1. CDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. J-POPのCDレンタル
  4. 歌謡曲のCDレンタル
  5. ザ・GSベストコレクション赤盤 / オムニバス

ザ・GSベストコレクション赤盤 / オムニバス

ザ・GSベストコレクション赤盤 / オムニバス

ザ・GSベストコレクション赤盤 / オムニバス

レンタル開始日:2010年01月02日

収録時間:


全体の平均評価点:

全体の平均評価点(5点満点)

1


全体の平均評価点:

CD 2枚組 旧作

製作年 : 2009年

ジャンル:

アーティスト : オムニバス

60〜70年代のグループサウンズの名曲を40曲収録した2枚組アルバム。「ブルー・シャトウ」「君だけに愛を」「あの時君は若かった」など、有名曲が満載。

ジャンル

アーティスト

オムニバス

CD

ザ・GSベストコレクション赤盤 / オムニバス

記番 :

レンタル開始日 :

在庫枚数 :

TOCT26898 2010年01月02日 2枚

1位登録者 :

2位登録者 :

0人 0人

記番

TOCT26898

レンタル開始日

2010年01月02日

在庫枚数

2枚

1位登録者

0人

2位登録者

0人

ユーザーレビュー

1

マイ・ブーム(その1)

にしやん

昨年「GSワンダーランド」を観てから、無性にGSが聴きたくなりました。
10年以上前に「栄光のグループサウンズ大全集」という、CDセットを購入してたのですが、
今回、このシリーズの「赤盤」「青盤」をレンタルしたのは、
「栄光の〜」セットに未収録の曲がかなり含まれていたためであり、
そんな曲の中で、私の好きだったものが、かなりあったから。
今の私の密かな「マイ・ブーム」です。
ちなみに収録曲は以下のとおり。

ザ・GSベストセレクション 赤盤
Disc 1
01 ブルー・シャトウ(ジャッキー吉川とブルー・コメッツ)
02 君だけに愛を(タイガース)
03 あの時君は若かった(スパイダース)
04 想い出の渚(ワイルド・ワンズ)
05 バラ色の雲(ヴィレッジ・シンガーズ)
06 いとしのジザベル(ゴールデン・カップス)
07 真冬の帰り道(ランチャーズ)
08 あなたが欲しい(ハプニングス・フォー)
09 夜空に夢を(サベージ)
10 マドモアゼル・ブルース(ジャガーズ)
11 泣かずにいてね(カーナビーツ)
12 僕のマリア(ワンダース)
13 おかあさん(テンプターズ)
14 涙のひとしずく(スウィング・ウエスト)
15 スワンの涙(オックス)
16 白いサンゴ礁(ズー・ニー・ヴー)
17 月光仮面(モップス)
18 ヘイ・ミスター・ブルーバード(ブラック・ストーンズ)
19 想い出のシェリー(シェリーズ)
20 太陽のJudy(サニー・ファイヴ)
Disc 2
01 恋をおしえて(ヤンガーズ)
02 クライ・クライ・クライ(ジ・エドワーズ)
03 すてきなエルザ(ライオンズ)
04 アリゲーター・ブーガルー(ホワイト・キックス)
05 赤毛のメリー(ガリバーズ)
06 ラブ・サイン(パープル・シャドウズ)
07 不思議な夢(ハーフ・ブリード)
08 僕のマリー(タイガース)
09 青空のある限り(ワイルド・ワンズ)
10 北国の二人(ジャッキー吉川とブルー・コメッツ)
11 真珠の涙(スパイダース)
12 好きだから(ヴィレッジ・シンガーズ)
13 銀色のグラス(ゴールデン・カップス)
14 教えておくれ(ランチャーズ)
15 君の瞳をみつめて(ハプニングス・フォー)
16 キサナドゥーの伝説(ジャガーズ)
17 純愛(テンプターズ)
18 そよ風のバラード(スウィング・ウエスト)
19 ひとりの悲しみ(ズー・ニー・ヴー)
20 たどりついたらいつも雨ふり(モップス)

当時、GSのオッカケをしていたローティーン(今ではオ……、イエ、何でもありません・苦笑)
の方々には涙モノの懐かしい曲ばかりでしょう!!。

タイガース、テンプターズ、ブルコメ、スパイダースなど、
メジャーなGSのヒット曲は勿論ですが、
当時はあまりヒットしなかったマイナーな曲の中にも、
今改めて聞くと、良いものが沢山あります。
1曲づつ挙げていたら、それこそ書ききれないので、代表として、

Disc 1・14 涙のひとしずく(スウィング・ウエスト)

「雨のバラード」が大ヒットした直後にリリースされたためか、正直、あまり売れなかった曲です。
しかし私は大好きでした。このCDを借りたのもこの曲が入っていたからです。
イントロのオルガン(キーボードとは言わず、あえてオルガンと言います)と、ギターの、
哀愁を帯びたサウンドに続き、キモチ悪いほど甘く優しく歌う湯原昌幸のヴォーカル(笑)。
それでいてサビの部分では不自然に気張ってみたり、
しかし、それも当時のGSの人気を感じさせますね。
イントロ部分には、女の子たちの歓声が入っていますが、
多分コレは疑似ライヴでしょう。中盤以降は静かになってますから…。
まさに40年ぶりに聞く曲です。嬉しくて繰り返し聴いてしまいました(涙)。

