中島みゆきTHE BEST / 中島みゆき

中島みゆきTHE BEST/中島みゆきの画像・ジャケット写真
中島みゆきTHE BEST / 中島みゆき

全体の平均評価点(5点満点)

  • 1
  • CD
ジャンル : 
アーティスト : 
中島みゆき

中島みゆきTHE BEST / 中島みゆき

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
D32A155 2009年06月07日 1枚
1位登録者 : 2位登録者 :
60人 45人

関連作品

寒水魚 【MAXI】慕情(マキシシングル) 親愛なる者へ 元気ですか
寒水魚 / 中島みゆき 【MAXI】慕情(マキシシングル) / 中島みゆき 親愛なる者へ / 中島みゆき 元気ですか / 中島みゆき

ユーザーレビュー:1件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

また一番乗り

投稿日:2011/07/01 レビュアー:さっちゃん

 世代のせいなのか、単にマイナーな方向へ流されるのか分かりませんが、どうもCDのレヴューの場合、一番最初のレヴューになることが多いのは何故でしょう?
 まぁ、それは措いといて、CDとしては2本目のみゆきさんです。(我が家では”みゆきさん”と言えば苗字は必要ないようになっているのでレヴューでもそれで行きます。)このアルバムはTHE BESTと冠されていますが、なんとなく方恋とか別れた後の男女の心とかを歌った歌が多いように感じました。
 あ、それから曲名が出ていないので勝手に書いておきます。興味のある方は参考になさってください。
1.アザミ嬢のララバイ 2.時代 3.こんばんわ 4.夜風の中から 5.わかれうた 6.おもいで河 7.りばいばる 8.かなしみ笑い 9.ひとり上手 10.あした天気になれ 11.悪女 12.誘惑 13.横恋慕 14.あの娘 15.ひとり 16.孤独の肖像の16曲です。
 この中でレヴュアーの好みの曲を挙げるとすれば、まず『夜風の中から』になります。割と乾いた調子で自分から離れていった女の噂を歌っているのですが、軽い感じが一抹の未練を感じさせて気に入っています。次が『りばいばる』リバイバルで街に流れる曲に昔の恋の傷が疼くのを抑えた調子で聴かせてくれます。総じて哀しみを強調するのではなく抑えたり笑ったりするような歌詞が多いのですが、言葉の端々にハッとするものを感じることがあります。例えば『かなしみ笑い』の「喜びも悲しみも忘れ去るまで」とか『ひとり上手』の「冬の雨に打たれて、あなたの足音を探すのよ」とか。
 とにかくレヴュアーにとってはそんな微妙な感情の綾がたまらないアルバムです。

このレビューは気に入りましたか? はい 58人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 1件 / 全1件

中島みゆきTHE BEST