ベンチャーズのクリスマス パーティー / ザ・ベンチャーズ

ベンチャーズのクリスマス パーティー / ザ・ベンチャーズ

ベンチャーズのクリスマス パーティー / ザ・ベンチャーズ

2006年07月26日 旧作

レンタル開始日:2006年07月26日

収録時間:


全体の平均評価点:

全体の平均評価点(5点満点)

2


全体の平均評価点:

CD

●ご注意下さい●
本作品の収録曲は以下の通りです。
レンタル予約される際、ご注意ください。

【収録曲】
01.ジングル・ベル
02.ジングル・ベル・ロック
03.シルバー・ベルズ
04.楽しい橇すべり
05.チラホラ雪が降ってくる
06.サンタが街にやってくる
07.赤鼻のトナカイ
08.フロスティー・ザ・スノウマン
09.スクルージおじさん
10.ブルー・クリスマス
11.楽しいクリスマス
12.ホワイト・クリスマス
盤面の記番は:TOCP6497です。

CD

ベンチャーズのクリスマス パーティー / ザ・ベンチャーズ

旧作

記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
TOCP8685 2006年07月26日 1枚
1位登録者 : 2位登録者 :
0人 0人

記番

TOCP8685

レンタル開始日

2006年07月26日

在庫枚数

1枚

1位登録者

0人

2位登録者

0人

ユーザーレビュー

2

クリスマスをベンチャーズと共に

にしやん

 このレビューは’77年発売のアナログ盤の解説をもとに書かせて頂きました。

 このアルバムが初めて日本で発売された時、後を追うようにスプートニクスや寺内タケシとブルージーンズらのクリスマス・アルバムが発売されたのを思い出します。

1.ジングル・ベル
 レイ・チャールズの大ヒット曲“ホワッド・アイ・セイ”が聞こえてきますが、すぐにあの「ジングル・ベル」に変わります。サビの部分はリードギターをダビングして、主旋律とハモるように録音されています。アルバムの頭を飾るにふさわしい曲です。

2.ジングル・ベル・ロック
 “メンフィス・テネシー”を思わせる聴き覚えのあるフレーズがリフに使用されています。イントロからエンディングまで音質の異なる2台のギターが、ユニゾンで録音されています。ピタリと息の合った 2つのギター、これがベンチャーズ特有のガラスのようなギターの音色の秘密なのです。

3.シルバー・ベルズ
 リフに使用されている曲は『ファビュラス・ベンチャーズ』に収録されている「オンリー・ザ・ヤング」。ハモっているように聞こえるギターの部分は複数弦を同時に弾いているのです。この曲で注目したいのはリード・ギターのメロディーに呼応するフレーズに“トーキンク・モジュレーター”を使用していることです。ベンチャーズは何と40年以上も前に堂々とそしてさりげなく使用していたのです。

4.楽しい橇すべり
 この曲をベンチャーズは自分達の大ヒット曲「ウォーク・ドント・ラン」をリフに使用し、リード・ギターのミュート音にエコー・チェンバーを使用して、飛び跳ねるような感じを出しています。

5.チラホラ雪が降ってくる
 アルバム『ノック・ミー・アウト』に収められていた「シーズ・ノット・ゼア」のリフに始まるこの曲、メロディー・ラインは有名なイギリスの民謡“ グリーン・スリーヴス”です。トレモロのかかった、細かく震えるようなギターが心に残ります。

6.サンタが街にやってくる
 クリスマス・ソングの代表曲。『ベンチャーズ・ア・ゴー・ゴー』に収められていた「ウーリー・ブリー」のリフが使われています。ライト・ゲージ弦使用による 3フレット・チョーキンク(運指を使わずに音程を一音半引き上げるテクニック)を多用しての快演かきかれます。

7.赤鼻のトナカイ
 クリスマス・ソングには欠かす事のできない曲のひとつ。リフに使われている曲はビートルズの大ヒット『アイ・フィール・ファイン』ダビングしたように聞こえるリード・ギターはこのアルバム中、最も高度なテクニックを駆使しており、ノーキーのプレイの真髄を聞かせてくれます。

