ビッグ・バンド・ジャズ ベスト / オムニバス

ビッグ・バンド・ジャズ ベスト / オムニバス

ビッグ・バンド・ジャズ ベスト / オムニバス

レンタル開始日:2015年05月13日

収録時間:


全体の平均評価点:

全体の平均評価点(5点満点)

2


全体の平均評価点:

CD

ビッグ・バンド・ジャズ ベスト / オムニバス

旧作

記番 :

レンタル開始日 :

在庫枚数 :

KICW5707 2015年05月13日 2枚

1位登録者 :

2位登録者 :

0人 0人

曲目 :

  • 1. イン・ザ・ムード (3分34秒)
  • 2. シング・シング・シング (6分)
  • 3. A列車で行こう (3分36秒)
  • 4. チュニジアの夜 (4分56秒)
  • 5. 茶色の小瓶 (3分11秒)
  • 6. ムーンライト・セレナーデ (4分37秒)
  • 7. ドント・ビー・ザット・ウェイ (3分38秒)
  • 8. ワン・オクロック・ジャンプ (4分)
  • 9. 真珠の首飾り (3分29秒)
  • 10. フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン (3分9秒)
  • 11. シャレード (2分58秒)
  • 12. 007/ゴールドフィンガー (3分11秒)
  • 13. キャラバン (7分43秒)
  • 14. モーニン (4分45秒)
  • 15. 木の葉の子守唄 (3分7秒)
  • 16. 一晩中踊れたら (2分20秒)

記番

KICW5707

レンタル開始日

2015年05月13日

在庫枚数

2枚

1位登録者

0人

2位登録者

0人

曲目 :

1. イン・ザ・ムード (3分34秒)
2. シング・シング・シング (6分)
3. A列車で行こう (3分36秒)
4. チュニジアの夜 (4分56秒)
5. 茶色の小瓶 (3分11秒)
6. ムーンライト・セレナーデ (4分37秒)
7. ドント・ビー・ザット・ウェイ (3分38秒)
8. ワン・オクロック・ジャンプ (4分)
9. 真珠の首飾り (3分29秒)
10. フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン (3分9秒)
11. シャレード (2分58秒)
12. 007/ゴールドフィンガー (3分11秒)
13. キャラバン (7分43秒)
14. モーニン (4分45秒)
15. 木の葉の子守唄 (3分7秒)
16. 一晩中踊れたら (2分20秒)

ユーザーレビュー

2

意外と身近だった

kazupon

“ジャズ”は難しいものと敬遠していました。
ところが、このCDを聴いてみると、私が曲名を知らなかっただけで、
実はとても身近にあったことに気づきました。
CMで使われていたり、映画で使われていたり、
(例えば、スウイングガールズ)
フィギュアスケートのショートプログラム用にアレンジされていたり。
私には「ジャズ・オーケストラ」と「ビッグバンド・ジャズ」の違いもよく分からず、
ジャズの奥の深さを理解するには、もっと勉強が必要です。
とは言え、音楽ですから、もっと気楽に楽しめば良いのだと思います。
このレビューを書いている今、流れているのは「ムーンライト・セレナーデ」
ムーディで眠りに誘われています。

思わず体が・・・

たか

評価 : ちょっと甘目で☆3つ半

港町のライブハウスで、ピアノ、ドラム、ギター、ベース等の少人数の楽団が奏でる
スローテンポのジャズをカクテルなどをたしなみながら、しっとりと聴くのもおつですが、
たまには、ビックバンドによるジャズの演奏を聴いてみたくなります。
そして、このCDを選びました。
「シング・シング・シング」といえば「ベニー・グッドマン」
「A列車で行こう」といえば「デューク・エリントン」
「ムーンライト・セレナーデ」といえば、「グレンミラー」
ですが、確かにオリジナルは素晴らしいです。
しかし、音源が古くて音も悪く、中にはノラル音源もあり、その意味ではちょっと残念。

このCDの曲を演奏しているのは、日本のビッグバンドの代表といってもよい
「原信夫とシャープス・アンド・フラッツ」「見砂直照と東京キューバン・ボーイズ」
「スマイリー小原とスカイ・ライナーズ」などが演奏しています。
オリジナルに引けを取らない素晴らしい演奏です。又、音も素晴らしくメリハリがあります。

