ナウ・アンド・ゼン / カーペンターズ

ナウ・アンド・ゼン / カーペンターズ

全体の平均評価点(5点満点)

  • 1
  • CD
ジャンル : 
アーティスト : 
カーペンターズ

彼等の絶頂期にリリースされた5thアルバム。ポップス・ファン永遠の名曲「イエスタディ・ワンス・モア」を収録した代表作。 JAN:4988005253262

ナウ・アンド・ゼン / カーペンターズ

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
UICY3014 2007年03月04日 1枚
1位登録者 : 2位登録者 :
0人 0人
曲目 :
  • 1. シング (3分)
  • 2. マスカレード (4分)
  • 3. ヘザー (2分)
  • 4. ジャンバラヤ (3分)
  • 5. アイ・キャント・メイク・ミュージック (3分)
  • 6. イエスタデイ・ワンス・モア (3分)
  • 7. イエスタデイ・ワンス・モア〜A)ファン・ファン・ファン (1分)
  • 8. イエスタデイ・ワンス・モア〜B)この世の果てまで (2分)
  • 9. イエスタデイ・ワンス・モア〜C)ハイ・ロン・ロン (1分)
  • 10. イエスタデイ・ワンス・モア〜D)デッドマンズ・カーブ (1分)
  • 11. イエスタデイ・ワンス・モア〜E)ジョニー・エンジェル (1分)
  • 12. イエスタデイ・ワンス・モア〜F)燃ゆる瞳 (2分)
  • 13. イエスタデイ・ワンス・モア〜G)アワ・デイ・ウィル・カム (1分)
  • 14. イエスタデイ・ワンス・モア〜H)ワン・ファイン・デイ (1分)
  • 15. イエスタデイ・ワンス・モア(リプライズ)

関連作品

ナウ・アンド・ゼン スーパースター 緑の地平線(ホライゾン) アンソロジー【Disc.1&Disc.2】
ナウ・アンド・ゼン / カーペンターズ スーパースター / カーペンターズ 緑の地平線(ホライゾン) / カーペンターズ アンソロジー【Disc.1&Disc.2】 / カーペンターズ

ユーザーレビュー:1件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

カーペンターズの「 アビー・ロード 」

投稿日:2011/02/04 レビュアー:ロキュータス

同時代的な実感から私見を申しますと、彼らの人気のピークに位置するアルバムです。
今聴いてもクォリティが高いです。 
(関西ローカル、年齢限定の話題ですが)ふだんはロックそれもハードなものをとりあげるのが多かったFM大阪の「ビート・オン・プラザ」でも取上げられました。 DJの田中正美さんも絶賛してました。

当時のLP盤の構成を申しますと、第1面にバラエティに富んだ曲を配し、第2面でメドレーとして構成された一つの作品と言える点では、ビートルズの「アビー・ロード」を思わせます。

第1面
1. 「シング」       元々は「セサミ・ストリート」の挿入曲をカーペンターズがカバーしたもの。

2. 「マスカレード」 This Masquerade 「仮面舞踏会」
男くさいレオン・ラッセルと全然違うカーペンターズ・サウンドですが、
「スーパースター」や「ア・ソング・フォー・ユー」に続いて、これも彼の曲。
カレンの低い声にあっているのでしょうか。

3.「 へザー  」     リチャードのピアノが美しいインストゥルメンタル・ナンバー

4.「 ジャンバラヤ 」   ハンク・ウィリアムズのカントリーのスタンダード・ナンバーですが軽快な
              ポップスにアレンジされています。

5.「 アイ・キャント・メイク・ミュージック」
              カレンの歌唱力が再認識できる美しいバラード
第2面
1.「 イエスタディ・ワンスモア 」 
 A. 「ファン・ファン・ファン 」オリジナルは ビーチ・ボーイズ 
ビルボード1964.3.21 5位(ちなみに1位は「シーラブズ・
ユー」2位は「抱きしめたい」3位は「プリーズ・プリーズ・ミー」とビートルズが独占。)
B. 「この世の果てまで 」   オリジナルは スキーター・デイビス 1963年の大ヒット
C. 「ハイ・ロン・ロン 」   オリジナルは クリスタルズ。 
(プロデューサーはフィル・スぺクター) これも1963年の大ヒット。                      
D. 「デッドマンズ・カーブ」  オリジナルはジャン&ディーン。 作曲はブライアン・ウィルソン他
                 1964年のヒット曲
E. 「ジョニー・エンジェル」  オリジナルは「うちのママは世界一」に出ていたシェリー・
フェプレーのビルボード1962年4月1位の大ヒット曲
F. 「燃ゆる瞳」         オリジナルは ボビー・ヴィーの 1962年のヒット
G. 「アワー・デイ・ウィル・カム」 オリジナルは ルビー・アンド・ロマンティックスの
1963年のヒット
H. 「ワン・ファイン・デイ」    オリジナルは シフォンズボビー・ヴィー 
ビルボード1963.7.13 5位

2. 「 イエスタディ・ワンスモア 」リプライズ

このアルバムがアメリカで発売されたのは、1973年の5月。
同じ年の8月に『 アメリカン・グラフィティ 』が、12月に『 スティング 』が公開されています。
レトロ・ブームの年だったんですね。
ほんと、あの日をもういちど、かな。

カレンの命日に。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 1件 / 全1件

ナウ・アンド・ゼン