SABRINA NO HEAVEN / THEE MICHELLE GUN ELEPHANT

SABRINA NO HEAVEN / THEE MICHELLE GUN ELEPHANT

SABRINA NO HEAVEN / THEE MICHELLE GUN ELEPHANT

レンタル開始日:2003年06月21日

収録時間:


全体の平均評価点:

全体の平均評価点(5点満点)

2


全体の平均評価点:

CD

製作年 : 2003年

ジャンル:

アーティスト : THEE MICHELLE GUN ELEPHANT

畢生のの大作「SABRINA HEAVEN」と同時期に制作されたもう1枚の超新星。太陽と月?…光と影?…愛と憎?…”ふたつでひとつ”が今、全貌をあらわす。「SABRINA HEAVEN」&「SABRINA NO HEAVEN」=total time 91’33”。これぞTMGEの現在、そしてこれぞ輝けるROCKの未来だ! JAN:4988005337429

ジャンル

アーティスト

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT

CD

SABRINA NO HEAVEN / THEE MICHELLE GUN ELEPHANT

旧作

記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
UPCH1256 2003年06月21日 1枚
1位登録者 : 2位登録者 :
1人 1人
曲目 :
  • 1. チェルシー (7分38秒)
  • 2. ミッドナイト・クラクション・ベイビー (3分39秒)
  • 3. デッドマンズ・ギャラクシー・デイズ (3分52秒)
  • 4. 水色の水 (6分40秒)
  • 5. PINK (4分40秒)
  • 6. 夜が終わる (5分19秒)

記番

UPCH1256

レンタル開始日

2003年06月21日

在庫枚数

1枚

1位登録者

1人

2位登録者

1人

曲目 :

1. チェルシー (7分38秒)
2. ミッドナイト・クラクション・ベイビー (3分39秒)
3. デッドマンズ・ギャラクシー・デイズ (3分52秒)
4. 水色の水 (6分40秒)
5. PINK (4分40秒)
6. 夜が終わる (5分19秒)

ユーザーレビュー

2

タモさんを救った男達。

ぴよさん


いつだったか、『ミュージック・ステーション』に、ミッシェルが出るわと観てたら、アホタレデュオのタトゥーが職場放棄しやがった。困る現場、ざわつく観客、狼狽するタモさん。

と、そこに!『デッドマンズ・ギャラクシー・デイズ』をプレイしたばかりのミッシェルが立ちあがり、音を出し始めた!

サンキュー、タトー! お前らのおかげで、この瞬間に立ち会えた!テレビの前でコブシを振り上げる(いい年こいた)ワタシ。

「『ミッドナイトクラクションベイビー』どうぞ!!」

ミューステ始まって以来のノー・セット!ノー・テロップ!総立ちの出演者!ドライブするギター!!すさまじくかっこいいぜ、ミッシェル!! 飛び跳ねたぜオレっち!



今日、アベフトシが逝った。ミッシェルの再結成はもう無い。哀しいことだが、それはそれでいいのかもしれない。

ステージを疾駆した彼らの爆音は、遠く、皆既日食の彼方へ飛び去ったのだ。


TMGEの最終着地点

GRANDADDY

ミッシェルとしては最後のオリジナルアルバム。一つ前の「SABRINA HEAVEN」に「NO」を突きつける赤いジャケット。
ジャズを消化したスウィング感溢れる素敵なロックンロール全6曲。当然ハズレなし。ただ、ミッシェルを聴いたことが無い人は、全てのオリジナルアルバムを聴いてからこれを聴いて欲しいと思う。

1〜 2件 / 全2件

wonder style RODEO TANDEM BEAT SPECTER GRATEFUL TRIAD YEARS 1998-2002 THEE GREATEST HITS(通常盤)
wonder style / THEE MICHELLE GUN ELEPHANT RODEO TANDEM BEAT SPECTER / THEE MICHELLE GUN ELEPHANT GRATEFUL TRIAD YEARS 1998-2002 / THEE MICHELLE GUN ELEPHANT THEE GREATEST HITS(通常盤) / THEE MICHELLE GUN ELEPHANT

ユーザーレビュー:2件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

タモさんを救った男達。

投稿日:2009/07/22 レビュアー: ぴよさん


いつだったか、『ミュージック・ステーション』に、ミッシェルが出るわと観てたら、アホタレデュオのタトゥーが職場放棄しやがった。困る現場、ざわつく観客、狼狽するタモさん。

と、そこに!『デッドマンズ・ギャラクシー・デイズ』をプレイしたばかりのミッシェルが立ちあがり、音を出し始めた!

サンキュー、タトー! お前らのおかげで、この瞬間に立ち会えた!テレビの前でコブシを振り上げる(いい年こいた)ワタシ。

「『ミッドナイトクラクションベイビー』どうぞ!!」

ミューステ始まって以来のノー・セット!ノー・テロップ!総立ちの出演者!ドライブするギター!!すさまじくかっこいいぜ、ミッシェル!! 飛び跳ねたぜオレっち!



今日、アベフトシが逝った。ミッシェルの再結成はもう無い。哀しいことだが、それはそれでいいのかもしれない。

ステージを疾駆した彼らの爆音は、遠く、皆既日食の彼方へ飛び去ったのだ。


このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

TMGEの最終着地点

投稿日:2006/08/21 レビュアー: GRANDADDY

ミッシェルとしては最後のオリジナルアルバム。一つ前の「SABRINA HEAVEN」に「NO」を突きつける赤いジャケット。
ジャズを消化したスウィング感溢れる素敵なロックンロール全6曲。当然ハズレなし。ただ、ミッシェルを聴いたことが無い人は、全てのオリジナルアルバムを聴いてからこれを聴いて欲しいと思う。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 2件 / 全2件

SABRINA NO HEAVEN