DRAMA! / 中島みゆき

DRAMA! / 中島みゆき

DRAMA! / 中島みゆき

2009年12月05日 旧作

レンタル開始日:2009年12月05日

収録時間:


全体の平均評価点:

全体の平均評価点(5点満点)

1


全体の平均評価点:

CD

製作年 : 2009年

ジャンル:

アーティスト : 中島みゆき

通算36枚目のオリジナル・アルバム。前半は2008年公演のミュージカル『SEMPO』に提供した楽曲、後半はライフワークともいえる舞台『夜会VOL.15〜』からの作品を収録。瀬尾一三がプロデュースを手がけている。

CD

DRAMA! / 中島みゆき

旧作

記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
YCCW10106 2009年12月05日 11枚
1位登録者 : 2位登録者 :
1人 0人
曲目 :
  • 1. 翼をあげて (5分6秒)
  • 2. こどもの宝 (5分25秒)
  • 3. 夜の色 (5分46秒)
  • 4. 掌 (5分35秒)
  • 5. 愛が私に命ずること (6分9秒)
  • 6. NOW (7分13秒)
  • 7. 十二天 (6分14秒)
  • 8. らいしょらいしょ (4分37秒)
  • 9. 暦売りの歌 (4分40秒)
  • 10. 百九番目の除夜の鐘 (5分7秒)
  • 11. 幽霊交差点 (5分13秒)
  • 12. 海に絵を描く (3分48秒)
  • 13. 天鏡 (5分4秒)

記番

YCCW10106

レンタル開始日

2009年12月05日

在庫枚数

11枚

1位登録者

1人

2位登録者

0人

曲目 :

1. 翼をあげて (5分6秒)
2. こどもの宝 (5分25秒)
3. 夜の色 (5分46秒)
4. 掌 (5分35秒)
5. 愛が私に命ずること (6分9秒)
6. NOW (7分13秒)
7. 十二天 (6分14秒)
8. らいしょらいしょ (4分37秒)
9. 暦売りの歌 (4分40秒)
10. 百九番目の除夜の鐘 (5分7秒)
11. 幽霊交差点 (5分13秒)
12. 海に絵を描く (3分48秒)
13. 天鏡 (5分4秒)

ユーザーレビュー

1

新境地の中島みゆき

ギャンブラー

中島みゆきは以前から曲調がドラマチックだと感じていました。
そして作詞力、作曲力は素晴しいものがあり、私の個人的な偏見も入ってしまいますが
ドラマチックな曲を作って歌える人は
日本以外では“エルトン・ジョン”、日本では“中島みゆき”が最高だと思っています。
(エルトン・ジョンは作曲だけで作詞は一貫して彼の為に作品を提供する人がいます)

下記は他の文献を拝借したものですが、とても興味あるものですので書かして貰います。

このアルバムの前半は2008年4月に吉川晃司主演で好演された、日本のシンドラー
杉原千畝氏のミュージカル「SEMPO」に提供した樂曲。
中島みゆき自身、ミュージカルに樂曲を提供したのは初めて。
「人間として」と言う立場を貫いた同氏への敬意を込められた秀作。
後半は2008年の「夜会vol.15〜夜物語〜元祖〜今晩夜」からの作品。
プロデュースは瀬尾一三氏。

エルトン・ジョンも「アイーダ」というミュージカルの作曲をしていて
確認はしてませんが多分プロデュースも彼だと思います。

エルトン・ジョンの、このアルバム「アイーダ」は購入してまして私の愛聴盤となっています。

1〜 1件 / 全1件

21世紀ベストセレクション『前途』 短篇集 荒野より Singles【Disc.1&Disc.2】
21世紀ベストセレクション『前途』 / 中島みゆき 短篇集 / 中島みゆき 荒野より / 中島みゆき Singles【Disc.1&Disc.2】 / 中島みゆき

ユーザーレビュー:1件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

新境地の中島みゆき

投稿日:2011/05/27 レビュアー: ギャンブラー

中島みゆきは以前から曲調がドラマチックだと感じていました。
そして作詞力、作曲力は素晴しいものがあり、私の個人的な偏見も入ってしまいますが
ドラマチックな曲を作って歌える人は
日本以外では“エルトン・ジョン”、日本では“中島みゆき”が最高だと思っています。
(エルトン・ジョンは作曲だけで作詞は一貫して彼の為に作品を提供する人がいます)

下記は他の文献を拝借したものですが、とても興味あるものですので書かして貰います。

このアルバムの前半は2008年4月に吉川晃司主演で好演された、日本のシンドラー
杉原千畝氏のミュージカル「SEMPO」に提供した樂曲。
中島みゆき自身、ミュージカルに樂曲を提供したのは初めて。
「人間として」と言う立場を貫いた同氏への敬意を込められた秀作。
後半は2008年の「夜会vol.15〜夜物語〜元祖〜今晩夜」からの作品。
プロデュースは瀬尾一三氏。

エルトン・ジョンも「アイーダ」というミュージカルの作曲をしていて
確認はしてませんが多分プロデュースも彼だと思います。

エルトン・ジョンの、このアルバム「アイーダ」は購入してまして私の愛聴盤となっています。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 1件 / 全1件

DRAMA!