ドゥーキー / グリーン・デイ

ドゥーキー / グリーン・デイ

ドゥーキー / グリーン・デイ

2006年05月03日 旧作

レンタル開始日:2006年05月03日

収録時間:


全体の平均評価点:

全体の平均評価点(5点満点)

1


全体の平均評価点:

CD

ドゥーキー / グリーン・デイ

旧作

記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
WPCR1796 2006年05月03日 6枚
1位登録者 : 2位登録者 :
0人 0人
曲目 :
  • 1. バーンアウト (2分7秒)
  • 2. ハヴィング・ア・ブラスト (2分45秒)
  • 3. チャンプ (2分54秒)
  • 4. ロングヴュー (3分59秒)
  • 5. ウェルカム・トゥ・ザ・パラダイス (3分45秒)
  • 6. プリング・ティース (2分31秒)
  • 7. バスケット・ケース (3分3秒)
  • 8. SHE (2分14秒)
  • 9. ササフラス・ルーツ (2分38秒)
  • 10. ホェン・アイ・カム・アラウンド (2分58秒)
  • 11. カミング・クリーン (1分35秒)
  • 12. エムニアス・スリーパス (1分44秒)
  • 13. イン・ジ・エンド (1分46秒)
  • 14. F.O.D. (5分48秒)

記番

WPCR1796

レンタル開始日

2006年05月03日

在庫枚数

6枚

1位登録者

0人

2位登録者

0人

曲目 :

1. バーンアウト (2分7秒)
2. ハヴィング・ア・ブラスト (2分45秒)
3. チャンプ (2分54秒)
4. ロングヴュー (3分59秒)
5. ウェルカム・トゥ・ザ・パラダイス (3分45秒)
6. プリング・ティース (2分31秒)
7. バスケット・ケース (3分3秒)
8. SHE (2分14秒)
9. ササフラス・ルーツ (2分38秒)
10. ホェン・アイ・カム・アラウンド (2分58秒)
11. カミング・クリーン (1分35秒)
12. エムニアス・スリーパス (1分44秒)
13. イン・ジ・エンド (1分46秒)
14. F.O.D. (5分48秒)

ユーザーレビュー

1

パンク・アルバムの中で世界で最も売れた作品

FAT

ちゃんと調べた訳ではないので、正確性に欠けますが、トータルで1000万枚以上売れたアルバムであると記憶しています。パンクというジャンルの中では最上級のセールスではないでしょうか。
売り上げが示している通り当作品は極上のクオリティです。『グリーン・デイ』はパンクにカテゴライズされますが、ジャンルを超えた存在で、特にこのアルバムはロック・ファンなら多くの方が高い評価を下す作品といえるでしょう。ポップなのに骨太なロックです。聴いているだけでなんだか楽しくなります。
パンクという枠組みで捉えた場合、『グリーン・デイ』の出現は突然変異といえるほどにパンクを進化させたと感じています。明らかにパンクですが今までにない何かをこのバンドはもたらしました。まさに歴史に残るバンド、作品といって差し支えないでしょう。そして、今なお進化し続けています。

そんな訳で、現在も最前線で活躍する『グリーン・デイ』の記念すべきメジャー・デビュー作です。聴いて損なしです。

1〜 1件 / 全1件

爆発ライヴ!〜赤坂篇 アメリカン・イディオット(ブロードウェイ・ミュージカル・キャスト・ヴァージョン)2C 爆発ライヴ!3〜日本列島篇 REVOLUTION RADIO
爆発ライヴ!〜赤坂篇 / グリーン・デイ アメリカン・イディオット(ブロードウェイ・ミュージカル・キャスト・ヴァージョン)2C / グリーン・デイ 爆発ライヴ!3〜日本列島篇 / グリーン・デイ REVOLUTION RADIO / グリーン・デイ

ユーザーレビュー:1件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

パンク・アルバムの中で世界で最も売れた作品

投稿日:2006/06/28 レビュアー: FAT

ちゃんと調べた訳ではないので、正確性に欠けますが、トータルで1000万枚以上売れたアルバムであると記憶しています。パンクというジャンルの中では最上級のセールスではないでしょうか。
売り上げが示している通り当作品は極上のクオリティです。『グリーン・デイ』はパンクにカテゴライズされますが、ジャンルを超えた存在で、特にこのアルバムはロック・ファンなら多くの方が高い評価を下す作品といえるでしょう。ポップなのに骨太なロックです。聴いているだけでなんだか楽しくなります。
パンクという枠組みで捉えた場合、『グリーン・デイ』の出現は突然変異といえるほどにパンクを進化させたと感じています。明らかにパンクですが今までにない何かをこのバンドはもたらしました。まさに歴史に残るバンド、作品といって差し支えないでしょう。そして、今なお進化し続けています。

そんな訳で、現在も最前線で活躍する『グリーン・デイ』の記念すべきメジャー・デビュー作です。聴いて損なしです。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 1件 / 全1件

ドゥーキー