そして、もう1曲。
Disc 2・19 ひとりの悲しみ(ズー・ニー・ヴー)

メロディーは、尾崎紀世彦が歌った「また会う日まで」で編曲も殆ど同じですが、
歌詞だけが違っています。興味のある方は一聴の価値ありです。

1〜 1件 / 全1件

輸〉ORCHESTRAL WORKS【Disc1&Disc2】 ライド・ウィズ・ユー〜ウェスト・コースト・スタイル 輸〉Nascar: Fast Lane FRENCH JAZZ CONNECTION
/ / / /

ユーザーレビュー:1件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

マイ・ブーム(その1)

投稿日:2011/01/16 レビュアー: にしやん

昨年「GSワンダーランド」を観てから、無性にGSが聴きたくなりました。
10年以上前に「栄光のグループサウンズ大全集」という、CDセットを購入してたのですが、
今回、このシリーズの「赤盤」「青盤」をレンタルしたのは、
「栄光の〜」セットに未収録の曲がかなり含まれていたためであり、
そんな曲の中で、私の好きだったものが、かなりあったから。
今の私の密かな「マイ・ブーム」です。
ちなみに収録曲は以下のとおり。

ザ・GSベストセレクション 赤盤
Disc 1
01 ブルー・シャトウ(ジャッキー吉川とブルー・コメッツ)
02 君だけに愛を(タイガース)
03 あの時君は若かった(スパイダース)
04 想い出の渚(ワイルド・ワンズ)
05 バラ色の雲(ヴィレッジ・シンガーズ)
06 いとしのジザベル(ゴールデン・カップス)
07 真冬の帰り道(ランチャーズ)
08 あなたが欲しい(ハプニングス・フォー)
09 夜空に夢を(サベージ)
10 マドモアゼル・ブルース(ジャガーズ)
11 泣かずにいてね(カーナビーツ)
12 僕のマリア(ワンダース)
13 おかあさん(テンプターズ)
14 涙のひとしずく(スウィング・ウエスト)
15 スワンの涙(オックス)
16 白いサンゴ礁(ズー・ニー・ヴー)
17 月光仮面(モップス)
18 ヘイ・ミスター・ブルーバード(ブラック・ストーンズ)
19 想い出のシェリー(シェリーズ)
20 太陽のJudy(サニー・ファイヴ)
Disc 2
01 恋をおしえて(ヤンガーズ)
02 クライ・クライ・クライ(ジ・エドワーズ)
03 すてきなエルザ(ライオンズ)
04 アリゲーター・ブーガルー(ホワイト・キックス)
05 赤毛のメリー(ガリバーズ)
06 ラブ・サイン(パープル・シャドウズ)
07 不思議な夢(ハーフ・ブリード)
08 僕のマリー(タイガース)
09 青空のある限り(ワイルド・ワンズ)
10 北国の二人(ジャッキー吉川とブルー・コメッツ)
11 真珠の涙(スパイダース)
12 好きだから(ヴィレッジ・シンガーズ)
13 銀色のグラス(ゴールデン・カップス)
14 教えておくれ(ランチャーズ)
15 君の瞳をみつめて(ハプニングス・フォー)
16 キサナドゥーの伝説(ジャガーズ)
17 純愛(テンプターズ)
18 そよ風のバラード(スウィング・ウエスト)
19 ひとりの悲しみ(ズー・ニー・ヴー)
20 たどりついたらいつも雨ふり(モップス)

当時、GSのオッカケをしていたローティーン(今ではオ……、イエ、何でもありません・苦笑)
の方々には涙モノの懐かしい曲ばかりでしょう!!。

タイガース、テンプターズ、ブルコメ、スパイダースなど、
メジャーなGSのヒット曲は勿論ですが、
当時はあまりヒットしなかったマイナーな曲の中にも、
今改めて聞くと、良いものが沢山あります。
1曲づつ挙げていたら、それこそ書ききれないので、代表として、

Disc 1・14 涙のひとしずく(スウィング・ウエスト)

「雨のバラード」が大ヒットした直後にリリースされたためか、正直、あまり売れなかった曲です。
しかし私は大好きでした。このCDを借りたのもこの曲が入っていたからです。
イントロのオルガン(キーボードとは言わず、あえてオルガンと言います)と、ギターの、
哀愁を帯びたサウンドに続き、キモチ悪いほど甘く優しく歌う湯原昌幸のヴォーカル(笑)。
それでいてサビの部分では不自然に気張ってみたり、
しかし、それも当時のGSの人気を感じさせますね。
イントロ部分には、女の子たちの歓声が入っていますが、
多分コレは疑似ライヴでしょう。中盤以降は静かになってますから…。
まさに40年ぶりに聞く曲です。嬉しくて繰り返し聴いてしまいました(涙)。

そして、もう1曲。
Disc 2・19 ひとりの悲しみ(ズー・ニー・ヴー)

メロディーは、尾崎紀世彦が歌った「また会う日まで」で編曲も殆ど同じですが、
歌詞だけが違っています。興味のある方は一聴の価値ありです。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 1件 / 全1件

ザ・GSベストコレクション赤盤