8.愉快な雪だるま
 アルバム『テルスター&ロンリー・ブル』に収められている「テキーラ」をリフにしたクリスマス・ソング。12弦ギターのように聞こえるテーマのメロディーは2台のギターをオクターブ違いにダビングしたもの。メル・テイラーが打ち出す正確なアフロ調のシンバル・ワークが印象的。

9.スクルージおじさん
 メル・テイラーの奇声で始まるこの曲はこのアルバム唯一のオリジナル。ファズがかかったようなリード・ギターの音色はアンプのトレブルを下げて、ギターのヴォリュームを一杯に上げると、こんなに歪んだ音になります。モズライト・ギターのような高出力ピック・アップでなくてはできない芸当ですね。バックに聞こえる“ヒュー”という音は、シンセサイザーなどにみられるポルタメント効果ですが、ベンチャースは早くから色々なサウンド・エフェクトを取り入れていたものです。

10.ブルー・クリスマス
 リフに使われているのは「ウォーク・イン・ザ・ルーム」、ノーキ−は彼のギタ−・スタイルの源となっているカントリー&ウエスタンの奏法を用いて、ピックだけでなく右手の中指と薬指を使ってフレーズの間に開放弦の音を効果的に挿入しています。

11.楽しいクリスマス
 リフに使われているのは、『アクション』に収められていた「ジ・イン・クラウド」。小気味よいメル・ティラーのドラミングと歯切れのよいドン・ウィルソンのリズム・ギター、ビートの利いたボブ・ボーグルのベース、そして楽しい手拍子もメロディーの美しさを引き立てています。

12.ホワイト・クリスマス
 クリスマス・ソングの中でもビング・クロスビーの名唱で有名で、クリスマスにはて欠くことのできない名曲。このアルバムの最後を飾るのにふさわしい名曲。リフは『ウォーク・ドント・ラン vol.2』に収録されている「白い渚のブルース」。ギターのメロディーに呼応して聞こえるのは、トレモロをかけたスティール・ギターにフット・ボリュームを使って演奏しているもので、何ともいえない雰囲気を出しています。

なんだ声が入ってないのか、、、

マリン

すっかり声が歌があるかと思って勝手に期待してしまいました。エレキギターじゃないかもしれないけど、昔のエレキギターソングみたいのでイマイチ。百貨店か商店街で流れているようなクリスマスソングで私はちょっとでした。。。

1〜 2件 / 全2件

PLAY S.A.S. あなたが選んだ ベスト ヒッツ ポップス・イン・ジャパン ウルトラ・レア・トラックス5
PLAY S.A.S. / ザ・ベンチャーズ あなたが選んだ ベスト ヒッツ / ザ・ベンチャーズ ポップス・イン・ジャパン / ザ・ベンチャーズ ウルトラ・レア・トラックス5 / ザ・ベンチャーズ

ユーザーレビュー:2件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

クリスマスをベンチャーズと共に

投稿日:2008/06/20 レビュアー: にしやん

 このレビューは’77年発売のアナログ盤の解説をもとに書かせて頂きました。

 このアルバムが初めて日本で発売された時、後を追うようにスプートニクスや寺内タケシとブルージーンズらのクリスマス・アルバムが発売されたのを思い出します。

1.ジングル・ベル
 レイ・チャールズの大ヒット曲“ホワッド・アイ・セイ”が聞こえてきますが、すぐにあの「ジングル・ベル」に変わります。サビの部分はリードギターをダビングして、主旋律とハモるように録音されています。アルバムの頭を飾るにふさわしい曲です。

2.ジングル・ベル・ロック
 “メンフィス・テネシー”を思わせる聴き覚えのあるフレーズがリフに使用されています。イントロからエンディングまで音質の異なる2台のギターが、ユニゾンで録音されています。ピタリと息の合った 2つのギター、これがベンチャーズ特有のガラスのようなギターの音色の秘密なのです。

