DA DI DA / 松任谷由実

DA DI DA / 松任谷由実

全体の平均評価点(5点満点)

  • 4
  • CD
  • 製作年 : 1985年
ジャンル : 
アーティスト : 
松任谷由実

(1)もう愛は始まらない(2)2人のストリート(3)BABYLON(4)SUGAR TOWNはさよならの町(5)メトロポリスの片隅で(6)月夜のロケット花火(7)シンデレラ・エクスプレス(8)青春のリグレット(9)たとえあなたが去って行っても JAN:4988006157934

DA DI DA / 松任谷由実

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
TOCT10650 1999年02月24日 12枚
1位登録者 : 2位登録者 :
1人 2人
曲目 :
  • 1. もう愛は始まらない (4分46秒)
  • 2. 2人のストリート (4分48秒)
  • 3. BABYLON (4分20秒)
  • 4. SUGAR TOWNはさよならの町 (5分35秒)
  • 5. メトロポリスの片隅で (4分15秒)
  • 6. 月夜のロケット花火 (4分48秒)
  • 7. シンデレラ・エクスプレス (3分49秒)
  • 8. 青春のリグレット (3分54秒)
  • 9. たとえあなたが去って行っても (3分48秒)

関連作品

SEASONS COLOURS-秋冬撰曲集-(通常盤) ※33曲収録(あの日にかえりたい未収録) 昨晩お会いしましょう 紅雀 Tears and Reasons
SEASONS COLOURS-秋冬撰曲集-(通常盤) ※33曲収録(あの日にかえりたい未収録) / 松任谷由実 昨晩お会いしましょう / 松任谷由実 紅雀 / 松任谷由実 Tears and Reasons / 松任谷由実

ユーザーレビュー:4件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

リマスター盤を期待していたのに

投稿日:2011/04/23 レビュアー:ミネちゃん

表示ではリマスター盤となっておりますが、送られてきたのは、リマスターされていない旧盤でした。
受付窓口から苦情を送りましたが、何の返信もなく、なしのつぶてです。
皆さん、だまされないように気を付けましょう。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

傷あり

投稿日:2010/08/11 レビュアー:よしー

CDにノイズあり、正しく再生できず、不愉快です。
連絡もなく放置されています

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

わたしを許さないで。

投稿日:2008/09/26 レビュアー:

憎んでも覚えてて。

麗美経由で知った。青春のリグレットはほんとに好きな曲。なんでわたしを許さないでって言うんだろう。なんで憎んでも覚えててって言うんだろう。子どもの頃は、この歌詞の意味がわからなくて、でも、どうしようもなく切ないかんじが好きだった。いろいろ恋の数が増えてくると、みえてくる気持ちがある。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ユーミンの最高傑作といえる1枚

投稿日:2018/06/10 レビュアー:守ってあげたい

@「もう愛は始まらない」
タイトでゆったりしたギターロックに力強い歌詞とユーミンの歌。曲後半のアルバムタイトルにもなっている「Da Di Da」のリフレイン部分が気持ちよく、くせになる1曲。アルバムの1曲目として理想的な曲だと感じた。
A「2人のストリート」
アルバムの2曲目にふさわしい、変化球的で、これまた聴いていてとても気持ちの良い曲。メロディーメイカーユーミンの本領がいかんなく発揮されている。非凡でポップな曲。
B「BABYLON」
急にゆったりした静かな曲であり、慣れないうちは退屈に感じる曲。@Aのポップな流れから、思わず曲を飛ばしたくなってしまう(失礼)だが、聴き慣れるほどに良くなる。スルメ曲だろうか。
C「SUGAR TOWNはさよならの町」
またまたやってきたポップで軽快な曲。聴いていて気持ち良い。80'sの洋楽の持つ気持ちよさに通じる気がする。
D「メトロポリスの片隅で」
レコード時代はここからB面。シングルにもなった曲で、とても軽快で気合の入った1曲。狙いすぎてる感もある(失礼)。
E「月夜のロケット花火」
ミドルテンポでチョッパーベースの効いたおしゃれなポップ曲。
F「シンデレラ・エクスプレス」
3曲目以来2度目のゆったりとした曲。ちょくちょくベスト盤に収録される、ユーミンの代表曲といえる1曲だが、個人的には、このポップなアルバム「Da Di Da」の内容としては不要(失礼)に感じていた曲。でも慣れてくるとやはり良いのだ。個人的スルメ曲。
G「青春のリグレット」
他アーティストへの提供作品で、ユーミン自身はシングル化していないが、シングル向けの超ポップな1曲。素晴らしい。
H「たとえあなたが去って行っても」
8分の6拍子で作られた壮大なノリの良い曲。アルバムの最後を飾るにふさわしい壮大さ。傑作なアルバム「Da Di Da」が終わってしまう名残惜しさを残しつつ。 また1曲目に戻ってリピートしたくなる。

と、本当に1曲1曲の密度が濃く、捨て曲なんて存在しない。
ユーミンの数あるアルバムの中でも最高傑作と呼べる1枚と言える。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 4件 / 全4件

DA DI DA