サムズ・タウン(限定盤) / ザ・キラーズ

サムズ・タウン(限定盤) / ザ・キラーズ

サムズ・タウン(限定盤) / ザ・キラーズ

レンタル開始日:2007年10月03日

収録時間:


全体の平均評価点:

全体の平均評価点(5点満点)

1


全体の平均評価点:

CD

全世界で大ヒットを記録したデビュー作「ホット・ファス」に続く2ndアルバム。一度聴いたら耳から離れないポップ・チューンが満載。 JAN:4988005441980

CD

サムズ・タウン(限定盤) / ザ・キラーズ

旧作

記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
UICL9037 2007年10月03日 9枚
1位登録者 : 2位登録者 :
0人 0人
曲目 :
  • 1. サムズ・タウン (4分4秒)
  • 2. エンタールード (0分48秒)
  • 3. ウェン・ユー・ワー・ヤング (3分39秒)
  • 4. ブリン (4分6秒)
  • 5. フォー・リーズンズ・アンノウン (3分30秒)
  • 6. リード・マイ・マインド (4分5秒)
  • 7. アンクル・ジョニー (4分24秒)
  • 8. ボーンズ (3分45秒)
  • 9. マイ・リスト (4分7秒)
  • 10. ディス・リヴァー・イズ・ワイルド (4分36秒)
  • 11. ホワイ・ドゥ・アイ・キープ・カウンティング? (4分22秒)
  • 12. エグジットルード (2分30秒)
  • 13. ホエア・ザ・ホワイト・ボーイズ・ダンス (日本盤ボーナス・トラック) (3分26秒)
  • 14. オール・ザ・プリティ・フェイセズ (日本盤ボーナス・トラック) (4分46秒)

記番

UICL9037

レンタル開始日

2007年10月03日

在庫枚数

9枚

1位登録者

0人

2位登録者

0人

曲目 :

1. サムズ・タウン (4分4秒)
2. エンタールード (0分48秒)
3. ウェン・ユー・ワー・ヤング (3分39秒)
4. ブリン (4分6秒)
5. フォー・リーズンズ・アンノウン (3分30秒)
6. リード・マイ・マインド (4分5秒)
7. アンクル・ジョニー (4分24秒)
8. ボーンズ (3分45秒)
9. マイ・リスト (4分7秒)
10. ディス・リヴァー・イズ・ワイルド (4分36秒)
11. ホワイ・ドゥ・アイ・キープ・カウンティング? (4分22秒)
12. エグジットルード (2分30秒)
13. ホエア・ザ・ホワイト・ボーイズ・ダンス (日本盤ボーナス・トラック) (3分26秒)
14. オール・ザ・プリティ・フェイセズ (日本盤ボーナス・トラック) (4分46秒)

ユーザーレビュー

1

アメリカならではのノスタルジック感。枯れ葉のようなロックバンド。

もっち

アルバムタイトルのSam's Townというのは彼らの出身地であるラスヴェガスの中心地から東へ約11キロ離れた場所に実在するカジノ&リゾート・ホテルのこと。
地元の人々向けの庶民的なカジノであることから、古き良きラスヴェガスのランドマークとなっているそうだ。

アルバムセイムタイトルの「Sam's Town」から始まる。
すごい高揚感!涙が出そうになるイントロ、オープニングにはぴったりのナンバー。
リード・トラック「When You Were Young 」は瑞々しい旋律と起伏のある曲構成、ブランドンの力強いヴォーカルが印象的なこの曲にはブルース・スプリングスティーンみたいw。
そして、その次の「Bling」はエレクトリック・ライト・オーケストラかよ!力強いリズムにリフ、耳と心を捉えて離さないメロディ、最後の“Higher and higher”までの劇的なまでの盛り上がり。これは超名曲な予感!
アメリカの雄大さとキラキラしたポップネスが融合した、ザ・キラーズでしか出しえない絶妙サウンドに溢れている、足し引き調整不要な構成のアルバム。

1〜 1件 / 全1件

ダイレクト・ヒッツ(通常盤) HOT FUSS WONDERFUL WONDERFUL ホット・ファス
ダイレクト・ヒッツ(通常盤) / ザ・キラーズ HOT FUSS / ザ・キラーズ WONDERFUL WONDERFUL / ザ・キラーズ ホット・ファス / ザ・キラーズ

ユーザーレビュー:1件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

アメリカならではのノスタルジック感。枯れ葉のようなロックバンド。

投稿日:2008/03/03 レビュアー: もっち

アルバムタイトルのSam's Townというのは彼らの出身地であるラスヴェガスの中心地から東へ約11キロ離れた場所に実在するカジノ&リゾート・ホテルのこと。
地元の人々向けの庶民的なカジノであることから、古き良きラスヴェガスのランドマークとなっているそうだ。

アルバムセイムタイトルの「Sam's Town」から始まる。
すごい高揚感!涙が出そうになるイントロ、オープニングにはぴったりのナンバー。
リード・トラック「When You Were Young 」は瑞々しい旋律と起伏のある曲構成、ブランドンの力強いヴォーカルが印象的なこの曲にはブルース・スプリングスティーンみたいw。
そして、その次の「Bling」はエレクトリック・ライト・オーケストラかよ!力強いリズムにリフ、耳と心を捉えて離さないメロディ、最後の“Higher and higher”までの劇的なまでの盛り上がり。これは超名曲な予感!
アメリカの雄大さとキラキラしたポップネスが融合した、ザ・キラーズでしか出しえない絶妙サウンドに溢れている、足し引き調整不要な構成のアルバム。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 1件 / 全1件

サムズ・タウン(限定盤)