麗しき瞳よ〜ヘンデル・アリア集(HYB) / 森麻季

麗しき瞳よ〜ヘンデル・アリア集(HYB) / 森麻季

全体の平均評価点(5点満点)

  • 2
  • CD
  • 製作年 : 2009年
ジャンル : 
アーティスト : 
森麻季

森麻季が見事な歌唱を聴かせているヘンデルのアリア集。寺神戸亮率いる古楽アンサンブル“レ・ボレアード”をバックに、超有名曲「オンブラ・マイ・フ」からコロラトゥーラを駆使する曲まで、森の魅力が堪能できる一枚。

麗しき瞳よ〜ヘンデル・アリア集(HYB) / 森麻季

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
AVCL25477 2009年12月19日 4枚
1位登録者 : 2位登録者 :
0人 0人
曲目 :
  • 1. ≪ロデリンダ≫ 私の愛する人よ (3分59秒)
  • 2. ≪ロデリンダ≫ 影よ、草木よ、悲しき墓よ (5分18秒)
  • 3. ≪ロデリンダ≫ 序曲 (2分37秒)
  • 4. ≪ロデリンダ≫ メヌエット (1分35秒)
  • 5. ≪ガウラのアマディージ≫ ああ!無慈悲な人! (4分41秒)
  • 6. ≪エジプトのジューリオ・チェーザレ≫ つらい運命に涙はあふれ (6分)
  • 7. ≪エジプトのジューリオ・チェーザレ≫ 麗しき瞳よ (4分53秒)
  • 8. シンフォニア 第1楽章 Allegro (3分50秒)
  • 9. ≪セルセ≫ オンブラ・マイ・フ (3分21秒)
  • 10. ≪アレッサンドロ≫ なにかしらまた分からない (5分49秒)
  • 11. 4声のソナタ 第1楽章 Andante (2分24秒)
  • 12. 4声のソナタ 第2楽章 Allegro (2分2秒)
  • 13. ≪アタランタ≫ 愛しい森よ (2分41秒)
  • 14. ≪リナルド≫ 勇者として戦ってください (3分50秒)
  • 15. ≪リナルド≫ 涙の流れるままに (4分28秒)

関連作品

涙の流れるままに A HEALING COLLECTION THE BEST 3 森 麻季 4つの最後の歌(HYB) アヴェ・マリア
涙の流れるままに A HEALING COLLECTION / 森麻季 THE BEST 3 森 麻季 / 森麻季 4つの最後の歌(HYB) / 森麻季 アヴェ・マリア / 森麻季

ユーザーレビュー:2件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

ヘンデルの思い出

投稿日:2015/06/27 レビュアー:ちゅく

森麻季のヘンデルは最高だ。

この歌手ほど、ヘンデルに合う声、歌唱の人はいない。

澄明。

節度。気品。

そして、表出。

マーラーの4番・8盤のソリストは、2013年、2014年。
エリアフ・インバル指揮、東京都交響楽団であるのだ。
聴いてみたい。

また、バッハ・コレギウム・ジャパンでの演奏を、聴いてみたい。


さて、ヘンデルついて、哀しくも楽しい思い出を。


学生時代、男声合唱団に入っていて、2年で止めた。
その2年間で二度の楽しみは、混声合唱ができる「メサイア」だった。

関連のある女子大の音楽科の女子らと、会える場面である。
合コンもあった。

「メサイア」は、クリスマスの時期にやるし、主体の男声合唱団の定期演奏と重なる。
だから、「メサイア」は、きつかった。
自分は男声合唱のバスだったので、混声合唱のバス、「メサイア」のバスは高すぎるのである。

そもそも楽譜が読めないので、よく出演できたものだ。
聞き覚えという奴は、少し遅れる。

一方、女子大の音楽科の子らは、ゆとりで上手ではないか。
専門だから当り前と言ったら、ふられますよ。

2回出させてもらったが、実にいい経験だった。彼女はデキなかったが……。

まず、交響楽団による「Symphony」。

そのあと、テナーによる2曲。

レチタティーヴォ「Comfort ye...」({慰めよ、わが民を慰めよ…」)。
アリア「Every valley shall be exalted...」(「もろもろの谷は高くせられ…」。

僕らのテノールは、二年連続、金谷良三さん。
舞台の指揮者の横に立つ。

合唱は、その後方に立っている。
金谷さんの声が、「Comfort ye...」で、客席、ホール全体にしみわたるのを目撃した。

声は、見えるんです。
プロの歌手は、こういう歌をマイクなしで、やるもんだ、と思い、今も鮮明である。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

この歌手は、ヘンデルがもっとも美しい。

投稿日:2014/12/06 レビュアー:ちゅく

この声は、ヘンデルにもっとも、ふさわしい。

ベルディ、ワーグナーには、合わない。

プッチーニには、すこし「擦れた」ところが足りないかもしれない。

モーツァルトを、歌ってほしい。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 2件 / 全2件

麗しき瞳よ〜ヘンデル・アリア集(HYB)