SOMEDAY / 佐野元春

SOMEDAY/佐野元春の画像・ジャケット写真
SOMEDAY / 佐野元春

全体の平均評価点(5点満点)

  • 4
  • CD
ジャンル : 
アーティスト : 
佐野元春

SOMEDAY / 佐野元春

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
ESCB1322 1992年09月01日 1枚
1位登録者 : 2位登録者 :
5人 2人
曲目 :
  • 1. Sugartime (4分13秒)
  • 2. Happy Man (3分46秒)
  • 3. Down Town Boy (3分54秒)
  • 4. 二人のバースディ (4分41秒)
  • 5. 麗しのドンナ・アンナ (3分10秒)
  • 6. SOMEDAY (5分27秒)
  • 7. I`m in blue (4分19秒)
  • 8. 真夜中に清めて (3分56秒)
  • 9. Vanity Factory (3分50秒)
  • 10. Rock & Roll Night (8分41秒)
  • 11. サンチャイルドは僕の友達 (1分40秒)

関連作品

Stones and Eggs THE SUN LIVE AT NHK HALL ノー ダメージ 2 〜グレイテスト ヒッツ 84-92 Sweet 16
Stones and Eggs / 佐野元春 THE SUN LIVE AT NHK HALL / 佐野元春 ノー ダメージ 2 〜グレイテスト ヒッツ 84-92 / 佐野元春 Sweet 16 / 佐野元春

ユーザーレビュー:4件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

ぶわつさんも一緒にライブに行きましょう!

投稿日:2006/07/27 レビュアー:パープルローズ

佐野さんの輪が広がってきて、喜ばしい限りです。

名曲Someday、もちろん大好きで、ライブでもいちばん盛り上がる曲なんですけど、この曲がヒットしたおかげで佐野さんが有名になって、ちょっと遠くへ行っちゃった、そんな少しさびしい曲でもあります。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

Down Town Boy

投稿日:2006/07/26 レビュアー:ぶわつ

 “マイ・ベスト・オブ・佐野元春”が収録されているアルバムがこれです。3曲目の「Down Town Boy」です。
 曲が始まると、なんていうか、遠いどこかへ思いを馳せてしまうというか、とにかく一心に聴き入ってしまいます。

 それから10曲目「Rock'n Roll Night」。これも佐野元春の中でははずせない一曲です。

 “友だちのひとりは遠くサンフランシスコで仕事を見つけた
  友だちのひとりは手紙もなく今行方もわからない
  友だちのひとりは幸せなウェディング 一児の父親さ
  そして同じ幻を見つめていた まるで子供のように

  ・・・たったひとつの夢が 今この街の影に横たわる・・・”

 うん、いいですね〜。佐野さん。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

 「サンデー買ってきてー!!」

投稿日:2009/10/13 レビュアー:(` ♭゜ ´)y⌒・

 兄貴に買いに行かされた記憶がある。
 「漫画じゃないんだぞ!!」って、今更言い返す。

 兄は時々、私をパシリで使っていた。 宅配じゃないんだぞ!!
そのくせ、兄は私が煙たいようで、遊びについて行くと、煙を撒いて逃げて行く。
でも、兄のパシリが大好きな私は、あの日もニコニコパシっていた。

 確かあの頃はまだレコードだったと思う。
 昨日夢を見た。今朝起きたら“I'm in blue”が鳴っていた。

 “SOMEDAY”よりもこの曲を挟むよう並ぶ“麗しのドンナ・アンナ”“I'm in blue”そして“真夜中に清めて”が好き。ていうかこのアルバム大好きなんだよね。このアルバムまでは、佐野さん、こっちの人(日本)って感じ。

 ところで昨晩の夢の話。ある男女がBarで出会い一緒に家まで帰るというストーリー。男女は、私、そして昔付き合ってた人。昔の友達がBarで、お邪魔役として登場w
 なんとか男女は仲良く店を出ることが出来るのだが、帰り道、道が2つになる。これはなぜか子供の頃の帰り道で、一方は賑やかな繁華街、もう一方は静かな住宅街、この二つの道を子供の頃、気分で選び通っていた。気が付くと繁華街を私は選び、相手は住宅街を選んでいた。私には通り馴れた二つの道。次の横道。笑顔で迎えに行く……でも会えない。道を遡り探す。どこにもいない。部屋へ電話する。部屋の中がイメージされる。相手が出ることはない……。
 そして目が覚める“I'm in blue”が鳴っていた。

 どうやら今日はずっと鳴ってるよ。たぶん。 佐野さん、また聴き始めようかな…

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

再生できませんでした。

投稿日:2015/06/27 レビュアー:ゼンジ

残念!

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 4件 / 全4件

SOMEDAY