても「メリー・クリスマス・ミスター・ローレンス」でしょう。どの曲も美しく、心の中を悲しみであったり、切なさであったり、暖かさであったりと、色んな感情で満たしそしてクリアにしてくれますが、やはり「メリ〜」です。
色んな楽器でのヴァージョンがありますが、このピアノ以上のものはないでしょう。
個人的にこの曲のベストプレイは教授が「ダウンタウンのこっつぇ感じ」年末スペシャルに出演したときのものです。
確か、ダウンタウンの二人とパチンコしたり、街を歩いたりと色んなことをするという企画での出演だったと思います。
思えば、着ぐるみ着たり、アホアホマンのお兄さんになって汚れたパンツ履いたりと「ごっつ」でも色んなことをさせられてきた教授。
世界の坂本ですよ!
それが教授自ら進んで楽しんでる。このギャップにとても好感を覚えました。
で、番組のラストで突如、教授がピアノ一つで演奏したのがこの「メリ〜」です。くしくもクリスマスシーズン、選曲はバッチリ。
寒いなか屋外での演奏でした。
これぞ、緊張と緩和ということでしょう。
それまで腹を抱えて笑っていたから、教授の演奏の凛とした緊張感に、姿勢を正される思いと、どうしようもない愛しさと切なさを感じてただただ魅入って、聴き入ってしまいました。
これぞ世界の坂本、世界の教授なのだと改めて実感。
そのビデオは今でもボクの宝物。
毎年クリスマスシーズンには観てます。
このメロディは美しいという表現に限界があり、本当の気持ちを言い表せないほどの最上級のメロディですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

天賦の才能。

投稿日:2008/10/13 レビュアー:

戦場のメリークリスマスのサウンドトラックのオーケストラやなんやを、すべて、ピアノ1本におとしたもの。

だから、曲名も並ぶ順番も、戦場のメリークリスマスとまったくおなじ。

なのに、まったくおなじになぞっただけなのに、ピアノ1本なのに、オーケストラで聞くと、寸分たがわない奥行きと、幅とがある。それでいて、ピアノ1本ゆえのシンプルさも。

聞き飽きない。じっと、ずっと、何度も、繰り返し、耳をそばだてる。

坂本 龍一って天才だ、って、この1枚を聞いて思った。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 3件 / 全3件

コーダ