フォーク黄金時代 40-THE GOLDEN AGE OF FOLK SONGS- / オムニバス

フォーク黄金時代 40-THE GOLDEN AGE OF FOLK SONGS- / オムニバス

フォーク黄金時代 40-THE GOLDEN AGE OF FOLK SONGS- / オムニバス

2010年09月06日 旧作

レンタル開始日:2010年09月06日

収録時間:


全体の平均評価点:

全体の平均評価点(5点満点)

2


全体の平均評価点:

CD

フォーク黄金時代 40-THE GOLDEN AGE OF FOLK SONGS- / オムニバス

旧作

記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
CRCP20389 2010年09月06日 3枚
1位登録者 : 2位登録者 :
0人 0人
曲目 :
  • 1. 神田川 (3分5秒)
  • 2. あの素晴らしい愛をもう一度 (3分10秒)
  • 3. 22才の別れ (3分11秒)
  • 4. 結婚しようよ (2分46秒)
  • 5. なごり雪 (3分35秒)
  • 6. 「いちご白書」をもう一度 (4分34秒)
  • 7. マキシーのために (3分45秒)
  • 8. 翼をください (3分25秒)
  • 9. 春夏秋冬 (2分46秒)
  • 10. 夢一夜 (4分16秒)
  • 11. 岬めぐり (4分12秒)
  • 12. ささやかなこの人生 (3分56秒)
  • 13. この広い野原いっぱい (2分46秒)
  • 14. うちのお父さん (2分38秒)
  • 15. 精霊流し (4分47秒)
  • 16. 白いブランコ (3分27秒)
  • 17. 海岸通 (3分45秒)
  • 18. 落陽 (3分54秒)
  • 19. 出発の歌 (4分24秒)
  • 20. 妹 (4分13秒)
  • 21. 赤ちょうちん (3分53秒)
  • 22. 悲しくてやりきれない (3分5秒)
  • 23. 冬の稲妻 (3分5秒)
  • 24. 恋人もいないのに (3分11秒)
  • 25. 好きだった人 (3分17秒)
  • 26. 傘がない (5分31秒)
  • 27. サラダの国から来た娘 (4分11秒)
  • 28. シクラメンのかほり (4分6秒)
  • 29. 夏の少女 (3分40秒)
  • 30. 恋 (4分39秒)
  • 31. あの唄はもう唄わないのですか (3分49秒)
  • 32. 結婚するって本当ですか (2分56秒)
  • 33. 加茂の流れに (3分12秒)
  • 34. どうにかなるさ (2分48秒)
  • 35. 風の街 (2分59秒)
  • 36. 若者たち〜空にまた陽が昇るとき (2分38秒)
  • 37. 雨の物語 (3分30秒)
  • 38. ほおづえをつく女 (6分)
  • 39. さなえちゃん (3分44秒)
  • 40. 僕の胸でおやすみ (2分40秒)

記番

CRCP20389

レンタル開始日

2010年09月06日

在庫枚数

3枚

1位登録者

0人

2位登録者

0人

曲目 :

1. 神田川 (3分5秒)
2. あの素晴らしい愛をもう一度 (3分10秒)
3. 22才の別れ (3分11秒)
4. 結婚しようよ (2分46秒)
5. なごり雪 (3分35秒)
6. 「いちご白書」をもう一度 (4分34秒)
7. マキシーのために (3分45秒)
8. 翼をください (3分25秒)
9. 春夏秋冬 (2分46秒)
10. 夢一夜 (4分16秒)
11. 岬めぐり (4分12秒)
12. ささやかなこの人生 (3分56秒)
13. この広い野原いっぱい (2分46秒)
14. うちのお父さん (2分38秒)
15. 精霊流し (4分47秒)
16. 白いブランコ (3分27秒)
17. 海岸通 (3分45秒)
18. 落陽 (3分54秒)
19. 出発の歌 (4分24秒)
20. 妹 (4分13秒)
21. 赤ちょうちん (3分53秒)
22. 悲しくてやりきれない (3分5秒)
23. 冬の稲妻 (3分5秒)
24. 恋人もいないのに (3分11秒)
25. 好きだった人 (3分17秒)
26. 傘がない (5分31秒)
27. サラダの国から来た娘 (4分11秒)
28. シクラメンのかほり (4分6秒)
29. 夏の少女 (3分40秒)
30. 恋 (4分39秒)
31. あの唄はもう唄わないのですか (3分49秒)
32. 結婚するって本当ですか (2分56秒)
33. 加茂の流れに (3分12秒)
34. どうにかなるさ (2分48秒)
35. 風の街 (2分59秒)
36. 若者たち〜空にまた陽が昇るとき (2分38秒)
37. 雨の物語 (3分30秒)
38. ほおづえをつく女 (6分)
39. さなえちゃん (3分44秒)
40. 僕の胸でおやすみ (2分40秒)

ユーザーレビュー

2

連絡が来るんですねー

kazupon

これ、2007年のリリースです。
懐かしい曲がいっぱい入っているので、聴いてみたいと思っていたら、ディスカスではレンタルしていなくて、リクエストしたまま忘れていました。
そうしたら、9月のはじめに レンタル可能になりました って、メールが来たんですよ。
へー、何年経っても連絡は来るんだあ〜と、ちょっとビックリしました。
さて、聴いてみたら・・・
懐かしいというよりも、古っ!!
と思ってしまいました。

歌―詞とかメロディとかって、不思議ですね。
曲を聴いているうちに、今まで思い出しもしなかったようなことまで、ふいに脳裏に浮かんで来るのです。
ディスク2の「赤ちょうちん」の歌詞に
♪生きてることは ただそれだけで 悲しいことだと 知りました♪
というのがあり、妙に納得した時のことも思い出しました。
小椋佳の歌う「シクラメンのかほり」は、布施明のそれとは、印象が違います。
さなえちゃんって、どんな曲だっけ?と思い出せずにいたら、
♪大学ノートの裏表紙に さなえちゃんを描いたの♪
というのでした。

在庫7枚、登録者はたったの1名。
2枚組です。
オススメというよりも、こんなのもありますよ〜というお知らせです。

懐かしいです!!