3.シルバー・ベルズ
 リフに使用されている曲は『ファビュラス・ベンチャーズ』に収録されている「オンリー・ザ・ヤング」。ハモっているように聞こえるギターの部分は複数弦を同時に弾いているのです。この曲で注目したいのはリード・ギターのメロディーに呼応するフレーズに“トーキンク・モジュレーター”を使用していることです。ベンチャーズは何と40年以上も前に堂々とそしてさりげなく使用していたのです。

4.楽しい橇すべり
 この曲をベンチャーズは自分達の大ヒット曲「ウォーク・ドント・ラン」をリフに使用し、リード・ギターのミュート音にエコー・チェンバーを使用して、飛び跳ねるような感じを出しています。

5.チラホラ雪が降ってくる
 アルバム『ノック・ミー・アウト』に収められていた「シーズ・ノット・ゼア」のリフに始まるこの曲、メロディー・ラインは有名なイギリスの民謡“ グリーン・スリーヴス”です。トレモロのかかった、細かく震えるようなギターが心に残ります。

6.サンタが街にやってくる
 クリスマス・ソングの代表曲。『ベンチャーズ・ア・ゴー・ゴー』に収められていた「ウーリー・ブリー」のリフが使われています。ライト・ゲージ弦使用による 3フレット・チョーキンク(運指を使わずに音程を一音半引き上げるテクニック)を多用しての快演かきかれます。

7.赤鼻のトナカイ
 クリスマス・ソングには欠かす事のできない曲のひとつ。リフに使われている曲はビートルズの大ヒット『アイ・フィール・ファイン』ダビングしたように聞こえるリード・ギターはこのアルバム中、最も高度なテクニックを駆使しており、ノーキーのプレイの真髄を聞かせてくれます。

8.愉快な雪だるま
 アルバム『テルスター&ロンリー・ブル』に収められている「テキーラ」をリフにしたクリスマス・ソング。12弦ギターのように聞こえるテーマのメロディーは2台のギターをオクターブ違いにダビングしたもの。メル・テイラーが打ち出す正確なアフロ調のシンバル・ワークが印象的。

9.スクルージおじさん
 メル・テイラーの奇声で始まるこの曲はこのアルバム唯一のオリジナル。ファズがかかったようなリード・ギターの音色はアンプのトレブルを下げて、ギターのヴォリュームを一杯に上げると、こんなに歪んだ音になります。モズライト・ギターのような高出力ピック・アップでなくてはできない芸当ですね。バックに聞こえる“ヒュー”という音は、シンセサイザーなどにみられるポルタメント効果ですが、ベンチャースは早くから色々なサウンド・エフェクトを取り入れていたものです。

10.ブルー・クリスマス
 リフに使われているのは「ウォーク・イン・ザ・ルーム」、ノーキ−は彼のギタ−・スタイルの源となっているカントリー&ウエスタンの奏法を用いて、ピックだけでなく右手の中指と薬指を使ってフレーズの間に開放弦の音を効果的に挿入しています。

11.楽しいクリスマス
 リフに使われているのは、『アクション』に収められていた「ジ・イン・クラウド」。小気味よいメル・ティラーのドラミングと歯切れのよいドン・ウィルソンのリズム・ギター、ビートの利いたボブ・ボーグルのベース、そして楽しい手拍子もメロディーの美しさを引き立てています。

12.ホワイト・クリスマス
 クリスマス・ソングの中でもビング・クロスビーの名唱で有名で、クリスマスにはて欠くことのできない名曲。このアルバムの最後を飾るのにふさわしい名曲。リフは『ウォーク・ドント・ラン vol.2』に収録されている「白い渚のブルース」。ギターのメロディーに呼応して聞こえるのは、トレモロをかけたスティール・ギターにフット・ボリュームを使って演奏しているもので、何ともいえない雰囲気を出しています。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

なんだ声が入ってないのか、、、

投稿日:2008/11/14 レビュアー: マリン

すっかり声が歌があるかと思って勝手に期待してしまいました。エレキギターじゃないかもしれないけど、昔のエレキギターソングみたいのでイマイチ。百貨店か商店街で流れているようなクリスマスソングで私はちょっとでした。。。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 2件 / 全2件

ベンチャーズのクリスマス パーティー