シュールリアリスティック・ピロー / ジェファーソン・エアプレイン

シュールリアリスティック・ピロー/ジェファーソン・エアプレインの画像・ジャケット写真
シュールリアリスティック・ピロー / ジェファーソン・エアプレイン

全体の平均評価点(5点満点)

  • 1
  • CD
ジャンル : 
アーティスト : 
ジェファーソン・エアプレイン

まさしく彼等の代表作であり、それだけにとどまらず、60年代のフラワー・ムーヴメントを象徴するアルバムでもある。フォーク・ロックをもとにしたポップなサウンド。「あなただけを」「ホワイト・ラビット」という2曲のヒット曲を生んだ。
●ご注意下さい●
本作品には以下タイトルは収録されておりません。
レンタル予約される際、ご注意ください。

【未収録タイトル】
12.イン・ザ・モーニング(ボーナス・トラック)
13.J.P.P.マックステップ・B.ブルース(ボーナス・トラック)
14.ゴー・トゥ・ハー(ボーナス・トラック)
15.カム・バック・ベイビー(ボーナス・トラック)
16.あなただけを(モノ・シングル・ヴァージョン)(ボーナス・トラック)
17.ホワイト・ラビット(モノ・シングル・ヴァージョン)(ボーナス・トラック)

シュールリアリスティック・ピロー / ジェファーソン・エアプレイン

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
BVCP7351 1995年01月21日 5枚
1位登録者 : 2位登録者 :
0人 0人

関連作品

WORST OF JEFFERSON 輸〉AFTER BATHING AT B WORST OF THE JEFFE 飛行記録'66-'77
WORST OF JEFFERSON / ジェファーソン・エアプレイン 輸〉AFTER BATHING AT B / ジェファーソン・エアプレイン WORST OF THE JEFFE / ジェファーソン・エアプレイン 飛行記録'66-'77 / ジェファーソン・エアプレイン

ユーザーレビュー:1件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

ロックでトリップすることが変革と信じられていた

投稿日:2015/08/22 レビュアー:czt

1960年代後半のサンフランシスコを拠点として、サイケデリックなどといわれるムーブメントの中心的なバンド。LSDやドラッグをつかってトリップしたイメージをサウンドにしたという当時としては斬新で摩訶不思議に聞こえたのだろう。このアルバムの中でも「ホワイト・ラビット」というナンバーは、その嚆矢と言われている。この曲を大音量でかけた空間でドラッグをやってトリップしていた、というものだったという。サウンドはビートルズの「サージャント・ペパーズ」をシリアスにしたようなものと思っていただければよい。ビートルズにある“あそび”の要素はない。それは、当時のアメリカ西海岸のベトナム反戦や反体制といった運動とシンクロして音楽で変革を信じられていた生真面目さが、熱さとなって通底しているからだ。女声ボーカルのグレース・スリックには憑き物のついた巫女のような存在感がたしかにある。曲自体を単独で今きけば、普通のポップスナンバーなのだけれど

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 1件 / 全1件

シュールリアリスティック・ピロー