サタデイ・ナイト・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード+1 / アート・ペッパー

サタデイ・ナイト・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード+1 / アート・ペッパー

全体の平均評価点(5点満点)

  • 1
  • CD
  • 製作年 : 2010年
ジャンル : 
アーティスト : 
アート・ペッパー

サタデイ・ナイト・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード+1 / アート・ペッパー

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
UCCO9913 2010年06月26日 2枚
1位登録者 : 2位登録者 :
0人 0人
曲目 :
  • 1. ユー・ゴー・トゥ・マイ・ヘッド (11分58秒)
  • 2. ザ・トリップ (12分34秒)
  • 3. チェロキー (16分15秒)
  • 4. フォー・フレディ (ボーナス・トラック) (10分42秒)

関連作品

サーフ・ライド スマック・アップ +2 リヴィング・レジェンド +1 オランダ
サーフ・ライド / アート・ペッパー スマック・アップ +2 / アート・ペッパー リヴィング・レジェンド +1 / アート・ペッパー オランダ / アート・ペッパー

ユーザーレビュー:1件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

ムラーツのベースが凄い!

投稿日:2014/04/13 レビュアー:MIGHTY MOE AND JOE

晩年はウォームでたくましくなったと言われるペッパーですが、
聴いてみるとやっぱり彼ならではの音とフレージング。
でも、初期の「モダン・アート」や「プレイボーイズ」などでは決して聴かれなかった
ラフでフリーキーなプレイも披露しています。

バックはジョージ・ケイブルス、ジョージ・ムラーツ、エルビン・ジョーンズという豪華なメンツ。
中でも僕は、ムラーツのベースに耳を奪われました。
くっきりした音色でメロディアスなラインを弾き、
ペッパーやケイブルスのプレイを対位法的に盛り立てているかのようです。

もちろん、主役のペッパーが素晴らしいのは言うまでもありません。
枯れることを拒むように、初期のクール・スタイルをかなぐり捨てたような
入魂のプレイを聴かせます。

とりたてて新奇なことをやっている訳ではありませんが、
「ジャズが好きで良かった」と心から思わせてくれる、
名手4人が緊密に絡み合った生一本のジャズです。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 1件 / 全1件

サタデイ・ナイト・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード+1