この手の曲にあまり興味がある方が少ないのか、在庫が、4枚しかないのにもかかわらず、
お届け率が☆マークで、簡単に借りることができました。

収録されている曲の中では、「シング・シング・シング」が好きで、その中でも
ドラムの響がたまりません。思わず体が自然に動いてしまいます。
「シャレード」はコーラスのスローテンポの方がなじみかもしれませんが、
映画のメインタイトルで流れる曲は、アップテンポのジャズ調の曲です。
どちらの演奏形態も好きです。
演奏は次のメンバーです。

原信夫とシャープス・アンド・フラッツ: 01, 03, 08, 09
原信夫とシャープス・アンド・フラッツ + オールスターズ: 02, 05〜07
原信夫とシャープス・アンド・フラッツ, 見砂直照と東京キューバン・ボーイズ: 04, 10〜12
マンハッタン・ジャズ・オーケストラ: 13, 14
スマイリー小原とスカイ・ライナーズ: 15, 16

1〜 2件 / 全2件

戦後70年 歌のあゆみ 戦後のポピュラー大全集 〜ボタンとリボン・愛の讃歌〜 Pretentious ザ・ファイネスト“ゴールデン・ベスト・オブ 2012-13” GROOVIN' 昭和アーカイヴス 14.魅惑の男性シンガーvol.3
/ / / /

ユーザーレビュー:2件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

意外と身近だった

投稿日:2018/01/11 レビュアー: kazupon

“ジャズ”は難しいものと敬遠していました。
ところが、このCDを聴いてみると、私が曲名を知らなかっただけで、
実はとても身近にあったことに気づきました。
CMで使われていたり、映画で使われていたり、
(例えば、スウイングガールズ)
フィギュアスケートのショートプログラム用にアレンジされていたり。
私には「ジャズ・オーケストラ」と「ビッグバンド・ジャズ」の違いもよく分からず、
ジャズの奥の深さを理解するには、もっと勉強が必要です。
とは言え、音楽ですから、もっと気楽に楽しめば良いのだと思います。
このレビューを書いている今、流れているのは「ムーンライト・セレナーデ」
ムーディで眠りに誘われています。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

思わず体が・・・

投稿日:2017/12/22 レビュアー: たか

評価 : ちょっと甘目で☆3つ半

港町のライブハウスで、ピアノ、ドラム、ギター、ベース等の少人数の楽団が奏でる
スローテンポのジャズをカクテルなどをたしなみながら、しっとりと聴くのもおつですが、
たまには、ビックバンドによるジャズの演奏を聴いてみたくなります。
そして、このCDを選びました。
「シング・シング・シング」といえば「ベニー・グッドマン」
「A列車で行こう」といえば「デューク・エリントン」
「ムーンライト・セレナーデ」といえば、「グレンミラー」
ですが、確かにオリジナルは素晴らしいです。
しかし、音源が古くて音も悪く、中にはノラル音源もあり、その意味ではちょっと残念。

このCDの曲を演奏しているのは、日本のビッグバンドの代表といってもよい
「原信夫とシャープス・アンド・フラッツ」「見砂直照と東京キューバン・ボーイズ」
「スマイリー小原とスカイ・ライナーズ」などが演奏しています。
オリジナルに引けを取らない素晴らしい演奏です。又、音も素晴らしくメリハリがあります。

この手の曲にあまり興味がある方が少ないのか、在庫が、4枚しかないのにもかかわらず、
お届け率が☆マークで、簡単に借りることができました。

収録されている曲の中では、「シング・シング・シング」が好きで、その中でも
ドラムの響がたまりません。思わず体が自然に動いてしまいます。
「シャレード」はコーラスのスローテンポの方がなじみかもしれませんが、
映画のメインタイトルで流れる曲は、アップテンポのジャズ調の曲です。
どちらの演奏形態も好きです。
演奏は次のメンバーです。

原信夫とシャープス・アンド・フラッツ: 01, 03, 08, 09
原信夫とシャープス・アンド・フラッツ + オールスターズ: 02, 05〜07
原信夫とシャープス・アンド・フラッツ, 見砂直照と東京キューバン・ボーイズ: 04, 10〜12
マンハッタン・ジャズ・オーケストラ: 13, 14
スマイリー小原とスカイ・ライナーズ: 15, 16

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 2件 / 全2件

ビッグ・バンド・ジャズ ベスト