たか

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

評価:☆3つ半

Kazuponさんのご紹介で借りました。
懐かしい曲ばかりです。
フォークソングといえば、主に1960、1970年代の曲で、同じ年代
のグループサウンズと同様にひとつのジャンルを形成しています。
グループサウンズとは対照的にエレキ楽器をほとんど使わず、
アコースティックギターが中心で、今でも歌い継がれる名曲ぞろいです。

好きな曲は沢山ありますが、中でも、「岬めぐり」「夢一夜」が
一番好きです。
「岬めぐり」は、今京浜急行の「三崎口」の駅メロに使われて、
この曲の歌詞からは、心の傷を癒す旅という感じですが、
メロディーとしては、思わず旅に出たくなるような気持ちになり、
なんか元気にさせてくれます。
「夢一夜」は、化粧品のキャンペーンソングとして、竹久夢二の
イメージで、小林麻美のせつなさが印象的でした。

「シクラメンのかほり」は布施明でヒットした曲ですが、布施版と
小椋版とでは、♪驚いたように ふりむく君に♪のところで、
メロディに違いがあります。どちらが好きかは聴き比べてみてください。

最近のフォークシンガーといえば、「ゆず」「コブクロ」などが
あげられるのでしょうか。彼らは彼らで、素晴らしいと思います。
古いと思われるかもしれませんが、1960、1970年代のフォークは、
より素朴で叙情があるように思います。ぜひ聴いてみてください。

1〜 2件 / 全2件

BEST DRIVE HITS -Sunshine Cruising- 生誕 100周年 NHK番組による 作曲家・古関裕而の世界 Jazz Steppin' スーベニア・ジャポン〜あの季節におきわすれた名曲〜
BEST DRIVE HITS -Sunshine Cruising- / オムニバス 生誕 100周年 NHK番組による 作曲家・古関裕而の世界 / オムニバス Jazz Steppin' / オムニバス スーベニア・ジャポン〜あの季節におきわすれた名曲〜 / オムニバス

ユーザーレビュー:2件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

連絡が来るんですねー

投稿日:2010/09/29 レビュアー: kazupon

これ、2007年のリリースです。
懐かしい曲がいっぱい入っているので、聴いてみたいと思っていたら、ディスカスではレンタルしていなくて、リクエストしたまま忘れていました。
そうしたら、9月のはじめに レンタル可能になりました って、メールが来たんですよ。
へー、何年経っても連絡は来るんだあ〜と、ちょっとビックリしました。
さて、聴いてみたら・・・
懐かしいというよりも、古っ!!
と思ってしまいました。

歌―詞とかメロディとかって、不思議ですね。
曲を聴いているうちに、今まで思い出しもしなかったようなことまで、ふいに脳裏に浮かんで来るのです。
ディスク2の「赤ちょうちん」の歌詞に
♪生きてることは ただそれだけで 悲しいことだと 知りました♪
というのがあり、妙に納得した時のことも思い出しました。
小椋佳の歌う「シクラメンのかほり」は、布施明のそれとは、印象が違います。
さなえちゃんって、どんな曲だっけ?と思い出せずにいたら、
♪大学ノートの裏表紙に さなえちゃんを描いたの♪
というのでした。

在庫7枚、登録者はたったの1名。
2枚組です。
オススメというよりも、こんなのもありますよ〜というお知らせです。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

懐かしいです!! ネタバレ

投稿日:2010/10/18 レビュアー: たか

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

評価:☆3つ半

Kazuponさんのご紹介で借りました。
懐かしい曲ばかりです。
フォークソングといえば、主に1960、1970年代の曲で、同じ年代
のグループサウンズと同様にひとつのジャンルを形成しています。
グループサウンズとは対照的にエレキ楽器をほとんど使わず、
アコースティックギターが中心で、今でも歌い継がれる名曲ぞろいです。

好きな曲は沢山ありますが、中でも、「岬めぐり」「夢一夜」が
一番好きです。
「岬めぐり」は、今京浜急行の「三崎口」の駅メロに使われて、
この曲の歌詞からは、心の傷を癒す旅という感じですが、
メロディーとしては、思わず旅に出たくなるような気持ちになり、
なんか元気にさせてくれます。
「夢一夜」は、化粧品のキャンペーンソングとして、竹久夢二の
イメージで、小林麻美のせつなさが印象的でした。

「シクラメンのかほり」は布施明でヒットした曲ですが、布施版と
小椋版とでは、♪驚いたように ふりむく君に♪のところで、
メロディに違いがあります。どちらが好きかは聴き比べてみてください。

最近のフォークシンガーといえば、「ゆず」「コブクロ」などが
あげられるのでしょうか。彼らは彼らで、素晴らしいと思います。
古いと思われるかもしれませんが、1960、1970年代のフォークは、
より素朴で叙情があるように思います。ぜひ聴いてみてください。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 2件 / 全2件

フォーク黄金時代 40-THE GOLDEN AGE OF FOLK SONGS-