ヨシュア・トゥリー / U2

ヨシュア・トゥリー / U2

全体の平均評価点(5点満点)

  • 2
  • CD
ジャンル : 
アーティスト : 
U2

「ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー」「ホエア・ザ・ストリーツ・ハヴ・ノーネイム」「アイ・スティル・ハヴンド・ファウンド・ホワット・アイム・ルッキング・フォー」といった永遠の名曲を収録、英米で1位を記録したアルバム。
●ご注意下さい●
本作品の収録曲は以下の通りです。
レンタル予約される際、ご注意ください。

【収録曲】
1 約束の地 5分37秒
2 終りなき旅 4分37秒
3 ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー 4分55秒
4 ブリット・ザ・ブルー・スカイ 4分31秒
5 ラニング・トゥ・スタンド・スティル 4分17秒
6 レッド・ヒル・マイニング・タウン 4分53秒
7 神の国 2分56秒
8 トリップ・スルー・ユア・ワイアーズ 3分32秒
9 ワン・トゥリー・ヒル 5分22秒
10 イグジット 4分13秒
11 マザーズ・オブ・ザ・ディサピアード 5分14秒

ヨシュア・トゥリー / U2

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
UICY6568 2002年09月21日 1枚
1位登録者 : 2位登録者 :
0人 0人
曲目 :
  • 1. ホエア・ザ・ストリーツ・ハヴ・ノー・ネイム (約束の地) (5分36秒)
  • 2. アイ・スティル・ハヴント・ファウンド・ホワット・アイム・ルッキング・フォー (終りなき旅) (4分38秒)
  • 3. ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー (4分54秒)
  • 4. ブレット・ザ・ブルー・スカイ (4分32秒)
  • 5. ラニング・トゥ・スタンド・スティル (4分16秒)
  • 6. レッド・ヒル・マイニング・タウン (4分53秒)
  • 7. 神の国 (2分55秒)
  • 8. トゥリップ・スルー・ユア・ワイアーズ (3分32秒)
  • 9. ワン・トゥリー・ヒル (5分22秒)
  • 10. イグジット (4分13秒)
  • 11. マザーズ・オブ・ザ・ディサピアード (5分14秒)

関連作品

輸〉ACHTUNG BABY ザ・ベスト・オブ U2 1990-2000 ポップ WAR(闘)〜デラックス・エディション
輸〉ACHTUNG BABY / U2 ザ・ベスト・オブ U2 1990-2000 / U2 ポップ / U2 WAR(闘)〜デラックス・エディション / U2

ユーザーレビュー:2件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

シンプルだからこそ際立つ力強さ。

投稿日:2007/05/28 レビュアー:

ブラッディ・サンデイで火が点いたように、
アイルランドの持つ紛争や宗教的な背景の濃いバンドだけど、
日本での受け入れられ方は、ことばが分からず聞いているひとが
ほとんどな為か、単に、ヒットの多いロックバンドみたいな受け入れられ方だと思う。実際、わたしも英語が堪能なわけではないし、政治に詳しいわけでもないので
ヨーロッパでのライブの盛り上がり方を見ると、すごく日本での
受け入れられ方との違いを感じてしまう。
音がよければ、どっちでもいいんだけど、詞の背後にあるものを
共有できれば、もっと深く感じるものがあるんだろうな、と思うバンドのひとつ。

特に、ヨシュア・トゥリーはタイトルからして、キリスト教的なタイトルで、
そのタイトルに関して話すメンバーの話を聞いたときは、
日本人とは遠い位置にある、と感じた。

ボノの歌を別にして、ベースもギターもドラムも
すごくシンプルで、リズムセクションに至っては素人が初めてコピーするのに
うってつけなくらいに単純で余分なものがない。
当時は、こんな技術(というのかな・・)で、どれだけもつんだろう、
なんて余計なお世話な危惧をしていたのだけれど、
その楽曲のよさと、一貫したバンドの姿勢が受け入れられ、ちょっと予想外な
ビッグネームになってしまった。

いろんなところで耳にする曲が多いという意味でも、
U2らしさが色濃く出ているという意味でも、彼らを知りたい方には
うってつけなんではないかと思う。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

粒ぞろいの珠玉のアルバム

投稿日:2007/05/27 レビュアー:わんわん

□発売年:1987年発売
□アルバム:6thアルバム
□聞いた方が良い度:★★★★☆

アイルランドのロックバンド、U2の中初期の名作アルバム。
ボノの歌がじっくり楽しめるアルバム。

「Where The Streets Have No Name」から始まるこのアルバムは、抑制の利いたエッジのギターと、浪々と歌い上げるボノの魅力が詰まったアルバム。僕にとっての「U2らしさ」はこのアルバムそのもの。

フジテレビで放送されていた『眠れる森』で収録曲の「With Or Without You」が主題歌として採用され、再び注目された。

昔やってたバンドでカバーしたなぁ。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 2件 / 全2件

ヨシュア・トゥリー